最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

Google Pixel3aとPixel3の違いを3点に絞ってわかりやすく解説!

Google Pixel3が発売された後に、半額程度の値段でGoogle Pixel3aが発売となった。

見た目はほとんど変わらないのに、なぜそこまで値段が違うのか。主に3点に絞ってわかりやすくまとめてみた。

1,CPUの処理速度にこだわらない人はPixle3a。

Google Pixel3aとGoogle Pixel3の最大の違いはCPUだ。CPUとは、Central Processing Unit(中央演算装置)。つまり、人間で言うところの“脳みそ”の部分だ。

CPUがしっかりしていなければ、どんなに見た目がよくても、カメラの画素数がよくても、本末転倒だ。

カメラ撮影をして、編集をするときにもCPUの能力により、処理速度は早くも遅くもなるし、ウェブページ表示なども、すべてCPUが処理をしてくれるのだ。

例えるなら、性能の良いCPUはバリバリ仕事ができるやり手のベテラン社員、性能の悪いCPUは、仕事の要領を全然掴んでいない新卒の若手と言える。

やり手のベテラン社員は、仕事を与えるとどんどん仕事こなしてくれる。しかし、新卒の若手は仕事を与えても、処理スピードがゆっくりだったり、難しい内容の場合はフリーズして、仕事がストップ(フリーズ)してしまうこともある。

先に発売されたGoogle Pixle3のほうがCPUの性能が遥かに高いのでやり手のベテラン社員、後から発売されたGoogle Pixel3aは、新卒の若手に位置づけられる。

大量の情報をサクサク快適に処理できてこそ、スマートフォンの価値が最大に発揮されるので、日常においては処理が早いに越したことはない。

画像処理・動画処理・グラフィックを使うゲームなど難しい処理を多く使うユーザーに関しては、処理性能が高いGoogle Pixel3がおすすめだ。

しかし、メールチェック、天気予報チェック、ライン返信など、主に簡易的なテキストデータを表示するような使い方がメインであれば、簡単な処理で済むのでGoogle Pixle3aでも十分だ。

つまり、お茶運びとか、書類のコピーくらいなら新卒社員(Google Pixel3a)でも問題なくできるのだ。

どんなに本体の見た目が同じでも、ここのCPUの性能の違いにより使っている時の快適さは、まったく違うものとなってくる。

インカメラで自撮りをする画角にこだわらない人はPixle3aでOK

先に発売されたGoogle Pixel3は、インカメラのレンズ(内側のカメラレンズ)が2つ搭載のデュアルレンズ方式となっている。後から発売されたGoogle Pixel3aは、シングルレンズだ。

Google Pixel3のインカメラがデュアルレンズであることの最大のメリットは、セルフィー撮影の時に画角が広く取れることだ。

カタログには、グループ自撮りモード対応という表記もされている。

一般的に、内側のカメラを利用したセルフィーでは腕を精一杯伸ばして撮影しても、あまりたくさんの人数は入ることができない。

その問題を解消するために、セルフィースティック(自撮り棒)という商品が開発され飛ぶように売れたのだが、Google Pixel3に関しては、自撮り棒がなくても、内側のカメラの広い画角で写真撮影が可能となる。
お店で配布しているカタログにも、インカメラでセルフィースティックを使わずに、たくさんの人数が入った写真が掲載されいた。

インカメラ側でグループ撮影や自分を入れた風景撮影などをする機会が多い人にとっては、デュアルレンズで画角が広くとれる事は大きな武器となる。

3、防水にこだわりがなければPixle3aでもOK!

先に発売されているGoogle Pixel3に関しては、性能の良い防水がついている。防水性能はIP等級というもので表される。
防水機能が最も低いIPX0等級は防水機能なしを意味していて、最も高い防水ランクはIPX8という等級だ。IPX8の場合は、継続的に水の中に入っても水没しないということが前提となっている。

つまり、間違って水の中に本体が沈むくらいドボンと落としても平気なのだ。

Google Pixel3は、最高の防水ランクであるIPX8等級なのだ。つまり、Google Pixel3は水に落としても故障をしない端末と言える。

Google Pixel3aの、防水等級はIPX2等級だ。つまり、かなりの簡易的な防水性能しか備わっていないのだ。

IPX2等級は「鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない」という意味で、ドボンと落としてしまったらアウトだという事がわかる。

実生活の中で、15度の範囲で落ちてくる水滴なんて限られている。つまり、無作為に各方面から水滴が落ちてくる雨の中では使えないということになるのだ。

まとめ。

CPU・防水・インカメラの3点にこだわりがなければ、Google Pixel3aでもOK!

Google Pixel3aの低価格の秘密が判明!性能・スペックの裏側を完全レポート。