【iPhone】Appライブラリを非表示にしたい!消したい!いらない!【iOS15】

iOS14から新しく搭載された新機能、Appライブラリが不要なので、消したいという声が多くあがっています。

今回は、Appライブラリを非表示にする方法についてまとめていきます。

結論:Appライブラリ非表示にする方法はありません。

結論:Appライブラリ非表示にする方法はありません。

まずは結論から言うと、「Appライブラリ」の項目・ページ自体を非表示にする方法はありません。

不要な機能を消すことが出来ないのは不便ですが、現状のiOSはそういう仕組みなので、iPhoneを使う以上は、受け入れるしかありません。

Appライブラリが嫌だから、「iPhoneをやめて、Androidに機種変します!」とは、ならないと思いますので、共生の道を探しましょう。

Appライブラリをストレスの原因を特定して、ストレスを感じずに使っていきましょう。

ホーム画面とAppライブラリとの重複をなくす。

Appライブラリがなぜストレスに感じるかと言うと、やはり同じアプリが重複表示されてしまう問題があります。

ホーム画面、Appライブラリの双方に同じアプリがあると、整理整頓ができていない印象があって、ストレスの原因となります。

Appライブラリだけに表示させる手順

ホーム画面にある不要なアプリアイコンを長押しします。

ホーム画面にある不要なアプリアイコンを長押しします。

Appを削除をタップします。

Appを削除をタップします。

ホーム画面から取り除くをタップします。

ホーム画面から取り除くをタップします。

以上の手順で、ホーム画面のアプリは非表示となり、Appライブラリの一箇所だけに表示されている状態となりました。

「Appライブラリにしか」アプリがない!

よく使うアプリが、Appライブラリにしか表示されないのも問題です。

その場合、下記の手順で、Appライブラリだけでなく、ホーム画面にアイコンを追加しましょう。

具体的な操作手順は下記の通りです。

Appライブラリを開きます。

Appライブラリを開きます。

ホーム画面にアイコンを追加したいアプリを長押しします。

ホーム画面にアイコンを追加したいアプリを長押しします。

ぶるぶる震えて、アプリが浮き上がったまま、ホーム画面に移行します。

右上に+マークがつきます。
ぶるぶる震えて、アプリが浮き上がったまま、ホーム画面に移行します。

アプリを置きたい配置場所で指を離します。

アプリを置きたい配置場所で指を離します。

また、Appライブラリから、ホーム画面へのアプリ追加は、何個でも可能です。

つまり、全ページに同じアプリを配置したりすることもできます。

使用用途に応じて、活用していきましょう。

アプリのダウンロード先がAppライブラリになっていませんか?

この欲しいアプリがAppライブラリにしかない、という現象ですが、アプリのダウンロード先が、Appライブラリに設定されている場合に発生します。

下記の手順で、アプリのダウンロード先を確認しましょう。

「設定」>「ホーム画面」>「ホーム画面に追加」にチェックをいれます。

【注意】
「設定」>「ホーム画面」>「Appライブラリのみ」にチェックが入っていた場合は、新しくダウンロードしたものが、ホーム画面には表示されず、Appライブラリだけに入ってしまいます。

ホーム画面だけにアプリを表示させたい!

最後に、記載しておきたいのが、ホーム画面にだけアプリアイコンを表示させたいという声です。

これは、iOS13までのスタイルとなります。

しかし、残念ながらホーム画面だけにアプリアイコンを表示させることはできません。

  • Appライブラリがアプリ本体、ホーム画面のアイコンはすべてコピーである

という原理が成り立つからです。

つまり、Appライブラリに存在させたくないという事は、iPhone本体からもアプリ自体を削除する必要があります。

不要なモノは、アンインストールすることで、Appライブラリからも抹消することができます。

意外と便利?Appライブラリ。

そもそも、Appライブラリとはなんでしょうか?

実は、Appライブラリについて意味が解っていないだけで、便利さに気づていない方も多いと思います。

Appライブラリがあることのメリットは下記の通りです。

  • アプリをホーム画面から消せる
  • アプリを検索できる
  • 究極のシンプルが実現できる

Appライブラリがない時は、アプリが収まるところがありませんでした。

たくさんのアプリをインストールすると、ホーム画面がゴチャゴチャという方も多かったと思います。

自分でフォルダを組み立てたりして、整理整頓している方も多かったのではないでしょうか?

「Appライブラリ」はアプリの公式のお家です。

しかし、Appライブラリがあることによって、公式にアプリのお家(帰る場所)ができあがりました。

結果、iPhoneのホームアイコンがなくても、iPhone内に存在させておくことが出来るようになっています。

また、長期間使用しているとアプリが溜まりすぎて、アクセスが難しくなってくることがあります。

その場合も、Appライブラリの検索機能を活用することで、目当てのアプリに簡単にアクセスが出来るように会っています。

かなり、プロフェッショナルな使い方ですが、ホーム画面には、一切アイコンをおかず、Appライブラリだけで使っているツワモノもいます。

ホーム画面がアイコンでゴチャゴチャせず、シンプルで・おしゃれなホーム画面を実現できているようです。

まとめ

  • 現時点で、Appライブラリを消したり、非表示にする事はできません。
  • Appライブラリとホーム画面のアプリの重複を解消して、上手に付き合っていきましょう。
  • ダウンロード先がAppライブラリになっている場合は、ホーム画面に変更しておくのがおすすめです。

2 COMMENTS

質問です。

Appライブラリって、絶対に消したり、非表示にできないですか??

どうやっても無理ですか??

返信する
管理人

バックアップデータなどがある場合、iOS14以前にダウングレードすれば、Appライブラリは消えるかと思います。

ただ、セキュリティの問題があったり、古いiOSの為、アプリが正しく動作しないなど、Appライブラリ以上の各種問題が生じる可能性があります。

現実的な解決策とはならないと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です