iPhoneXRの名前の意味が判明![Apple幹部が明かす]




iPhone




iPhoneXRの名前の意味が明らかになりました。

アップルのグローバルマーケティング担当上級副社長フィル・シラー氏がiPhoneXRのネーミングの見解を発表しました。

結論からいうと、iPhoneXRというネーミングに明確な意図はないようです。

iPhoneXSの廉価版なので、RENKABANのRだとか、革命的な端末なのでREVORUTIONのRだとか、一部マニアの間では論争になっていましたが、今回のApple幹部による公式見解の発表で論争にも終止符がうたれそうです。

iPhoneXRは買う価値があるかを検証!価格面・性能面(スペック)・カメラ性能などを徹底比較。
2018年は、3種類のiPhoneが発表されました。 iPhon...

ただ、一部納得できないポイントがありました。

それは、シラー氏が「過去のiPhoneと同様にiPhoneXRにも特別な意味はない」という表現を使用した点です。

数年前に、iPhone4Sが発売された直後に創業者であるスティーブジョブズが亡くなったことで、スティーブジョブズに捧げる端末であり、「For Steave」の「S」ではないかという話が世界中で話題になりました。

そして、その数年後、Appleの代表者であるティムクック氏が、音声アシスタント「Siri」のSと考えていると、公式の場で発言した前例があったためです。

また、さらに遡ってiPhone3GSの「S」には「SPEED」のSである考えているという事もティムクック氏が公表しています。

今回の、シラー氏の「過去と同様、特別な意味はない」という発言は、ティムクック氏が述べた内容とは一部矛盾が生じており、一部訂正が必要になるかもしれません。

では、なぜRにしたのか?

単にクール(響きがカッコいい)だから、という事のようです。

iPhoneXRとiPhoneXSのディスプレイ差についても

また、フィル・シラー氏は同じセッションにおいてiPhoneXRのディスプレイ性能についても言及しています。

iPhoneXRは、iPhoneXSなどと違い有機ELパネルではありませんが、どう判断すればいいですか?という質問に対しては、

「ディスプレイを判断する唯一の方法はそれを見ることだと思う」と語っています。

これ以上ない、とても分かりやすい解答です。大事なのはスペック表の数値でなく「体感値」。

確かに、Appleが液晶のネーミングに使用している「Retina Display(レティーナディスプレイ)」のRetinaとは網膜を示しており、人間が認識できる限界値であることに由来しています。

つまり、人間が認識できる最高性能に達していれば、素材は関係ないという事です。iPhoneXR検討中の方は、iPhoneXSと並べて見比べてみる事をApple幹部も推奨しています。

社長と幹部の言っていることが違うんだね。

 

わたしはどっちでもOK!

 

社内でも見解が一致していないのかもしれないですね。

Source:https://www.cultofmac.com
https://japanese.engadget.com/2018/10/23/iphone-xr-engadget/