最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

【誤配郵便物】他人宛の郵便物・メール便がポストに入っていた時の正しい対応方法とは

ある日、郵便ポストを開けてみると知らない人の郵便物が混ざっていました。

共通点の多い住所で、数字などが似ていたので配達の人も間違ってしまったのだと思います。

そこで、今回は間違って届いた郵便物をどのようにしていったかを書いていきたいと思います。

郵便物が届いたときの正しい対処方法

まずは結論から言うと、他人の郵便物・メール便がポストに入っていた時の正しい対応方法は、配送元に連絡をするのが正解です。

配送元は、郵便物のシールなどで確認ができます。

例えば、切手に消印が押してあったら郵便局に連絡します。ヤマト運輸や佐川急便などの場合でも、必ず郵便物に配送元の電話番号が掲載されていますので、番号を確認して連絡をするようにしましょう。

誤配郵便物は住所を確認した上で回収に来てくれる

私の場合は、封筒などの形状から郵便局が配達したと思い込んでしまっていて、最寄りの郵便局に電話をして、誤配の郵便物がありますと伝えました。

すると郵便局の方は「申し訳ありません!すぐに回収に伺いますので住所を聞いてもいいですか?」とだいぶ慌てた様子でした。

通話中のやり取りの中で切手がないことを伝えると、それは郵便局の配達物では無いということが判明し、調べた結果ヤマトメール便が使われていたようです。

誤配郵便物のシールに書いてある連絡へ電話

ヤマト運輸に連絡して、誤配があったことを伝えると、「申し訳ありません!すぐに回収に伺います!」と言われて住所を伝えました。

郵便局でも、ヤマトの場合でも誤配郵便物がありますと伝えた後の「すぐに回収します!」という流れは同じでした。

回収時はポストにさしておくだけでOK

誤配郵便物の封筒の色と形状を伝えたところ、ポストにさしこんでおくと担当者がとりに来てくれるということでした。

対面だと色々と煩わしいのですが、ポストにいれておくだけでいいのであれば簡単です。

誤配郵便物を開けたり廃棄すると罪になる。

誤配に気づいた場合は速やかに、配送元へ連絡をして、回収してもらいましょう。

他人宛の郵便物を間違って開封してしまったり、気づいていながら廃棄してしまうと、郵便法に基づき様々な罪に問われてしまう可能性があります。

大事な書類は調査される可能性が

もし本来の受取人側が届かないという連絡を配送会社へおこない、詳細な調査をされた際に、最終的に誤配がされた場所が特定された際に、“私のものではないので廃棄しました”となると、色々と厄介なことになりかねません。

郵便ポストに投函はNGな理由

私自身、間違ったメール便が届いた時に真っ先に頭に浮かんだのが、そのままポストに投函してしまえばいいということでした。

これなら、もう一度集荷されて、結果的に相手方に届くことになるだろうと思っていたのですが、これはダメでした。

なぜなら、私のもとに誤配されたのはヤマト運輸のメール便だったからです。

誤配郵便物のポスト投函は郵便局の配達物のみ有効

なお、確実に郵便局から届いた誤配郵便物だと断定できる場合のみ、”誤配”というシールを貼り付けてポストに再投函すればいいようです

他人の郵便物を保管・開封もNG

他人の郵便物だと知っていながら、保管し続けたり、故意に開封してしまうと、書類を隠した罪(信書隠匿罪)や大事な書類を開封した罪(信書開封罪)に問われてしまう恐れもあります。

ヤマト運輸・佐川急便の誤配対応約款

会社の規則である約款を調べてみると、両者ともに“誤配があった場合は速やかに回収し、正しい場所へ届けします”ということが書いてありました。

なお、間違った誤配郵便物が手元に届いた場合は、郵便法の規定通り配達者に通知する”義務”があります。

郵便法のおかげで、自分に届く郵便物も守られ。良好な郵便環境を享受できていますので、誤配があった場合も寛大な心で法律にそって正しく行動しましょう。

郵便法第42条(誤配達郵便物の処理)  郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、又はその旨を会社に通知しなければならない。

まとめ

誤配郵便物が届いた場合は、まずは配送元に連絡。廃棄・開封・ポスト投函は絶対NG。

面倒だけどしっかり連絡しなきゃダメなんだね!

捨てちゃうと罰せられる事もあるのね。

郵便ルールを守ることが自分の郵便物を守ることに繋がりますね!