ブルースクリーンにもめげるな、パソコン故障を自力で直したよ。

今朝、急にパソコン調子が悪くなりました。

仕事を始めようと電源を入れました。突如として、青い画面。そして、見慣れない単語とカウントダウンが表示されました。

なんのことか良くわからないので、そのまま放置しておいた結果、突如としてディスプレイが一切表示されなくなったのです。

症状としては、電源をいれてファンが回るのですが、5秒ほど回ったら止まって起動が終了。そして、また再度ファンがまわり、5秒ほど回ったら終了。

ディスㇾプイが表示される前の段階なので、何が起こっているのかさっぱり分かりませんでした。

とりあえず、ネジを外して大掃除。チリやほこりを取ります。

基盤についているカバーを外し、綿棒で汚れをとっていきます。

いちばん大きな基盤の掃除が完了したので、なんとなく再度電源を入れてみました。しかし、状況は変わらず。

スマホなどで検索してみると、ブルースクリーンと呼ばれる致命的なエラーの症状と酷似していました。

いい加減、変え時かな。使っていたソフト入れ直しできるのかな、など、終わりかもしれないパソコンに思いを巡らせていました。

再度電源を投入するも、起動音だけを繰り返すだけ。

やはり基盤だけの清掃では、復旧しませんでした。

今度は思い切って、メモリを取り外したり、エアダスターで全体を吹いたりして、全部分の汚れやホコリを除去しました。

そして、一番汚れていたのがファンでした。綿棒で、ファンの金具をすくうとものすごいホコリがたくさんついてきました。

ファンの翼にも、ホコリがべっとりついていたので、それを手作業ですべてひとつひとつ丁寧に清掃していきました。

なお、部品を取り除くのには静電気の除去効果があり、一度取り外してから再接続すると、つく場合があるようなのです。

すべてのパーツを再接続、F8キーを押しながらセーフモードで起動。

最初に異常があった時に、セーフモードで起動するのを忘れていました。

今回はF8キーを押しながら、祈りを込めて再起動。ファンの起動音を繰り返すだけだったパソコンでしたが、なんとウィンドウズの画面が表示されたのです。

あとは、スタートアップ修復ツールを実行しますか?というボタンがでてきたので、YESをおして修復を開始しました。

修復失敗?エラーがでてしまった。

スタートアップ修復ツールの進捗を見守る事15分。

「修復に失敗しました。アクセサリ類の接続をすべて外して再度お試しください。」

という、エラーが出てしまいました。唯一接続しているアクセサリーはワイヤレスキーボードの受信機でした。これを外して再起動をかけてみます。

いつもの画面で起動できた!

指示通りにして、再起動した結果、いつものログイン画面が表示されました。データなどもすべて無事でした。

唯一、google Chromeに異常があり、再インストールをした以外は、普段どおりでした。

ブルースクリーンがでても、あきらめずしっかりやれば直るんだという事で、大変勉強になりました。今回一番驚いたのは、内部に溜まっていたホコリの量です。デスクトップパソコンの為、カバーに囲まれて中の基盤を見る機会はありませんが、これほどホコリがついているとは思っていませんでした。

定期的な清掃を行っていければいいと思っています。

コメント