iPhoneXs Maxのサイズは大きすぎ?価格も高すぎ? 性能をiPhoneXsと比較してみた。




iPhone




iPhoneXs Maxのサイズは「デカい」「デカすぎ」という声も、実際は。

iPhone史上最大の6.5インチのSuper Retina HDディスプレイが搭載されたiPhoneXs Max。

Appleの新機種イベントでも「BIG」という、単語が連発されていたように、そのサイズ感に注目が集まっています。実際の所、iPhoneXsと比較した場合の違いはサイズだけなのでしょうか。

今回は注目のiPhoneXs Maxについて、iPhoneXsと比較しながら、サイズ感や性能面(スペック)、価格などを分析していきます。

iPhoneXs Maxの本体サイズをiPhoneXsと比較、どのくらい大きいのか?。

iPhoneXsMaxは6.5インチのディスプレイサイズとなっています。

市場には7インチのタブレットも多く存在していることから、スマートフォンのディスプレイサイズとしては、限界点に近いサイズとなっています。

iPhoneXsMaxは、高さ157.5mm、幅77.4mm、厚7.7mm、重さ208グラムとなっていますが、iPhoneXSと比較するとどのくらい大きいのでしょうか。表にまとめてみました。

iPhoneXs Maxの本体サイズを比較。

やはり、全体的にiPhoneXsMaxのほうが上回っています。そして、興味深いのは、iPhone8 Plusとのサイズ比較です。

iPhoneXs Maxは、「6.5インチ」というディスプレイサイズのせいか、過去最大のボディサイズだと思われていますが、「高さ」と「幅」に関しては、iPhone8 Plusよりもコンパクトです。

iPhoneXs Maxの本体サイズを比較。

厚さも0.2mm、重さもたった6gしか増加していませんので、従来のiPhone Plusシリーズのユーザーにとっては、iPhoneXs Maxのサイズは苦にならないかもしれません。

iPhoneXs Maxの処理速度、性能(スペック面)を比較。

iPhoneXs Maxの性能/スペックについて見ていきたいと思います。

iPhoneXs Maxには「A12 Bionicチップ」「次世代のニューラルエンジン」が搭載されています。これは、iPhoneXsとまったく同じチップセットです。

つまり、大型のiPhoneXs Maxだけ特別なチップが搭載されている訳ではありません。

メモリ(保存領域のストレージではなく、処理に使用するRAMメモリ)においても共通で、iPhoneXsとiPhoneXsMaxともに4GBのメモリが搭載されています。

従って、iPhoneXsとiPhone XsMaxは、CPUもメモリ(RAM)も全く同じですので、処理性能・処理速度は全く同じです。

次のページでは、価格差などを見ていきます。