iPhone 勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)

困っている人

iPhoneでスペースを2回タップしたら、勝手に句読点になります。どうすればいいの?

こんな疑問に答えていきます。

スペースを2回タップで勝手に句読点(.)を入れない方法

まずは、結論から言うとキーボード設定で「スマート句読点」がONになっているのが原因です。

下記の手順で自動で大文字にならないようにすることができます。

STEP1
設定アイコンをタップします。
iPhone-勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)1

STEP2
一般をタップします。
iPhone-勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)2

STEP3
キーボードをタップします。
iPhone-勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)3

STEP4
スマート句読点がONになっているので、OFFにしましょう。
iPhone-勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)4

STEP5
スマート句読点がiPhone 先頭のアルファベットが勝手に大文字になる!原因と対処方法4になれば、設定完了です。
iPhone-勝手に句読点(.)が入る原因と対処方法(スマート句読点をオフにしよう)5

まとめ

勝手に句読点(.)が入る場合は、「設定」>「一般」>「キーボード」>「スマート句読点」をOFFにしましょう。

英語では、スペースを2回入力して文節を区切る場合、ピリオドが打たれる頻度が多いため、スマート句読点機能がiPhoneに標準搭載されています。

しかし、日本では単に空白を入力する際にピリオドが入ると、邪魔になることのほうが多いです。

不要な場合には、この手順でスマート句読点設定を変更しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA