最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

iPhoneXs Maxのサイズは大きすぎ?価格も高すぎ? 性能をiPhoneXsと比較してみた。

iPhoneXs Maxのサイズは大きすぎ?価格も高すぎ? 性能をiPhoneXsと比較してみた。

iPhoneXs Maxのサイズは「デカい」「デカすぎ」という声も、実際は。

iPhone史上最大の6.5インチのSuper Retina HDディスプレイが搭載されたiPhoneXs Max。

Appleの新機種イベントでも「BIG」という、単語が連発されていたように、そのサイズ感に注目が集まっています。実際の所、iPhoneXsと比較した場合の違いはサイズだけなのでしょうか。

今回は注目のiPhoneXs Maxについて、iPhoneXsと比較しながら、サイズ感や性能面(スペック)、価格などを分析していきます。

iPhoneXs Maxの本体サイズをiPhoneXsと比較、どのくらい大きいのか?。

iPhoneXsMAXは中央中央にあるのがiPhoneXs MAX

iPhoneXsMaxは、6.5インチのディスプレイサイズとなっています。

市場には7インチのタブレットも多く存在していることから、スマートフォンのディスプレイサイズとしては、限界点に近いサイズとなっています。

iPhoneXsMaxは、高さ157.5mm、幅77.4mm、厚7.7mm、重さ208グラムとなっていますが、iPhoneXSと比較するとどのくらい大きいのでしょうか。表にまとめてみました。

iPhoneXs Maxの本体サイズを比較。

やはり、全体的にiPhoneXsMaxのほうが上回っています。そして、興味深いのは、iPhone8 Plusとのサイズ比較です。

iPhoneXs Maxは、「6.5インチ」というディスプレイサイズのせいか、過去最大のボディサイズだと思われていますが、「高さ」と「幅」に関しては、iPhone8 Plusよりもコンパクトです。

iPhoneXs Maxの本体サイズを比較。

厚さも0.2mm、重さもたった6gしか増加していませんので、従来のiPhone Plusシリーズのユーザーにとっては、iPhoneXs Maxのサイズは苦にならないかもしれません。

iPhoneXs Maxの処理速度、性能(スペック面)を比較。

iPhoneXs Maxの処理速度、性能(スペック面)を比較。iPhoneXs Maxの動作性能について

iPhoneXs Maxの性能/スペックについて見ていきたいと思います。

iPhoneXs Maxには「A12 Bionicチップ」「次世代のニューラルエンジン」が搭載されています。これは、iPhoneXsとまったく同じチップセットです。

つまり、大型のiPhoneXs Maxだけ特別なチップが搭載されている訳ではありません。

メモリ(保存領域のストレージではなく、処理に使用するRAMメモリ)においても共通で、iPhoneXsとiPhoneXsMaxともに4GBのメモリが搭載されています。

従って、iPhoneXsとiPhone XsMaxは、CPUもメモリ(RAM)も全く同じですので、処理性能・処理速度は全く同じです。

iPhoneXs Maxのディスプレイ画質はどう?大きくて見やすいか?

iPhoneXsMAX画面の見やすさiPhoneXsMAX画面の見やすさ

iPhoneXs Maxのディスプレイ素材、解像度について見ていきたいと思います。

すべてのディスプレイは、たくさんのドット(点の集まり)で構成されていて、粒の密度が高いほど、繊細で滑らかな表示が可能となります。

iPhoneXsの解像度が2436×1125ピクセルなのに対して、iPhoneXs Maxでは2688×1242ピクセルとなっています。iPhoneXs Maxでは、ディスプレイサイズを大きくした分だけドット数を増やすことで、しっかり解像度を保っています。

大型化しても画面を粗くなっていませんので、滑らかな高画質の表示を楽しむことができます。

iPhoneXs Maxのディスプレイは第三者機関の評価でも最高ランク。

iPhoneXsMaxは、ディスプレイ分析をおこなうDisplayMateがこれまでに与えてきた最高評価のA+を獲得し「Best Smartphone Display Award(ベストスマートフォンディスプレイアワード)」を受賞しています。

評価項目は、ディスプレイの色彩、カラーマネジメント、解像度、視野角など多岐に渡る項目を綿密に分析して、評価をおこない総合点において、ランク付けを行った結果、受賞したというものです。

これらのいずれの項目においても、iPhoneXS Maxは最高点を獲得し、ほぼ完璧なディスプレイで高い評価を得ています。なお、iPhoneXSにおいてもほぼ同様の評価となっており、史上最高のディスプレイという事ができます。

iPhoneXs Maxのスピーカー音量・音質ともに◎

iPhoneXs Maxのスピーカー音量・音質ともに◎iPhoneXs Maxのスピーカー音量・音質ともに◎

Appleは、2018年度の新機種発表会の際に、スピーカーシステムにも改良を加えたとプレゼンしていました。

iPhoneXs/iPhoneXsMaxは、新しいスピーカーシステムが搭載されていて、音質・音量ともに従来のiPhoneよりもパワーアップしています。

しっかりと響く低音から、クリアな高音まで、最適にチューニングされています。一部メディアで、Galaxy Note9とiPhoneXsMaxのスピーカー比較をしていましたが、最大音量においても音質においても、圧倒的にiPhoneXsMaxが優れていました。

