【iPhone】スクショで「フルページ」ボタンがない原因と対処方法

困っている人

Phoneでスクリーンショットしても「フルページ」のボタンがありません。なんでだろう?

こんな疑問に答えていきます。

スクショで「フルページ」ボタンがない原因

まずは、結論から言うと、本体の空き容量不足が原因です。

iPhoneのフルページでのスクリーンショットは、通常のスクリーンショットとは異なり、保存容量の大きいPDFファイルで保管されます。

つまり、ストレージの空き容量が不足して、フルページのPDFを保管する容量がない場合、フルページのスクリーンショット保存ができないように、自動計算して、フルページの選択ボタンをiPhoneから取り除いてしまいます。

空き容量をつくってフルページスクショしよう

フルページがない場合の解消方法は、不要な内部ストレージを削除して、空き容量をつくることです。

特におすすめな2つの方法をご紹介します。

不要なアプリのアンインストール

不要なアプリをアンインストールすることです。

ダウンロードしたけど使っていない、使用頻度が低く、無くても支障がないアプリは、アイコンを長押しして、アンインストール作業を行いましょう。

フルページを1枚保存するためには、1つのアプリを消せば十分です。

大量のフルページ保存をしたい場合は、根本的にアプリの整理整頓をおこない余裕をもったストレージ容量を確保しましょう。

不要な写真・動画の削除

次に、おすすめなのは写真・動画の整理整頓です。

なんとなく撮影した、保管しておかなくてもいい写真や動画を削除することで、本体容量は広げることができます。

重複している写真や動画、ぶれている写真や動画、備忘録として撮影してすでに不要になった写真など、削除していくことでフルページでの保存ができるようになります。

空き容量をつくってもフルページがでてこない!

iPhone本体に十分な空き容量があるにも関わらず、フルページが出てこない場合には、iOSバージョンの確認をおこないましょう。

スクリーンショットにフルページが搭載されているのは、iOS13からです。

使用しているバージョンの確認方法は「設定」>「一般」>「情報」>「システムバージョン」から調べることができます。

もし、本体のバージョンがiOS13以前である場合は、ソフトウェアアップデートをおこなうことで、スクリーンショットをフルページが表示できるようになります。

まとめ

  • iPhoneのストレージ容量が不足していると、フルページのPDFを保管する容量がないため、フルページボタンがでてきません。
  • フルページがない場合の解消方法は、不要な内部ストレージを削除して、空き容量をつくることです。
  • iPhone本体に十分な空き容量があるにも関わらず、フルページが出てこない場合には、iOSバージョンの確認をおこないましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。