最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【低電力モード以上】旅行・出張時にiPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

遠出の時にiPhoneのバッテリーが無くて焦った経験ありませんか。

旅行や出張時に、目的地に到着した時にはiPhoneのバッテリーが予想以上に消耗していて焦った経験がある人もいるのではないでしょうか。

バッテリー対策として、ちょっとした新幹線移動でも、充電コンセントやモバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いと思います。

少しでもiPhoneのバッテリーを長持ちさせる為に、「低電力モード」を活用している人も多いのではないでしょうか。低電力モードとは、通知やバックグラウンドで起動しているアプリの動きを制限することによって、電池を長持ちさせるモードのことです。iPhoneの設定アイコン→バッテリー→低電力モードから設定ができます。

しかし、今回ご紹介したいのは、多少の制約はありますが、低電力モード以上の効果を発揮する方法となります。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ

出張や旅行などで長距離移動をする際に、電池の消耗が早くなるのは、その場所に応じて使用する電波塔を切り替えているためです。(GPSなども位置情報を自動で送るため電池を消耗しています。)

日本中に設置されている電波塔には担当エリアがあり、一定の距離を移動するたびに、使う電波塔を切り替えることで、電波を確保しています。

例えば、新幹線乗車時にもずっとiPhoneの電波が繋がっているのは、iPhoneが凄い勢いで使用する電波塔を切りかえているからこそ、安定して電波が繋がっています。つまり、iPhoneは電波塔をスイッチする作業でバッテリーを消耗してしまっているのです。

それでは、長距離移動の際にどのような状態が理想なのでしょうか。