iPhone13ProMax 先行公開!カメラが大きくなり、ノッチは縮小!

iPhone13Pro Maxの実機が公開されました。

海外で登録者1790万人のYoutubeチャンネルUnbox Therapyに、生産ラインから提供されたとのことです。

iPhone13ProMaxを紹介する動画では、現行のiPhone12ProMaxと比較をしながら、どこが変わったかに注目しながら解説しています。

外観からわかること

本体に電源は入れられないようなので、外観のみのレビューになっています。

なお、iPhone13Pro Max動画の要点は以下の通りです。

・外観でわかるのは「カメラレンズの大きさ・厚みがUP」「ノッチが縮小している」
・大きなデザイン変更はない。箱ではなく”袋”にはいっている。
・電源がいれられないので、内部スペックは不明。

上記の通り、電源が入れられないので細かなスペックについてわからないのは残念ですが、明らかにわかる違いについてまとめていきます。

カメラレンズが大きく・厚くなっている

iPhone13ProMaxカメラレンズが大きくなった

左側がiPhone12Pro Max、右側がiPhone13Pro Maxです。

明らかに右側のカメラレンズの面積のほうが大きいことがわかります。カメラの性能は、光を集めるセンサーが重要です。

センサーが大きくなれば、より大きく光を集約できるので、写真の画質が向上します。

つまり、写真がもっと明るく・もっと綺麗になるのは間違いないでしょう。

カメラレンズが大きくなったことで、どこまで変化が生まれるか期待が高まります。

カメラレンズの厚みも増している

横からの比較画面では、明らかにiPhone13ProMaxのカメラのほうが、厚みがあることがわかります。

4眼レンズになるという意見もありましたが、iPhone13proMaxは、3眼レンズを選択したようです。

iPhone13では、ノッチが小さくなる

ディスプレイ上部にある、ノッチの幅がせまくなっています。

また、スピーカーが上部ギリギリまで移動することで、ディスプレイ面を少しでも大きくしようとしていることがわかります。

ノッチの幅が狭くなることで画面上部のステータスバーに、より多くのアイコンが表示できるようになれば、ユーザビリティも向上しそうです。

関連する人気記事

参考:Youtube Unbox Terapy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA