新型iPhoneSE(第2世代)の人気色はどれ?おススメカラーはこちら【全3色を徹底比較】


新型のiPhoneSE(2020)を購入する際に、何色を選ぶか迷った時の参考になるように、おすすめ色、人気色についてまとめていきます。

新型iPhoneSE(第2世代)のブラック

新型iPhoneSE(第2世代)のブラック

AppleのiPhoneSE公式ページをみると、一番最初に飛び込んでくる色はブラックです。

また、全体的なページ背景もすべてブラックに設定されており、明らかにブラックをメインに据えている印象です。

ブラックの人気ポイント

今回はフロントベゼルが、全色ともに黒で統一されていますので、ブラックだけがトータルで同じ色に仕上がっています。

新型iphoneSE(第2世代)のブラックの特徴

今回の新型iPhoneSEはiPhone8とサイズが全く同じです。

ボディの使いまわしという声もあったので、試しにボディのベースとなっているiPhone8の同系色と比較してみました。

iPhone8との色の違いを比較

iPhone8とのブラック色の違いを比較

両機を比較してみた結果、ボディカラーは全然違うことがわかりました。

iPhoneSEのブラックの方が、深く沈むような黒で重厚感が感じられます。

また、背面のAppleマークが中央にスライドし、iPhoneという文字が消えただけで、かなり洗練された印象になりました。

初見では、iPhone8とあまり変わらないという印象を持っていましたが、比較してみるとデザインレベル・カラーともに2020年仕様に生まれ変わっている事がわかります。

予約する際に、iPhone11のカラーが参考になる可能性があるので、iPhone11のボディカラーとも比較してみます。

iPhone11との色の違いを比較

iPhone11とのブラック色の違いを比較

ほんの僅かですがiPhone11の黒の方が、深い黒に見えるような印象もあります。iPhone11のみ斜めにシャドウが入っていて、目の錯覚で違うように見えている可能性もあります。

かなり近い色ではあるので、iPhoneSEのブラックを予約する場合にはiPhone11のブラックは色の参考になりそうです。

写真レベルでは同じかどうか結論はだせないので、最終判断は実物での確認が必要そうです。

ブラックおすすめポイント
ブラックおすすめポイント
(参考)iPhoneSEのスペースグレー

・三色の中では最もトーンの低いシックな色合い
・機種全体としての統一感はピカイチ。

ブラックのデメリット(不人気ポイント)
・本体の色が暗いという声がある。

・ブラックボディなのでやや指紋が目立つ。

・バッグの中や、暗い部屋では探しにくい。

新型iPhoneSE(第2世代)のホワイト

型iPhoneSE(第2世代)のホワイト1

新型iphoneSE(第2世代)のホワイト2

iPhoneの歴史上、最高に純度の高いホワイトに仕上がっています。

真っ白な雪原のような印象をもちます。

新型iphoneSE(第2世代)のホワイト

 

iPhone8と色の違いを比較

iPhone8とのホワイト色の違いを比較

新型のiPhoneSEのホワイトと、iPhone8の同系色と比較してみます。

この2カラーを比較すると、iPhoneSEのホワイトの透き通った純白が印象的です。

iPhone8のシルバーに関しては、発売当初からホワイトと呼ばれる事が目立ちました。

しかし、iPhoneSEがホワイトという名称をだしたことで、iPhone8のシルバーという名称にやっと納得感がでました。

iPhone11と色の違いを比較

iPhone11とのホワイト色の違いを比較<

新型iPhoneSEとiPhone11のホワイトを比較してみます。

iPhone11はホワイトは、クリームがかったパステルチックな白なので、同じホワイトでもその違いは一目瞭然です

色を調べてから予約する際はiPhone8のシルバー、iPhone11のホワイトはあまり参考にはならなそうです。

改めて並べてみると、左のiPhoneSEのホワイトの透き通った白が際立つ結果となりました。

過去のiPhoneの歴史の中でも、最も純度の高いホワイトかもしれません。

白好きにとっては今回のiPhoneSEのホワイトははずせません。

ホワイトおすすめポイント
ホワイトおすすめポイント
(参考)iPhoneSEのシルバー

・三色の中では最もトーンが明るい色

・清潔感のあるホワイトカラーは、持つ人を選ばない。

ホワイトのデメリット(不人気ポイント)

