iPadPro iOS11 の新機能「インスタントメモ」とは?




iPhone




iPadProで、純正メモアプリをよく使う方には朗報だ。

Appleの最新OS、iOS11。すでにインストールした人も多くいるはずだ。

iOS11について「iPhoneは今まで以上に優れたものになり、iPadはかつてないほどの能力を手に入れます」とApple公式ページで紹介されていたが、いざインストールしたものの、どこが変わったの?と感じる場合も多い。実感するのは、いままでできなかった事ができるようになった時だろう。

今回は、iOS11だからこそできる機能、「インスタントメモ」に注目して書いていきたい。

iPad Proでアップルペンシルを使用しているユーザー向けの新機能 「インスタントメモ」。

ロック画面をApple Pencilでタップするだけで新しくメモを開く機能が追加された。

従来は、ロック解除→メモアプリをタップ→使用開始。の2STEPだったが、今回から搭載された新機能「 インスタントメモ 」によって、ロック画面にアップルペンシルをのせるだけですぐに書き始められるようになった。

いままで、右クリックでコピーを選択していたのが、ctrl+Cでコピーできるようになったくらい手軽にメモアプリが起動できるようになった。

起動するのは、画面点灯時のロック画面の時のみ。

インスタントメモは、いつでもアップルペンシルをのせるとメモアプリが起動するわけではない。

こちらの新機能は、あくまで「 画面が点灯しているロック画面の時のみ 」だ。スライドを解除して、ホーム画面にいってからアップルペンシルをのせてもメモは起動しないし、画面消灯時も起動しない。

画面消灯時はインスタントメモは発動しない。

ロックを解除後のホーム画面でもインスタントメモは発動しない。

起動するのは画面が点灯しているロック解除前の画面のみ、かなり限定的な発動条件があるので、覚えておこう。

アップペンシルを「ちょん」と1秒のせて画面から離するのがコツ。

インスタントメモが起動するタイミングは、画面に1秒のせたアップルペンシルを 離す時 だ。

画面にのせっぱなしにしてもメモは起動しないし、ほんの一瞬ふれただけでも発動しない。画面にアップルペンシルをつけて、1秒してから 離す のがコツだ。

インスタントメモで起動するのは新規の白紙メモだ。

インスタントメモが発動すると、画面上にメモが現れる。そこで表示されるのは、スケッチモードになっている新規の白紙のメモだ。

書きかけの途中のメモはでてこないし、指定したメモでもない。新しくゼロからメモを取りたい時には、とてもいいショートカットになりそうだ。

もし、書きかけのメモを途中から編集したい場合は、画面上のボタンをタッチするとメモ一覧を表示できるので、そこから希望のメモを指定するだけだ。

アップペンシルの使用の幅がどんどん広がっていきそうだ。

今回の新機能インスタントメモは、iPadProとアップルペンシルでのみ発動する。

別のスタイライスペンシルでは発動しないので注意が必要だ。最近では、品質のいいスタイライスペンシルも多く出回り、ペンシルの平均相場よりもはるかに高額なアップルペンシルが必要かどうかの議論も目にする。

しかし、今回のインスタントメモをはじめ、ApplePencilと、Apple製品であるiPadProの組み合わせだからこそできる独自の連携機能などが徐々に増えることで、よりApple Pencilを選択するユーザーが増えていきそうだ。

【新旧比較】 新型Apple Pencil(第2世代)のポイント解説!サイズや価格、互換性など。
2018年11月7日に通算で2代目となるApple Pencil(第2...
Apple Pencil(アップルペンシル)徹底レビュー! 使えるの? 必要?価格は高い?
Apple Pencil(アップルペンシル)について書きたいと思います...