最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

auひかり(So-net光)の撤去工事費が28,800円でなく”0円”だった理由とは

auひかり解約時の撤去費用について、直接コールセンターに聞いてみた結果

私「auひかりを解約して、他社の光をひこうと思うので解約を検討しているのですが、解約金・撤去工事費について教えてほしくて電話しました。」

auコールセンター:以下コ「かしこまりました。」

~個人情報のやりとりをして、少しの保留後

コ「お客様の情報をお調べしたところ、撤去工事は不要ですので費用は発生いたしません。また更新月の為、違約金等もございません、ご安心くださいませ。」

私「28,800円かかるという情報を見ていたんですが、本当に撤去工事は不要で大丈夫ですか?」

コ「はい。28,800円というのは“2018年3月以降にホームタイプでお申し込みいただいたお客様”と“10ギガプラン・5ギガプランへ変更されたお客様”に対する撤去工事費でございます。」

私「私の申し込みは2018年3月以前の申し込みで、5ギガ・10ギガプランではないため、撤去不要のため費用はかかならないという事ですね。」

コ「さようでございます。」

以上のことから、28,800円の出費を覚悟していた私の撤去費用は0円になったのでした。

2018年3月以前が契約日の場合、auひかり配線の撤去工事はしないらしい。

2018年3月以前のauひかりの契約した人の解約に関しては、原則として撤去工事は行わず、配線設備はそのまま放置(残置)するという事がわかりました。

解約時に希望があった場合に限り、撤去工事をおこない10,000円の撤去費用が請求されるのだそうです。

特別な事情がない限りは、わざわざお金を払って撤去を依頼する必要もないと思いますので、ひとまず2018年3月以前が契約日になっている場合と5ギガ・10ギガプランに変更していない場合は、撤去工事についてもあまり心配する必要はなさそうです。

アパート・借り家などに住んでいていて、貸主さんなどが、auひかり配線の残置を認めない場合などは、10,000円払って撤去してもらうしかなさそうです。

2018年3月以降のホームタイプ契約の場合、auひかりの撤去工事は必須。

2018年3月以降にauひかりを申し込んだ人については、設備をそのまま放置(残置)する選択肢はないようです。

撤去を希望する・しないにかかわらず”必ず撤去工事が入る”ようで、「28,800円」の撤去工事費が100%にかかってしまうようです。また、5GB・10GBプランに変更している場合も同様です。

一部例外があり、引っ越しのケースなどで引き続きauひかりを利用する場合は、撤去費用の請求はされない模様です。

2018年の3月かどうか、5GB/10GBプランに変更しているかどうかという2点が撤去費用の有無についての大きな分岐点となりそうです。

契約日が2018年3月以前だったら撤去はしないみたいだね、だから無料なんだ!

2018年3月以降にホームタイプや申し込んだ場合や、5GB/10GBにしている人は必ず有償撤去(28,800円)になるみたいよ。

契約日が2018年3月以前でも、撤去工事を希望する場合は10,000円かかるのでご注意くださいね。

au撤去費用まとめ

・2018年3月以前に契約した人は撤去費用はかからない(そもそも撤去しない)。
・5ギガ・10ギガに変更した人は(契約日に関係なく)撤去費用28,800円がかかる。
・(引っ越しの場合)継続してauを使う場合は撤去工事費は請求されない。

auひかりの撤去工事費についてau公式ページにて詳しく書いてありますので、興味のある方は参考にしてみてください。

https://www.au.com/information/notice_internet/service/20180208-02/