佐川急便の「配達予定案内メール通知」が届かない理由・来ない場合の対処法

佐川急便では、お届け予定の荷物がある場合は「配達予定案内メール通知」というサービスを展開していますが、メールが届くことの方が少ないので疑問に感じていました。

佐川急便の場合、お届け通知メールにのみ時間変更ができるリンクがついています。

つまり、「配達予定案内メール通知」が届かないと、ネットから宅配時間の変更ができません

そこで、なぜ「配達予定案内メール通知」が届く場合・届かない場合があるのか、佐川急便公式ページのメールフォームを使用して直接問い合わせてみました

佐川急便公式ホームページのメールフォームから問い合わせてみた。

佐川急便のメールフォームに「なぜお届け予定通知が届く場合、届かない場合があるのですか?」と書いて送信ボタンを押しました。

送信完了画面には「かならず返信ができるとは限りません、回答まで時間がかかる場合があります」との記載がありました。

あまり期待しないで時間を過ごしていたところ、メールフォームを送信した当日中に最寄りの営業所の方から電話をいただきました。

荷物だけでなく、メールフォームからの顧客対応なども、お客さんの近くの地域営業所に割り振っているようです。

佐川急便から直接「配達予定案内メール通知」が届かない理由を教えてもらう。

佐川急便の電話担当の方は、とても丁寧な対応の方でした。

まずは、電話の結論部分からお伝えすると、配達予定案内メール通知を届かせるためには、

発送する側が佐川のシステムを使って伝票を作っている事、そして受取人側でもwebトータルサポートでメールを受け取る設定をしていることの2つが重要な条件になっているようです。

webトータルサポートの受け取り設定は済ませている事を伝えると、電話越しに佐川急便の方が、私の登録情報webトータルサポートの登録状況に不備がないかをチェックしてくれました。

私のwebトータルサポートの登録状況に不備はなく、発送する人が佐川急便のシステムを使って伝票を発行していればメール通知が届く状況になっていたようです。

「配達予定案内メール通知」の条件

今回の電話で教えて頂いのは以下の二点でした。

1、発送側で佐川急便のシステムで伝票を発行している。
2、受取側でwebトータルサポートに登録し、メール登録を「通知する」に設定している。

教えてもらった内容を踏まえて、過去の佐川急便のメールを確認してみました。

すると、配達予定メールが届いていた荷物の発送主は、すべて誰もが知っているような大手企業のみだったのです。

大手企業であれば、コストのかかる佐川急便の発送システムと契約していても問題ないのだと思います。

中小企業・個人の荷物は通知メールは届いていなかった

荷物の発送主が、個人や中小企業の場合には、やはり配達通知メールは届いていませんでした。

佐川急便のシステムと契約をしていないと、やはり配達予定メールは届かないのだと思います。

手書き伝票で発送されると「配達予定メール」は届かないという事実。

「配達予定案内メール通知」については、webシステム経由で伝票を発行していることが条件です。

したがって、佐川急便の手書き伝票で発送された荷物の場合、「配達予定案内メール通知」は届きません。

営業所の方も、手書き伝票では届きませんと断言していました。

確かに「佐川急便のシステムから発行された伝票」が条件になっている以上、手書きでは条件を満たしません。

ウェブから時間変更をしたい場合は、ヤマト急便がおすすめ

最近はフリマアプリなども流行しており、個人同士で配送のやり取りがある機会も増えています。

もし、ネットから手軽に時間変更したい場合、「発送はヤマトでお願いします」という言葉を付け加えるのいいかもしれません。

個人契約で、佐川急便の伝票システムを持っている人は珍しいと思いますので、個人発送(中小企業)が発送人の場合「配達予定案内メール通知」が来る確率は限りなく低いと思います。

つまり、配達予定メールが届かない以上、ウェブからは時間変更が出来ないという結論になります。

佐川急便で「配達前の荷物」の指定時間を変更する方法

まとめ

受取人側ができる最大の努力は、webトータルサポートにメール通知をONにすることくらいで、あとは発送側が佐川急便のシステムを利用して送ってくれているかどうかによって左右されます。

ちなみに、「webトータルサポートの約款(注意書き)にも、通知メールは届かない場合があります」という文言が含まれているのだそうです。

個人的な感想としては、webから時間変更をする機会が多いので、できればお届け予定メールが届く条件を緩和してほしいというのが正直な感想です。

しっかり真面目に応えてくれた佐川急便さんに感謝

佐川急便といえば、お客様の荷物を蹴り上げる動画が公開されるなど、良からぬ評判もあるのも事実です。

しかし、忙しい中でも、このようなメールフォームからの質問にも、真面目にしっかり答えて頂くことができました。

メールフォーム送信後には、「回答がない場合もあります」という言葉も掲載されていたので、正直無視されるとばかり思っていたので、真面目にしっかりやっている方も多いんだなぁという事を実感しました。