[増設後]メモリ使用可能が増えない、使用可能が実装メモリより少ない場合。Windows




まとめ




パソコンのメモリを増設しました。

パソコンでの処理が、画像編集など重たい作業をすると、たまに砂時計マークがでて、フリーズすることが多くなってきた為、メモリ不足を感じ、メモリを増設してみました。

作業自体は難しいことは一切なく、すぐに完了しました。。

しかし、実装メモリ欄では増やしたメモリが反映されていますが、肝心の「使用可能メモリ」が増えていません

今回は、解決に至るまでの過程を備忘録として書いておきたいと思います。

現在使っていたのは12GBでしたが、16GBへ増設します。

現在、私が使用しているパソコンのメモリ上限は16GBの為、現在使用している12GBから4GB増設し、上限値の16GBで使用する事にしました。

購入したのは8GBのメモリ1枚。

私が使用しているパソコンのメモリスロットは4つあります。現在のメモリ構成は(4GB、4GB、2GB、2GB)で合計12GBです。

そして、今回は2GBを1枚引き抜き(4GB、4GB、2GB、8GB)という18GBの構成で、上限値である16GBでの使用を目指します。

いつものようにネジでパソコンのボックスを開けて、メモリスロットから旧2GBメモリを引き抜き、新しいメモリをカチャッと装着しました。

装着作業は完了。昔は、パソコンのボックスを開けた時は、どれをどうしたらいいのかわからずビビってましたが、だいぶ慣れてきました。メモリ差し換えって簡単です。

サクッと作業も終わり、メモリ増設した快適なパソコンで業務に入れると思っていたのですが。

電源を起動したところ、認識はしているが、使用可能は12GBのままです。

パソコンの電源を投入し、マイコンピューターを右クリックすると、なぜ下記の文言が。

実装メモリ:18GB(使用可能:12GB)

ん?実装メモリと使用可能メモリの値が違う・・><

なぜ、使用可能が16GBにならないのか不思議に思いました。

実際にパソコンを起動して、色々やってみましたが、やはり表示に間違いはなく動作自体も従来通り12GBの動作になっているようで、特に変化は感じられません。

8GBメモリを挿したのに、なぜ使用可能メモリが16GBにならないのか。そして、使用可能:12GBとはどういう意味なのか、原因の究明がはじまりました。