最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

チアシードを半年間で検証。食べ方、栄養素、ダイエット、効能は?

チアシードは身体にいいスーパーフードとテレビで特集されていました。

チアシードは、チアという植物の種子です。栄養が豊富で、人間の健康にとても役立つとの触れ込みだったので、近所のスーパーでさっそく購入してみました。

チアシードの見た目「ゴマより小さなつぶつぶ」

チアシードの見た目「ゴマより小さなつぶつぶ」

チアシードは、上記の写真の様に乾物のようなとても小さな粒です。

そのままで食べず、水に戻すことでプルプルの透明ゼリーのようなものになります。

水に浸して時間が経過すると、ふやけて透明なプルプルの粒(お米粒くらい)になり、噛めるようになります。チアシードはかなり小さい粒のため、袋からお皿に取り出す際に、間違ってテーブルにこぼさないよう注意しましょう。

チアシードの味「無味無臭」

チアシードの味「無味無臭」
チアシードはなんも味もしません

チアシードには味がありません、食べても無味無臭です。

味がないと美味しくないので、水に戻した透明なプルプルのチアシードにジュースやシロップで味をつけて食べるのがおススメです。

デザートのような感覚で、かけるジュースやシロップを気分によって変えて、好きな味をつけて楽しむ事ができますので、飽きずに食べ続けることができるのは大きな魅力のひとつだと感じました。

また、チアシードを美味しく食べる為には、乾燥した粒に水分を与えてプルプルに戻すのですが、必ず水を使用しましょう。

いつもジュースと混ぜて食べていたので、最初からジュースを使って、ふやけさせようとした事があったのですが、どんなに時間をおいても、いつものようなぷるぷる食感にならず、あまり美味しくありませんでした。

チアシードの効能「特に変化は感じず」

チアシードの効能「特に変化は感じず」
何も変化なし

チアシードの、気になる効果ですが、特に、大きな変化は感じませんでした。

マヌカハニーの時と同様に半年間つづけましたが、大きく体調を崩すこともありませんし、大きく何かがプラスになっている感覚もありません。ただ、食べやすいので、買ったパックがなくなるまでは、チアシードを続けてみました。

劇的になにかよくなる感覚はありませんでしたが、なんとなく身体によさそうだなと興味を持っている場合は、一度試してみる価値はあるかもしれません。

チアシードのダイエット効果「特になし」

チアシードのダイエット効果「特になし」体重の増減もありませんでした。

チアシードには味がありませんので、ジュースなどをかけて食べる機会が増えると思います。ジュースを摂取することが、カロリーセーブにもならなかったのか体重の大きな変化はありませんでした。

チアシード自体の一日あたりの目安摂取量は大さじ一杯10g~15gです。

また、チアシードを食事の替わりにして、お腹を膨らませるのは、おすすめしません。チアシードを決まった規定量を超えて食べすぎると、胃痛、吐き気、下痢、便秘など、予期しない体調不良の心配があるようです

また、チアシードの持っている栄養価がいくら高くても、食べ過ぎると、身体が吸収できず、余剰栄養として排出され「下痢」などの原因になってしまいます。お腹を膨らませる目的で、用量を越えた摂取はしないのが賢明です。

チアシードの副作用「水に戻さず食べると害あり」

チアシードの副作用「水に戻さず食べると害あり」必ず水に戻してから食べましょう

胃痛、吐き気、下痢、便秘などがあげられますが、原因は、「水に戻さずにたくさん摂取すること」「過剰摂取」によるものが大半です。

しっかり水に戻して大さじ一杯ぶんの適量を守っていれば、チアシードの摂取が原因で大きく体調を崩すことはないように思います。

十分に水に戻さないまま、チアシードを多量摂取した場合は、チアシードが体内の水分を吸収して、身体の大切な水分を持っていかれてしまいます。

すると、身体が、からからに乾いた状態になり、水分不足により、上記の胃痛、吐き気、下痢、便秘などの症状を引き起こしてしまいます。

チアシードに限ったことではありませんが、用法、用量を守って正しく摂取がすることが、とても大事です。

チアシードの気になる情報「発がん性あり?」