楽天モバイル「SIM」「eSIM」どっちがいい?→結論、SIMがいい。

楽天モバイルで契約する際、nanoSIMかeSIMを選択することができます。

どっちにしたらいのか迷っている人も向けに、詳しく解説していきたいと思います。

結論、「SIM」がおすすめ。

楽天モバイル「SIM」「eSIM」どっち?→結論SIMがいい。
引用:楽天モバイル公式ページ

まずは、結論から言うと、SIMを選択するのがおすすめです。

SIMを選択するメリットはは、スマホ本体から自由に出し入れができる点です。

例えば、スマホが壊れた時、機種変更した時、電波状況に一時的な不具合が発生した時、など手動でSIMカードの出し入れが必要なケースは多いです。

eSIMを選択した場合、本体に内臓されている為、一切取り外しができません。

以下、詳しく解説していきます。

「SIM」を選ぶべき理由・・コスパが良い・便利・簡単

「SIM」を選ぶべき理由・・コスパが良い・便利・簡単

SIMカードは、SIMトレーに乗って本体に挿入されています。

SIMトレーは小さな穴が開いていて、クリップの先などで、グッと押し込むと中からトレーが飛び出してきます。

スマホは電子機器なので、故障する可能性は常にあります。

万が一、スマホが故障して使えなくなった時に、物理的に抜き差しして、他のSIMフリースマホに挿入するだけで、簡単に同じ電話番号/通信回線を使用することができるのがSIMの最大のメリットです。

「eSIM」は取り外せない。

eSIMは内蔵型のカードのため、物理的な差し替えは不可能です。

eSIM端末が故障した場合には、キャリアセンターに申請して、オンライン環境で必要なプログラムを入手して、インストールするなど面倒な作業をしなければなりません。

内蔵型の埋め込みSIMデータを活用するシステムなので、センターと連携してデータ入れ替え作業が必要となります。

万が一の時は、「スマホが壊れた」とネットで申請する必要があるのに、肝心のスマホが壊れていたら、申請もできず、途方に暮れることになります。

SIMカードと比較すると、オンラインでのやり取りで完了しますので、入手スピードこそ速いですが、拡張性や自由度では物理カードに劣ります。

eSIM端末はお値段が高め

また、eSIMは対応端末が限られており、最近発売された端末しかeSIMを使うことが出来ません。

新しい機種を購入する場合、機種自体のお値段が高くなってしまいます。

SIMカード端末であれば、比較的旧型のリーズナブルな機種でも対応できますので

万が一の時は、時間も手間もコストもかかってしまうのがeSIMです。

「SIM」なら、機種変更も自由自在!

最近では、携帯キャリアだけではなくamazon/楽天などのネット通販でも、SIMフリースマホを入手できるようになりました。

SIMを選択した場合は、気軽に取り外して、差し替えるだけなので、新しいスマホが届いたら抜き差しして使用することができます。

iPhone/Android間での、差し替え利用も可能

物理カードにしておけば、今日はiPhoneの日、今日はAndroidの日といったように、物理的に差し替えながら使用することもできます。

複数台を所有していて、状況に応じて使い分けたい!といった、場合でも物理的SIMカードのメリットがあります。

楽天の、nanoSIM/eSIMとは何だ?

SIM(シム)とは、スマートフォンの電波を拾うための小さなカードです。

正しくデータが書き込まれたSIMが本体に入っていなければ、携帯キャリアの電波をキャッチして、通話や通信をすることはできません。

なお、Wi-Fiなどがあれば、SIMがあればかろうじて通信はできますが、Wi-Fi圏内から離れてしまうと、通信も通話もできず、極めて重要なカードです。

本記事では、SIMを圧倒的に推していますが、クリックひとつで好きに選択できますし、どちらでも問題なく使えるのは変わりません。

最終的に、気に入ったほうでいいと思います。

楽天ではnanoSIM/eSIMどっちがいいか選べる。
引用:楽天モバイル公式ページ

まとめ

結論、「SIM」がおすすめです。状況に応じてSIMカードを出し入れできたほうが圧倒的に便利だからです。

完全内蔵型のeSIMだと、なにかと不便で、応用がききません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です