iPhone14:電源の切り方!電源オフにする3つの方法【iPhone13対応】

iPhone14:電源の切り方!電源オフにする3つの方法【iPhone13対応】

iPhone14でサイドボタンを長押しして電源を切ろうとしたら、勝手にSiriが起動してしまうという声が相次いでいます。

実は、サイドボタンを長押しで切れるのは、旧モデルのみで、iPhone14などの最新モデルでは、電源の切り方が新しくなりました。

さっそく、iPhone14で最新の電源オフ、電源の切り方をご紹介していきます。

電源の切り方1:「サイドボタン」と「音量」ボタンを長押し

iPhone14:電源の切り方!電源オフにする3つの方法【iPhone13対応】1

iPhone14の電源を切り方は、「サイドボタン」と「音量」ボタンの同時押しです。

なお、音量ボタンは、「音量大(+)」or「音量小(-)」のどちらでも大丈夫です。押しやすいほうにしてください。

同時に長押しするとiPhone14の画面上に「スライドで電源オフ」と言うスライドが表示されますので、矢印をなぞることで、iPhone14の電源を切る事ができます。

なお、立ったまま片手作業での同時押しはとても難しいです。

なるべく、座った状態で両手で実施するのが落下の心配も少ないのでおすすめです。

電源の切り方2:「設定」から電源オフにする

iPhone14は、「設定」からも電源オフにできる!設定アイコンからも電源をオフにすることができます。

もし、サイドボタンと音量ボタンの同時押しで、電源オフという表示が出てこない場合はこの方法がおすすめです。

また、ボタンが破損している場合や、ケースが干渉するなどして、うまく同時押しができない場合などは、下記の手順でiPhone14の電源を切りましょう。

  1. 設定」をタップします。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「システム終了」をタップします。
    電源の切り方2:「設定」から電源オフにする
  4. スライドで電源オフ」が表示されたらスワイプして電源を切ります。
    電源の切り方2:「設定」から電源オフにする3

以上の手順で、iPhone14の電源オフ、電源を切ることができます。

電源の切り方3:「Siri」で電源オフにする

iPhone14:電源の切り方!電源オフにする3つの方法【iPhone13対応】2

iPhone14では、電源を切ろうと思ってサイドボタンを長押しするとSiriが起動します。

この勝手に起動してしまった、Siriに頼んで電源を切る方法もあります。

起動したSiriに「電源を切って」と依頼すると、「確認ですがこのデバイスの電源をオフにしますか?」という問いかけが表示されます。

「キャンセル」or「確認」の2択が提示されます。「確認」をタップすると、そのままiPhone14の電源を切ることが出来ます。

以上、電源の切り方を3つご紹介しましたが、どの方法で電源を切っても、特に違いはありません。一番やりやすい方法で実施してみてください。

再度、iPhoneの電源を付ける場合には、サイドボタンのみで電源投入が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です