音楽プレイヤーのiPodから派生しているだけあって、Appleは音へのこだわりも大切にしている事がわかります。

私も、実際に店頭の体験機を用いて騒がしい店内でiPhoneXsMaxで音楽を再生しましたが、とてもクリアに聞き取る事ができした。これは、自宅などでゲームや音楽、ムービーなどを視聴する際にもとても役立つと思います。

また、iPhoneXsと同時に再生してみましたが、iPhoneXs Maxのほうが最大音量が大きいようですが、公式な数値などは公表されていませんので、興味のある方はお店などで自分の耳で確かめてみましょう!

iPhoneXs Maxの電池持ちはいい?バッテリーも大きいのか?

iPhone史上最もディスプレイサイズが最も大きいiPhoneXsですが、気になるのは電池持ちです。

大型化した場合は、電池容量もアップさせ連続使用時間を延ばすのが一般的ですが、iPhoneXsMaxではどうなのでしょうか。

結論から言うと、iPhoneXs MaxもほかのiPhoneと比較して連続待ち受け時間はほとんど変わりません。

具体的なLTE通信時間ですが13時間となっています。この数値は、iPhone8PlusやiPhoneXsと同等の通信時間となっています。

ディスプレイが大きいからと言って、消耗が早いという事もなさそうですので、従来のiPhoneユーザーにとっては、今まで通りのイメージで利用することができそうです。

iPhoneXs MaxとiPhoneXsの価格差は。

iPhoneXsとiPhoneXs MaxをAppleで購入した場合の価格差を、ストレージ容量別に見ていきましょう。キャリアから購入の場合は値段が異なります。

【iPhoneXs】
64GB 11万2800円(税別)
256GB 12万9800円(税別)
512GB 15万2800円(税別)

【iPhoneXs Max】
64GB 12万4800円(税別)(+1万2000円)
256GB 14万1800円(税別)(+1万2000円)
512GB 16万4800円(税別)(+1万2000円)

iPhoneXsとiPhoneXs Maxの価格差は、全ストレージ容量において一律で1万2000円高くなっている事が分かります。

iPhoneXs Maxは「大きくて高い」という先入観がありますが、iPhoneXsに1万2000円をプラスすると、iPhoneXs Maxにできます。

ちなみに、「有機ELパネル搭載」という事で全体的に価格が高い傾向があり、512GBに至っては16万4800円とフルスペックのパソコンよりも高価な値段となっています。

分割契約が主流の日本ですが、iPhoneXsMaxの512GBを24回分割払いにした場合は機種代だけで、月々6866円(税別)となります。

機種にこだわらなければ、すべてコミコミで1980円でスマホを持てる時代に、通信量を含まない端末代金だけで月々6866円というのは、やはり高価と言わざるを得ません。

iPhoneXs Maxのカラーバリエーションは?特別色はある?

iPhoneXsMAXのサイドパネルiPhoneXsMAXのサイドパネル

iPhoneXs Maxを買うとする場合は、何色を選ぶことができるのでしょうか。

カラーラインナップは、ゴールド、シルバー、スペースグレーの3色展開です。

また、Appleは特別色を後から追加することがあります。iPhoneXRでは、6色という豊富なカラーが用意されていますが、iPhoneXs Maxでも新色追加はあるのか注目です。

iPhoneXs Maxの名前はダサい?Appleらしからぬネーミングセンスか?

iPhoneXs MAXのネーミングiPhoneXs MAXのネーミングはあり?

最後に、番外編でネーミングについての考察です。

Appleが6.5インチの最先端スマートフォンに名付けたiPhoneXs Max(マックス)というネーミングについて、賛否両論巻き起こっています。

そういえば、マックスという単語を、日常的に使う人もあまり出会わない気がします。

シンプルにiPhoneXs Plusとかでも良かった気がしますが、ネーミングにも戦略があるのでしょうか。いずれにしても、最先端で最高のスマートフォンであることに変わりはありません。

【追記】iPhoneXs/Xs Maxはホーム画面が、横画面(ランドスケープモード)非対応。


Source:https://www.iphonelife.com/blog/32671/tip-day-ios-apps-landscape-mode-iphone-6-plus

上記画像は、iPhone Plusシリーズでホーム画面を横向きにした際の「ランドスケープモード」ですが、iPhoneXs Maxのホーム画面やAppStoreなどは、この横向きモードに対応していません。(なお、メモやメールなど一部アプリは対応しています)

iPhoneXs Maxの6.5インチの大きさがあれば、縦だけでなく、スタンドやケースを支えにして横向きでの活用したいというシーンも想定されます。

iPhoneXsMaxは、肝心のホーム画面が横向きモードに完全対応していない為、iPhone8 Plusでできたはずの、スムーズな横向き画面の活用ができなくなっています。

理由としては、Face IDが横画面が認証できない為とされているようです。

iPhone Plusシリーズなどで、横向き画面を愛用していたユーザーがiPhoneXs Maxに機種変更する際は注意が必要です。