【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法

迷っている人

iPhoneのホーム画面のアイコンを長押ししてもバツマークがでてきません。消すにはどうすればいいの?

こんな疑問に答えていきます。

iPhoneのアプリが消せない!バツマークが出ない原因とは

まずは、結論から言うと、アプリを消すことが出来ないような”機能制限”がかかっている場合がほとんどです。


※Appの削除が「許可しない」になっていると消せません。

「機能制限なんてかけた記憶がない!」と思っていても、無意識で制限かかっている場合もよくありますので、下記の手順で設定を見直してみましょう。

iPhoneのアプリを消す方法とは

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法1
ホーム画面の設定アイコンをタップします。

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法2
設定メニューの一覧にあるスクリーンタイムをタップします。

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法3
コンテンツとプライバシーの制限をタップします。

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法4
iTunesおよびAppStoreでの購入をタップします。

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法5
Appの削除をタップします。

【iPhone】アプリが消せない!バツマークが出ない原因と対処方法6
許可にチェックマークを入れたら、作業完了です。
実際に、ホーム画面に戻って、アプリアイコンを長押ししてみましょう。
ぶるぶる震えて、削除ができるようになっています。

 

もし、上記の手順でもアプリが消せない場合について述べていきます。

もともとあるアプリは普通の長押しでは消せない

また、iPhoneの基本アプリ(SafariやカメラWallet)などは、アイコンを長押ししても「取り除く」がでてくるだけで、Appライブラリには残ってしまうため完全には消せません。

次の段落では、”最初から入っている基本アプリ”も、簡単に削除する方法をわかりやすく解説していきます。

 

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ/Wallet)を消す方法とは

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ)を消す方法とは1
設定アイコンをタップします。

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ)を消す方法とは2
スクリーンタイムをタップします。

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ)を消す方法とは3
コンテンツとプライバシーの制限をタップします。

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ)を消す方法とは3
許可されたAppをタップします。

iPhoneの基本アプリ(Safari/カメラ)を消す方法とは4
ここでオフにした基本アプリはホーム画面でも非表示になります。

まとめ

  • アプリを消せない原因は”機能制限”である場合がほとんどです。
  • 後付けアプリを消すために機能制限を解除する方法は、「設定→スクリーンタイム→コンテンツとプライバシー制限→iTunesおよびAppStoreでの購入→Appの削除→許可を選択」することで、消すことができます。
  • Safari、カメラ、Walletなど基本アプリを消す方法は、「設定→コンテンツとプライバシー制限→許可されたApp→該当アプリをOFF」することで消すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。