最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneのダークモードの意味や目的、メリット・デメリットとは

iOS13からダークモードが利用できるようになりました。

ダークモードがリリースされる前の先行情報では、「ダークモードまだ?」「ダークモードかっこいい!」的な風潮がありましたが、いざダークモードがリリースされると一気にトーンダウン。

結局、ダークモードはどうなのか、そもそも「ダークモードの目的ってなんだろう?」という疑問が浮かびますね。

そこで、今回はダークモードのメリット・デメリットは探っていきたいと思います。

ダークモードとは。

ダークモードとは、簡単に言うと「画面を暗くしてくれる」という、明るさ控えめモードです。

ダークモードが、あることで得られるメリットですが、世間一般で言われているのは、目が疲れづらい・ブルーライトがカットできるという事が言われています。

確かに、画面全体が暗くなることで発色はおさえられてはいますが、「実際眼の疲労感はあんまり変わらないよね」という印象です。

細かい文字を読んでいるので当然といえば、当然です。

白い背景に黒い文字を表示させるのが一般的ですが、ダークモードでは、黒い背景に白い文字で表示させることになります。

ちょっとだけ、電池もちが良くなる!(一部機種)

ダークモードでは、電池もちがよくなるとも言われています。

ちなみに、この電池持ちが多少良くなる恩恵が受けられるのは、oLED(有機EL)ディスプレイ搭載機種だけです。

具体的な有機ELパネル搭載機種は、いわゆるハイエンドモデルのiPhoneX、iPhoneXs、iPhone11Pro、iPhone11ProMaxあたりです。

逆に、恩恵がないのは、LCDディスレイ機種です。iPhone11、iPhoneXR,iPhone8以下の機種などです。

ちょっとむずかしい話ですが、LCDディスプレイでは黒い色を発色させていますが、有機ELパネルでは、パネルを消灯させることによって黒を表現させることができます。

つまり、有機ELパネル搭載機種においては、黒の面積が多いほどパネルを点灯させるエネルギーをセーブできるので、電池持ちがよくなります。

なお、ディスプレイ品質がいいのは、oLEDモデル

なお、ディスプレイ品質としては、ハイエンドモデルで使われている有機ELパネルの黒のほうが、より深い黒を表現できますので、ディスプレイ全体のコントラスト比が高く、キリッとしたディスプレイとなっています。

LDCディスプレイの色の幅は、1600;1ですが、有機ELパネルの色の幅は100000:1と桁違いの色の幅を表現できます。

これは、ひとえに黒が深いという事と言えるでしょう。

実際につかってみた

実際にダークモードを活用してみましたが、まだまだ発展途上段階だという印象です。

設定などの機種が管理している画面では、黒背景に白の文字というダークモード仕様になりますが、通常のウェブページは、白背景に黒文字となり、特にダークモードだからどうという変化は感じられません。

また、黒ベースのブラウズ画面になると「プライベートブラウズモードだったかな?」と勘違いをしてしまうことも結構ありました。

ダークモードとプライベートブラウズモードでは、画面下のフッダーのマークが、ダークモード=青、プライベートブラウズ=白というくらいしか違いがなく、すぐに見分けるのはなかなか難しい状態です。

もっと、わかりやすく違いをつけてほしいです。

また、特に目に優しい印象もうけませんでした。スマホディスプレイで、細かい文字を見ていれば、どうやっても疲れるものは疲れます。

体感としては、ちょっと、待ち受け画面が暗くなって、ブラウジングの上下の帯が黒くなったくらいの違いかと思います。

iPhoneで閲覧・検索履歴を【絶対に残さない】一番簡単な方法 / Safari版

ダークモードの設定方法

ダークモードにするためには、設定→画面表示と明るさ→外観モードで切り替えることができます。

もし、ダークモードが表示されない場合は、設定→一般→ソフトウェアアップデートを行ってから、試してみましょう。

なぜ、ダークモードのリリース前後で評判に差があるか

ダークモードがリリースされる前に、待望論が巻き起こっていたのは、ダークモードに設定すると、アイコンもダークモード仕様に変わると言われていました。

しかし、今回リリースされた実物は、アイコンも変わらず、待ち受け画面が暗くなるくらいの変化だったので、いまいち評判が良くないのかもしれません。

今後のアップデートに期待です。

まとめ

画面の暗いのが好きな方にはおすすめ

要約

  • 1、oLEDモデルのiPhoneなら、少しは電池が節約できる。(気持ち分)
  • 2、Appleが管理しているアプリ(設定・メールなど)などは文字が黒背景で白抜きになる(通常のアプリはそのまま白背景に黒文字)
  • 3、待ち受け画面の写真が暗めになる