2ファクタ認証の電話番号を解約!コードが受け取れない時の対処方法

困っている人

2ファクタ認証で登録した電話番号を解約してコードが受け取れません。どうすればいいの?

こんな疑問に答えていきます。

2ファクタ認証の電話番号を解約!コードが受け取れない時の対処方法

まずは、結論から言うと電話番号が解約済みでも、2ファクタ認証は突破することができます。

具体的な方法を2つご紹介します。

別のiPhoneでサインインしてコードを受け取る

2ファクタ認証の電話番号を解約!コードが受け取れない時の対処方法

2ファクタ認証は、電話番号を使ったショートメール以外にも、同じApple IDでログインしてある別のiPhoneでコード受信することができます。

手順はカンタンで、別のiPhoneを用意して、2ファクタ認証を行いたいものと同じApple IDでサインインをしてみましょう。

サインインが完了すると、新しいiPhoneが2ファクタ認証を実行した際に、別のiPhoneに2ファクタ認証用のコードが送信されます。

もし、Apple IDのパスワードを忘れてしまった場合や、別のiPhone・iPadの用意が難しい場合には、下記の手順が有効です。

Appleのアカウント復旧申請ページの活用

2ファクタ認証の電話番号を解約!コードが受け取れない時の対処方法

AppleIDにサインインができない場合や、別のiPhoneの用意が出来ない場合には、アカウントの復旧申請をおこないましょう。

Appleアカウント復旧ページ

https://iforgot.apple.com/password/verify/appleid

アカウントの復旧作業には、Appleの公式ページから申請ができます。

Appleに申請してからは審査が入りますので、多少時間がかかります。しかし、やみくもにサインイン失敗などが繰り返してしまうと、アカウントロックがかかってしまい、状況がさらに悪くなってしまいます。

見込みがないと判断した場合は、早めにAppleにアカウント復旧申請を行う事が、近道です。

アカウント復旧申請してからの流れ・注意点は以下の通りです。

STEP.1
アカウントの復旧申請を行う
STEP.2
アカウントの復旧申請中はデバイス操作しない
アカウントの復旧申請中に、デバイス操作をおこなうと、Apple側での復旧作業ができません。従って、申請中は復旧を申請しているAppleIDでサインインしてある、デバイスには触らないようにしましょう。

アカウントの復旧状況はこちらのページで確認できます。作業状況が気になる場合は、別のデバイスから確認しましょう。

STEP.3
アカウントの復旧完了後、テキストメッセージ/自動音声で連絡があります。
指示に従って操作することでアカウントの復旧ができます。

なお、アカウント復旧申請中には、デバイスの使用を避けましょう。

まとめ

  • 電話番号を解約済みでも、2ファクタ認証は実施できます。
  • AppleID・パスワードがわかっている場合には、別のiPhoneなどでサインインすることで、2ファクタ認証コードを受信することができます。
  • AppleID・パスワードがわからない場合、また別のiPhoneなども用意できない場合、Appleが公式で用意しているアカウントの復旧申請を行うことで、電話番号が解約済みでも、2ファクタ認証を突破できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。