iPhone8はeSimが使える? iPhone8のeSim対応状況まとめ!

まだまだ現役で使えるiPhone8ですが、eSimに対応しているのでしょうか?

eSIMとは、embedded Subscriber Identity Module という単語の略称であり「埋め込み型のシムカード」と訳すことができます。

eSimに対応していれば、内蔵してあるeSimカードに通信電波を使って情報を書き込むことができます。

iPhone本体のカードスロットに物理的なSimカードのセッティングが不要になる為、契約時の物理的なSimカード受取り、初期設定時のSimカード抜き差しする必要もなく、発生する手間が大幅に少なくなります。

最近増加しているiPhoneのオンライン契約などにも便利で、物理SIMの受取を待たずに、契約成立したらすぐに、電波を使って電話番号を書き込みできるため何よりもスピーディに作業が進められるのも魅力です。

初期費用や物理コストも節約できるため、可能な限り活用していきたい仕組みです。

今回はiPhone8のeSim対応状況をまとめてみました。

iPhone8でeSimは使えない!

iPhone8でeSimは使えない!

まずは結論から言うと、iPhone8はeSim非対応です。

これは、Appleのホームページにある「eSim対応の一覧機種リスト」にiPhone8が入っていないことからも、eSim非対応だと理解することができます。

Appleのホームページには、以下のように説明があります。

iPhone8のeSimは使えない!
iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降
引用:https://support.apple.com/ja-jp/HT209044

条件にあるのは、「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降」という記述です。

発売日から算出してみます。

「eSim対応の一覧機種リスト」にiPhone8が入っていない
iPhone XS、iPhone XS Maxは2018年9月21日に発売されています。

iPhone8は2017年9月22日に発売されていますので、残念ながら、「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降」という条件には該当しない為、eSimは利用できないと結論づけることができます。

ソフトウェアアップデートでeSim対応できる?

eSim対応可否は、ソフトウェア側ではなく、ハードウェア側にeSimが組み込まれてているかが重要なポイントです。

物理的に本体内蔵されているのがeSimカードのため、工場組み立て時に、組み込まれない限りは、後付けでeSimを使うことができません。

上記の通り、eSimはハードウェアレベルの話ですので、ソフトウェアアップデートなどでも、eSim対応できるようになる可能性はありません。

つまり、携帯キャリア側の問題ではなく、製造社であるAppleがiPhone8にeSimを組み込む設計にしているかという事です。

発売元のAppleがiPhone8にはeSimが搭載していないと明記していますので、残念ながらiPhone8ではeSimを使うことができません。

【各キャリア別】iPhone8のeSim対応状況

次に、各キャリアのホームページを参照して、iPhone8のeSim対応状況を見ていきたいと思います。

<楽天モバイル>iPhone8はeSim対応リストになし!

楽天モバイルiPhone8はeSim対応リストになし
引用:楽天モバイル公式

iPhone8でeSim対応を調査している場合、楽天モバイルを検討している場合が多いと思います。

楽天モバイルホームページを参照してみましたが、やはりeSim対応リストにはiPhone8は確認できませんでした。

eSim自体がiPhone8に内蔵されていない為、楽天モバイル側で努力したとしても、難しいのが現実でしょう。

もし、iPhone8を使って楽天モバイルに乗り換えを検討している場合、物理SIMでの契約となります。

<Docomo>iPhone8はeSim対応リストになし

DocomoiPhone8はeSim対応外リストになし
NTT Docomo公式
docomoのホームページでもiPhone8が、eSim対応リストに入っているかどうかを探してみます。

eSim対応リストを見つけることができましたが、ドコモでeSimが使えるのはわずか6機種です。本来、eSimが搭載されている新しいiPhoneもリストには入っていませんでした。

docomoとしては、いまのところ積極的にeSimに対応する感じではなさそうです。

<au>iPhone8はeSim対応リストになし

auの公式ホームページで、iPhone8がeSimに対応しているか調べてみます。

au iPhone8はeSim対応リストになし
引用:au公式

docomoとは異なり、iPhone自体はeSimに対応していますが、やはりAppleの条件の通り「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降」となっています。

iPhone8は、eSimの使用可能リストには含まれていませんでした。

<ソフトバンク>iPhone8はeSim対応リストになし

ソフトバンクiPhone8はeSim使えない
引用:Softbank公式
ソフトバンクのホームページを参照してみましたが、こちらもiPhone8はeSim対象リストに存在しませんでした。

Appleの表記通りで、eSimが使えるのは「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降」の端末です。

<LINEMO>iPhone8はeSim対応リストになし

LINEMO iPhone8はeSim対応リストになし
引用:LINEMO公式

ユーザーとの契約に積極的にeSimを推奨しているLINEMOに関しても、iPhone8はeSim対象リストに入っていませんでした。

まとめ

iPhone8で、eSim対応状況を各キャリアのホームページを横断して検索してみました。

残念ながら、製造社であるAppleをはじめとして、docomo/au/Softbank/楽天モバイルなど各携帯キャリアの情報を参照しても、iPhone8でeSimは使えないという点は一致しています。

eSimはベースとなる「埋め込み型のSimカード」に、通信電波で情報を書き込んで使用するものです。製造時にiPhone8にeSimが埋め込まれていない限りは、eSimを使うことはできないというのが結論です。

従って、iPhone8を使って、乗り換えを検討する場合、必ず物理Simで契約をするようにしましょう。

また注意点としては、物理Simで契約する際も、iPhone8にSimロックがかかっている場合、使用することができません。物理Simの契約であっても、Simフリー化の作業は忘れないようにしましょう!

iPhone8がSIMロック解除済みかどうかは、こちらの手順で簡単に確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。