・フロントベゼルが黒なので全体としての統一感に欠けるか。

新型iPhoneSE(第2世代)のレッド

新型iPhoneSE(第2世代)のレッド1

 

新型iphoneSE(第2世代)のレッド2

iPhone11に引き続き、レッドも初期ラインアップに入りました。

iPhoneのレッドの歴史は、特別色として後日追加されるケースが多かったため、レッドに対して、特別感を持っているユーザーはいまだ多いです。

iPhone8と色の違いを比較

iPhone8にはレッドがないので、唯一の暖色系統ゴールドを比較対象として並べてみました。

ちなみにiPhone7にはレッドがあるので参考画像として掲載してみます。

iPhone7にはレッドがあるので参考画像として掲載してみます。

iPhone7のレッドと新型iPhoneSEのレッドを比較すると、素材の違いからくる光沢感の違いが印象的です。

iPhone7はワイヤレス充電には非対応で通電性は関係ありませんので、アルミが採用されていました。

ガラスのほうが抜け感があって、綺麗に仕上がっている印象です。

iPhone11と色の違いを比較

iPhoneSEとiPhone11のレッドを並べて比較してみました。

発売時期が近い時期のレッドだけあって、よく似たカラーに仕上がっています。

かなり近い色であることは間違いないので、iPhoneSEのレッドが気になる場合は、iPhone11のレッドが参考になりそうです。

ほんの僅かですがiPhoneSEのほうがやや深み・暗さのあるレッドに見えます。

微妙に違うカラーコードを使っている可能性がありますが、こちらも実物を見てからしか結論は出せません。

レッドおすすめポイント

レッドおすすめポイント

(参考)iPhoneSEのローズ

・3色の中で最も個性・主張がある色

・ポップさを重視するならベストチョイス

レッドのデメリット(不人気ポイント)

・かなり目立つ色なので苦手な人もいる

・良くも悪くもインパクトが強い

新型iPhoneSE(第2世代)で新色追加はある??

iPhoneのお決まりのパターンとして、発売してからしばらくすると、販売促進のカンフル剤として新色を追加することがあります。

しかし、今回のiPhoneSEに関しては、後から新色が追加される可能性は低いと言えそうです。

なぜならば、あらゆる無駄を省いてとにかく低コストで製造している機種のため、わざわざ追加コストをかけてまで新色を開発するとは思えません。

Appleでは2020年の秋にはiPhone12の発売を控えています。もし、新色をだすとすればメインラインアップのiPhone12になりそうです。

カラーは黒・白・赤の全3色!!

iPhonese2ブラック iPhonese2ホワイト
iPhonese2レッド

以上、ご紹介のした通りiPhoneSEのカラーバリエーションは全3色となっています。

Apple的には、黒でトータルコーディネートされたブラックを押したい印象を受けました。純度の高いホワイトもかなり人気が出そうです。

ちなみに、レッドは購入代金の一部がコロナウィルス撲滅のために寄付されるようです。

「ケースするからどの色でもいい」という方は、レッドを選択して社会貢献してみるのもおすすめです。

(共通項目)ベゼルが黒に統一されています

ベゼルが黒に統一されています

また、お気づきの通り全機種の共通項目としてフロントベゼル(液晶の上下の余白)が黒に統一されています。

旧iPhone8のラインアップでは、「ゴールド・シルバー」の場合のベゼルは白、「スペースグレー」のベゼルは黒でした。

どちらかといえば、白ベゼルを搭載したカラーの方が人気だった印象ですが、今回のiPhoneSEのベゼルは黒を選択したようです。

iPhone8までの白いベゼル
※参考

iPhone8のシルバー色は、ベゼルは白でした。

白は一般的に膨張色と位置づけられており、ディスプレイ画面が広く感じられるという点でも、メリットがあるとされていました。

まとめ

一度購入したら数年単位の長い間のお付き合いになるのがiPhoneなので、自分が一番好みにあった色を選択してみると、iPhoneライフが楽しくなるかもしれません。