Apple Watchの「通話機能」の実用性を採点!できること、できないこと。




Apple Watch

Apple Watchで出来ることはたくさんありますが、今回はApple Watchでの「通話機能」に注目して書いていきます。

果たしてApple Watchでする通話が、実生活レベルでどのくらい役に立つのか、しっかり検証していきます。

Appleウォッチは仕事の最適化に欠かせない!?ハンズフリーで行える作業に注目!
Appleウォッチは多機能と手軽さを備えたAppleのスマートウォッチ...




Apple Watchの通話は実用レベルか。

結論から言うと、Apple Watchの通話はスピーカー通話ではありますが、スムーズな通話が可能です。

手首に顔を近づけなくても、普段の腕時計の位置で通常通りの会話が可能で、サイドボタンで通話中のボリューム調整も可能です。

Apple Watchから相手の声もクリアに聞こえ、相手への声もスムーズに届きます。

Apple Watchでの通話中は、iPhoneとも連動しておりiPhoneの画面上部には「通話中」という緑色の帯が表示されています。

Apple Watchでの通話中に表示されているiPhone上部の緑の帯を、タップするとiPhoneでの通話に切り替えることができます。

注意
Apple WatchがGPSモデルの場合、かならずApple Watchの近くにiPhoneを置いておく必要がありますので注意しましょう!

Apple Watchの通話機能できること。

実際にApple Watchを購入して、できたことをまとめていきます。

Apple Watchのボタンの横に赤丸がついているセルラーモデルの場合は、近くにiPhoneがなくても通話が可能です(要設定)

通話途中に何度もiPhoneとApple Watchの切り替えをして、どちらで話しているかをテストしましたが、つなぎ目が分からないほどスムーズでした。通話相手にもApple Watchで話しているという事はわからないと思います。

  1. Apple Watchだけで発信ができます。
  2. Apple Watchだけで着信ができます。
  3. スピーカーモードでの通話となります。
  4. Apple Watchでの通話中、iPhone通話に切り替える事ができます。
  5. Apple Watchは、受話音質・送話品質ともに実用レベルです。

Apple Watchでの発信の流れ

Apple Watchの発信操作は簡単です。

Apple Watchの電話マークをタップすると、電話帳や履歴が出てくるので選択します。ダイヤルキーから、直接番号を入力して発信することもできます。

Apple Watchの発信
  • Apple Watchの電話アイコンをタップ
  • 連絡先・履歴・キーパッドから発信方法を選ぶ
  • 発信
  • 通話中は、iPhoneに通話を引き継げる
  • 終話ボタンも常時表示されている

Apple Watchでの着信について。

Apple Watchの着信
  • 着信(ブルブル震える)
  • Apple Watchの上部に「通話ボタン・終話ボタン」、下部に「iPhoneで応答・メッセージを送信」が表示される
  • 通話中は、iPhoneに通話を引き継げる
  • 終話ボタンも常時表示されている

着信の場合はApple Watchがブルブル振動して、上部「通話ボタン・終話ボタン」、下部「iPhoneで応答・メッセージを送信」が表示されます。

通話ボタンを押すと、会話がスタートします。

スピーカーモードでの通話が難しい場合は、AirPodsなどの、ワイヤレスイヤホンをペアリングしておけばイヤホン経由で通話ができます。

Apple Watchでの着信に出られない場合

Apple Watchで着信に気づいても出られないときは、Apple Watchの「メッセージを送信」という機能が便利です。

「メッセージを送信」をタップすると「しばらくお待ちください。あとでかけなおします。今、向かっているところです。」という定型文が3つ用意されています。

手首の動作だけで、相手の電話に対してクイックレスポンスができます。

「iPhoneで応答」を選択した場合「しばらくそのままでお待ちください」という音声メッセージと保留音が相手に流れます。

自身のiPhoneディスプレイには、通話が保留状態という表示と通話ボタンが表示されていますので、iPhoneで操作して通話を開始することができます。

Apple Watch通話機能の評価
聞こえやすさ(受話品質)
(4.0)
相手の聞こえやすさ(送話品質)
(4.0)
実用性
(2.0)
総合評価
(3.5)

Apple Watchのスピーカー通話は、聞こえやすく通話も支障なく行う事もできるので星4つです。

最高に快適ではないので、伸びしろという意味で5つではありません。

実用性が星2つなのは、やはりスピーカー通話しかできないという点です。iPhoneを手に持たずに、ハンズフリー通話をしたい人は、AirPodsなどの購入が必須です。

ただ、忙しい時や手の離せないときなどには、Apple Watchのスピーカー通話でも良ければ十分に用件は済ませられます。

最後に

車の中などで通話する機会が多い人にとっては、Apple Watchのスピーカー通話はとても便利です。

電車移動や日常的に人混みの中にいる人にとっては、Apple Watchのスピーカー通話は実用的ではなく「iPhoneで応答」ボタンをおしつつ、iPhoneを取り出して通話したほうがよさそうです。

以上、Apple Watchの通話機能に注目してのレビューでした。

Appleウォッチは仕事の最適化に欠かせない!?ハンズフリーで行える作業に注目!
Appleウォッチは多機能と手軽さを備えたAppleのスマートウォッチ...