iPhoneXsのバッテリー持続時間が、iPhoneXより短いってホント?衝撃の実験結果を考察。




iPhoneXS / XS Max


iPhoneXSのほうがバッテリー持ちが悪い? Source:https://www.tomsguide.com/




iPhoneXsのバッテリーもち(持続時間)が、iPhoneXより悪い?

Appleの公式ページでは、iPhoneXsはiPhoneXと比較してバッテリー持ちがいいと書いてあります。

しかし、Apppleの公式情報に反して、一部メディアでは「iPhoneXSはPhoneXよりもバッテリーが持たない」という記事が紹介されていました。

見出しを鵜呑みにすると、旧型iPhoneXのほうが電池持ちがいいのか?と思ってしまいますが、本当にそうなのでしょうか。

事の発端は、米レビューサイト「tom’s guide」が、ディスプレイの輝度や通信環境などすべて統一し、両端末に誤差のない設定で、何時間ネット閲覧ができるか検証をおこなった結果「iPhoneXSはPhoneXよりもバッテリーがはやく尽きてしまった(持たなかった)」というものです。

仮に、iPhoneXsのバッテリー持ちが、iPhoneXに劣るようであれば、Appleの公式ホームページでのiPhoneXsの紹介文である「iPhoneXより30分長い駆動時間」という文章は間違いという事になります。

電池持ちはユーザーにとって重要な部分なので、しっかりと検証していきたいと思います。

iPhoneXsとiPhoneXはどこが違う、最大の違いはなに?機能やカメラ、スペック、見た目などを比較
2018年度に発表されたiPhoneXsですが、iPhoneXからの「...
iPhoneXSとiPhoneXRの性能の違い!どこが違う?
2018年秋にAppleから発売されたiPhoneXS/iPhoneX...

iPhoneXsのバッテリーの絶対値から見ていきます。


Source:https://www.ifixit.com/

バッテリーには、電池を充電しておく為、あらかじめ定められた許容量があります。

単位はmAh(ミリアンペアアワー)で表され、このバッテリーの数値が大きいほど、本体にたくさんの電気を充電しておくことができます。

早速、バッテリー数値の比較ですがiPhone XSのバッテリー容量は2658mAh、対して、iPhoneXは2716mAhでした。

つまり、バッテリーの絶対値は旧型iPhoneXの値のほうが大きくなっています。ここまでは、実験結果の通りiPhoneXのほうがバッテリーの絶対値も大きいことが分かります。

Appleは絶対値で劣るiPhoneXSの何を根拠として、バッテリー駆動時間が長くなったと説明しているのでしょうか。

iPhoneXとiPhoneXSのディスプレイ素材は全く同じ為、原因ではない。


Source:Apple

バッテリー持ちに大きな影響を与えるディスプレイ素材ですが、iPhoneXSとiPhoneXは全く同じディスプレイスペックとなっています。

左側がiPhoneXSのもの、右側がiPhoneXのディスプレイ詳細です。

専門的な文章となっているので、すべて読む必要はありませんが、一字一句の違いもなく、数値まで全く同じことがわかります。

つまり、ディスプレイ性能はバッテリー消費量の誤差の原因ではないといえます。