【カバレッジは超重要】カバレッジの深~い意味と収益の影響をレポート【GoogleAdsense】




ブログ収益化

Google Adsenseのカバレッジとは、広告リクエストに対する「配信率(広告と記事の内容の一致率)」を示しています。つまり、記事を閲覧している読者の興味・関心にマッチした広告が配信されたかを示す指標とも言えます。

例えば、カバレッジが100%であれば、すべて広告リクエストに対して適切な内容の記事が配信されて、記事の内容にマッチした広告が配信されたということになります。

しかし、記事内の広告リクエストに対して最適な広告が配信されない場合には、カバレッジ(配信率)は低下します。その場合は広告スペースが空白になるか、記事内容に関係のない “代替広告”が掲載されることになります。

Google Adsenseのカバレッジの数値が高い(100%に近い)ほど、サイト全体の広告配信の精度が高く、訪問ユーザーにとって関心の高い広告が掲載されたということになります。当然ですが、カバレッジの数値が高いほど収益が上がりやすくなります。




カバレッジ指標(私個人の見解がおおいに含まれます)

ブログレポートでカバレッジの数値も収益と同じくらい気にしてチェックしたほうがいいでしょう。カバレッジの数値を見た時にどう思うかを含めてイメージが付きやすいようにまとめていきます。

カバレッジ95%以下→改善しましょう。

Google Adsenseのカバレッジが95.0%以下の場合は、大いに改善の余地があります。

個人的にデイリーアドセンスレポートのカバレッジが95.0%以下の場合は、数値が悪すぎて許容ができない数値です。仮に80%台なら致命的な数字ですので、大至急改善しましょう。

例えば、カバレッジ95.0%を具体的な数字で表してみると、広告が10,000回表示されたとすれば、500回はユーザーの興味の低い代替広告が配信されたことになります。500回も無駄な広告(代替広告)が発信された場合は、ユーザーにとってクリックする可能性が低い広告をローディング読み込む作業が入ることになります。

サイトにとってはページの読み込み速度も、検索上位表示の大きな要因となりますので、クリックされる可能性の低い無駄な広告を読み込むことによって記事の読み込み速度が落ちてしまうことになります。訪問ユーザーが興味のない広告が配信され、クリックされない広告のせいでページ読み込み速度も低下、サイト評価までさがることになります。

カバレッジ96%台→もう一声

Google Adsenseのカバレッジが96%の場合は、広告が10,000回表示されたとすれば、400回はユーザーの興味の低い代替広告が配信されたことになります。

カバレッジ96%の場合でも、400回は記事にマッチしない広告を読み込むことになります。

個人的には、デイリーレポートのカバレッジが96%でもだいぶテンションが下がります。基本的に96%台の場合は、大いに改善の余地があると考えており、必ず原因をさがして潰しこみます

カバレッジ97%台→とりあえずOK!

Google Adsenseのカバレッジが97%台の場合は、ひとまずは許容範囲だと考えています。

カバレッジ98%台→理想的!

Google Adsenseのカバレッジが98%を越えてくると、良い広告配置をしているなと思えるゾーンに入ってきます。

カバレッジ99%台→EXCELLENT!!

Google Adsenseのカバレッジが99%を越えてくると、かなり理想的な広告配置といえます。それではカバレッジの数値をどのように改善していくべきかを次のページで解説していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました