最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneXsとiPhoneXはどこが違う、最大の違いはなに?機能やカメラ、スペック、見た目などを比較

2018年度に発表されたiPhoneXsですが、iPhoneXからの「マイナーアップデート」ということもあり、外観で区別するのは難しいでしょう。

iPhoneXsは、2017年度モデルのiPhoneXと比較してどこが違うのでしょうか。

今回は、Appleの公式のスペック表、各種情報などを参考に細かな違いを注目ポイントごとにわかりやすく比較していきたいと思います。

iPhoneXsとiPhoneXの本体サイズ・重さの違いは?何センチ・何グラム違う?

iPhoneXsとiPhoneXの本体サイズ・重さの違いは?何センチ・何グラム違う?
左がiPhoneXs、右がiPhoneX(Apple 公式ホームページより)

iPhoneXsとiPhoneXの本体サイズの違いはなく、全く同じとなっています。

Appleの公式のスペック表では、高さ、幅、厚さにおいてもわずか1mmの誤差もありません。

iPhoneXとiPhoneXsは、どちらの端末も共通で、高さ143.6mm、幅70.9、厚さ7.7mmとiPhoneXsとiPhoneXは「全く同じ本体サイズ」なっています。

iPhoneXとiPhoneXsの唯一の本体の違いは重さです。

iPhoneXは174g、iPhoneXsは177gと、新型のiPhoneXsのほうが旧型のiPhoneXよりも3gだけ重たくなっています。

たった3グラムしか違わないのであれば、その違いを持ち比べて、体感するのは非常に難しいでしょう。

また、iPhoneXとiPhoneXSには、カメラホールの大きさに若干の違いがあります。

寸法がまったく同じでも。カメラホールの関係で使用できないケースもありますので、注意しましょう。

iPhoneXsとiPhoneXの画面サイズ・ディスプレイの大きさの違いから比較。

iPhoneXsとiPhoneXの画面サイズ・ディスプレイの大きさの違いから比較。
左がiPhoneXs、右がiPhoneX(Apple 公式ホームページより)

iPhoneXsとiPhoneXの画面サイズの大きさはどちらも5.8インチと、まったく同じディスプレイサイズで、0.1インチの違いもありません。

Appleの公式発表ではどちらも5.8インチのSuper Retina HDディスプレイと表示されています。

また、画面の細かさ、繊細さを表す解像度に関しても、iPhoneXs・iPhoneXとも全く同じ2436×1125ピクセルと、わずか1ピクセルの違いもありません。

ディスプレイ素材についても、有機ELパネルが採用されていてコントラスト比の違いもありません。

表示性能については、特に変わりはなく、数値上では全く同じと言えるでしょう。