iOS11からは、QRコードリーダーのアプリが不要に。




iPad




iOS11では「QRコードリーダー」がデフォルトになった。

「iPhoneは今まで以上に優れたものになり、iPadはかつてないほどの能力を手に入れます」とApple公式ページでiOS11が紹介されていた。

今回は、iOS11で最初から使える機能、「QRコードリーダー」に注目して書いていきたい。

iPhone(iOS 10)まではQRコードのアプリインストールが必要だったが、iOS11からは不要だ。

ふと、想定しない瞬間に必要性がでてくるQRコード。アイコンの中にQRコードリーダーのアプリを入れている人も多いだろう。

お店のレジでの会員登録や、商品の情報、名刺などに掲載されている場合もある。

慌ててホーム画面の中からQRコードリーダーを探した経験をした場合もあるだろう。
iOS11からは、そのQRコードリーダーのアプリを消去できるようになる。ホーム画面がちょっとだけスッキリしそうだ。

デフォルトのQRコードリーダーの使い方とは。

iOS11が入っていれば普段の写真撮影と同じく「カメラ」を使用する。

そして、起動したカメラをQRコードを画面に合わせるだけだ。いつもの写真を撮影する感覚で、QRコードを画面に表示させるだけでポップアップバーが表示され、URLとブラウザsafariのマークが表示される。

シャッターを押す必要はない。

iOS11が入っていて「カメラ」をQRコードに合わせるだけで、ポップアップで画面上にURLが表示されてくる。

ポップアップのバーをクリックするとサイトへ飛ぶことができる。シャッターを押してしまうとカメラ撮影になってしまうので、表示されたポップアップバーのリンクを押すというのがポイントだ。

小さな進化だが、着実なユーザビリティの向上といえるだろう。

使用頻度こそ多くないものの、ふとしたタイミングで必要になるQRコードアプリ。

ホーム画面に入れていない場合は、わざわざ使用のタイミングでApp Storeからインストールして時間も手間もかかっていたものが、iOS11からは「カメラ」アプリでそれが実現できるようになった。

iOS11にインストールが完了したら、画面にいれていた「QRコードリーダー」のアプリを、アンインストールしてもいいだろう。

 

【レビュー】 iPad pro 12.9を買ってみた。おすすめの使い方・活用法など
こちらのブログにたどり着いた方は、iPad Pro12.9incをご検...
2018 新型iPad Proの詳細サイズをチェック! どこが変わる?。
いよいよ2018年度も終盤にさしかかり、新型のiPad Proが発売さ...