iPhone ガラスコーティングすると絶対に割れない?→結論、当たり所が悪ければ割れます。

困っている人

iPhoneのガラスコーティングって強度はどうなの?お店の人は割れないって言ってたけど?

こんな疑問に答えていきます。

iPhone ガラスコーティングすると絶対に割れないの?

まずは、結論から言うと、ガラスコーティングをしても落とした時の当たり所が悪ければiPhoneは割れます。

あくまで、コーティングであって、絶対に割れなくする魔法の技術ではありませんので、過度な期待はもたないようにしましょう。

ただし、コーティングのメリットとしては、フィルム無しの状態より、はるかに強度が強くなるのは事実です。

ポケットやバッグにいれておいて、家の鍵などで、iPhone画面を傷つけてしまうなどの、簡易的なミスによる、画面トラブルがふせぐことはできます。

なぜ、コーティングをしているのに割れるの?

どんなに強いコーティング剤であっても、あくまで性質はガラスであるという点がポイントです。

iPhoneを落として割れてしまうときは、角からコンクリートなどに激突します。

落下の際は、iPhoneの重量と、高さからの加速スピードが、iPhoneの角に一極集中して加わります。

結果、すべての荷重が加わったガラス部分は重さに耐えきれなくなり、割れてしまうのです。

落下時に角の保護に強いケースとの併用しよう

ガラスコーティングしている場合、日常的に普通に使用しているくらいでは、傷がつくことはありません。

強度でいえば、ガラスフィルムと同等以上のものがあります。

しかし、一極集中で加わった力に対しては、弱いのも事実です。

そこで、ガラスコーティングに加えて、落下時の角の弱点を補えるケースと併用するのが望ましいでしょう。

特に、おすすめなのはiFaceです。

iFaceが優れているのは角のクッションがしっかり計算されていることです。仮に高い場所からの落下でも、しっかりと衝撃を受けてとめてくれますので、ガラスコーティングの弱点を解決してくれます。

また、握りやすい形状で操作しやすいのに加えて、ケースを付けていてもボタン操作・充電も快適におこなうことができます。

色・デザインも豊富で、世界中で支持されている、実績のあるケースです。

保護ケース+ガラスコーティングで満点!

落下時の角割れという弱点が、回避できれば、ガラスコーティングは画面を保護するための最強のツールです。

カッターなどでひっかいてもキズが付かないという情報もありますので、日常的には安心して使えるのは間違いありません。

ガラスコーティングの弱点とうまくカバーして、快適なiPhoneライフを過ごしましょう。

まとめ

  • ガラスコーティングをしても落とした時の当たり所が悪ければiPhoneは割れます。絶対に割れなくする魔法の技術ではありませんので、過度な期待はもたないようにしましょう。
  • 強度はしっかりしているので、日常的な使用強度で傷がつくことはありません。ガラスフィルムと同等かそれ以上の性能を発揮します。
  • ガラスコーティングの弱点を補うためには、落下時の角をしっかりしてくれるカバーと併用するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。