iPhoneXsMAXと一緒に買っておきたいおススメグッズを紹介します!【実際に使っています】




iPhoneXsMAX

6.5インチの大画面を誇るiPhone XS Maxですが、大きさゆえの苦労があるのも事実です。

今回は、iPhone XS Maxを購入する際に一緒に買っておきたいものを紹介していきます。




iPhoneXsMax用おすすめグッズ1 スタンドリング

iPhone XS Maxにおいて、一番ネックとなるのがそのグリップ性の悪さです。

本体幅が広いため、がっちり手で握りながら操作するのは非常に難しいです。

そこで、重宝するのがスタンドリング。

本体ケースに取り付けておけば、操作中にもリングに指を通しておくだけで安定感が全然違います。

スタンドリングを装着させるのは、基本的には両面テープを使う場合がほとんどです。

接着面を本体に直接つけると剥がす時に傷がついてしまったり、跡になりますので、ケースにつけることをおすすめします。

また、最初からならスタンドリング付きのケースもあります。また、100均一のダイソーなどでちょうどいいスタンドリングも置いています。

リングは指を通すだけでなく、デスクなどにおいてスタンド視聴時のちょうど良い角度で固定する支えにもなりますので、大画面で動画見たい方には特におすすめです。

iPhoneXsMax用 おすすめグッズ2 クリアケース

iPhone XS Maxの色の魅力は光沢あるステンレススチールです。

どの色にも、アップルの色の専門家が選び抜いた色となっており、本体を覆い隠すカバーをつけた場合は、せっかくの色味に見る事ができません。

アップルが決めた色を最大限楽しむためには、やはりクリアケースが最適だと言えるでしょう。

特に、光沢感は高級感のあるiPhone XS Maxであればなおさらです。

iPhoneXsMax用 おすすめグッズ3 衝撃吸収フィルム

iPhone XS Maxでは、202gと本体重量もMAXです。

重たいものを落下させた時の衝撃は、画面のディスプレイやボディを壊すには十分すぎるほどの破壊力があります。

ちなみに、iPhone XS Maxのサイドパネルに使われているステンレススチールは、これまでのiPhoneシリーズのメイン素材となってきたアルミニウムと比較すると強度はだいぶ強化されていますが、やはりディスプレイ面はガラスなので打ち所が悪ければ、すぐに割れてしまいます。

絶対に落とさないつもりでも、何が起こるか分かりません。最悪の事態を想定して、落としても大丈夫な備えをしておきましょう。

10万を平気で越えるiPhone XS Maxだからこそ、万が一に備えて防護体制をしっかり整えておく事が大切です。

まとめ

大画面だからこそ、発生するデメリットを解消するアイテムを紹介しました。

iPhoneXs Maxのサイズは大きすぎ?価格も高すぎ? 性能をiPhoneXsと比較してみた。
iPhone史上最大の6.5インチのSuper Retina HDディスプレイが搭載されたiPhoneXs Max。 Appleの新機種イベントでも「BIG」という、単語が連発されていたように、そのサイズ感に注目が集まっています。実際の所、iPhoneXsと比較した場合の違いはサイズだけなのでしょうか。 今回は注目の新機種iPhoneXsMaxについて、分析していきます。

テックキャンプ

タイトルとURLをコピーしました