2019年もAppleがLCD液晶モデルをだす理由とは




iPhone

2018年度のラインアップ上で、唯一有機ELパネルではないiPhoneXR。

ディスプレイ素材にも時代の波は押し寄せ、どんどん有機ELパネルにシフトされていますが、Appleではなぜか2019年度もLCDモデルの後継機が予定されているそうです(上記写真・右のモデル)。

iPhoneXsなどに搭載されている有機ELパネルの特徴は「薄い・軽い・コントラスト比が高い」とスマホ用のディスプレイ搭載するには、これ以上ないほど適しています。

それではなぜ、Appleは2019年度発売モデルにも旧型ディスプレイ素材である、LCDモデルの発売を検討しているのでしょうか。




iPhoneXR不振により、LCD在庫余剰が原因。

米ウォールストリートジャーナル誌によると、iPhoneXRの売れ行きが予想を下回っているため、生産ラインで使うはずだったLCD在庫(ディスプレイ用の在庫)が余っている事が原因だと報じています。

最近のニュースなどでは、iPhoneXRの売れ行き不振により、Appleが下請け会社への生産発注を打ち切った。生産工場では、季節従業員の契約を打ち止めたなど、iPhone関連のニュースが相次いで見受けられましたが、報道はやはり事実だったということでしょうか。

2019年のiPhoneXRの後継機も6.1インチ決定か。

もし、米ウォールストリートジャーナル誌の仮説が正しければ、2019年度に発売されるLCDモデルのiPhoneも6.1インチになる可能性が高いと言えます。

iPhoneXR用に発注している液晶在庫が余剰となっていて、それを消化するための後継モデルであれば、加工せずにそのまま使用するのが自然だと言えます。

なお、2019年度には次期A13チップが搭載されるとれますので、iPhoneXRの内蔵チップをA12からA13に変更、またシングルレンズからデュアルレンズに変更になるとの情報もあります。

2018年度のiPhoneXRが最後のシングルレンズを搭載したiPhoneになる可能性があります。

2020年度モデルはすべてが有機ELパネルへシフト

2019年度の秋モデルでLCD在庫を使い切った翌年(2020年)以降に発売されるすべてのiPhoneに有機ELパネルが搭載されることは確実なようです。

有機ELパネルの、生産数が多くなれば、生産価格がさがりますので、普及することによって、より原価がさがり搭載しやすくなります。

まとめ

LCDモデルが、そのうちラインアップ上から無くなってしまうのは間違いないでしょう。

必ずしも有機ELパネルのほうが優れているという事ではなく、一部意見の中には、LCD液晶パネルのほうが好きだという意見があるのも事実です。

2019年度が最後のLCDモデル搭載モデルの発売年になるかもしれません。

iPhoneXSとiPhoneXRはどちらがおすすめ?最大の違いとはなに?スペック・カメラ機能などを比較してみた。
iPhoneXRは様々な機能を削った廉価版モデルになると言われており、その通りのスペックとして発表されました。最先端を求めるならiPhoneXS、価格をおさえるならiPhoneXRと言った構図が見えてきます。そこで、具体的にどう違い・日常シーンにおいてどのような違いが生まれてくるかを細かく分析していきたいと思います。
iPhoneXRは買う価値があるかを検証!価格面・性能面(スペック)・カメラ性能などを徹底比較。
iPhoneXRの価格面・性能面(スペック)・カメラ性能などを徹底分析して本当に買う価値があるのかを、徹底検証してみたいと思います。

ディスプレイ素材の在庫を使い切るということだね。

Appleだと躊躇なく廃棄しちゃいそうなイメージだけどね。

素材の在庫数も桁違いなのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました