Apple IDを完全削除する方法!アカウント閉鎖・退会する方法

AppleIDを完全に削除する方法

【2022年10月更新】

iPhoneをやめてAndroidに機種変更する場合や、AppleIDを複数作ってしまった場合など、AppleIDの削除が必要になるケースがあります。

今回は、AppleIDを削除する方法について解説していきます。

AppleIDを削除する前の注意点

AppleIDは、アプリを購入する場合や、iTunesで音楽を購入する場合に必要です。また、iCloudを利用する場合にも、AppleIDがないとアクセスできません。

AppleIDを削除すると、登録した個人情報だけではなく

  • 購入した有料アプリ/各種コンテンツ
  • iPhoneの利用履歴
  • iCloud内の各種データ(バックアップデータ/写真を含む)

などが、すべて削除されます。

お金を払って購入したコンテンツへのアクセス権も消失しますので、ご注意ください。

また、AppleIDの削除作業するデバイスだけではなく、同じAppleIDで利用している、すべての関連デバイスからもAppleID関連のデータが削除されますので注意してください。

iCloudのバックアップも削除される

AppleIDを完全に削除すると、iCloud内のバックアップデータもすべて削除されます。

もし、バックアップが必要な場合、パソコンでiTunesなどを使用してバックアップをとっておきましょう。

AppleIDからサインアウトしてから実施する。

AppleIDを削除すると、サインインだけではなく、サインアウトもできなくなります。

AppleIDの削除前には、すべてのAppleデバイスからサインアウトを忘れないでください。

もし、AppleIDからログアウトできなくなった場合、下取りにも出せず、新しいAppleIDでのログインもできなくなってしまいます。

AppleIDの完全削除は、極めて重大な意味を持つ作業です。本当に必要な作業か、慎重に判断してから実行することをおすすめします。

Apple IDのアカウントを完全削除する方法

Apple IDは以下の手順でアカウントを削除することができます。

  1. AppleIDの管理サイトにアクセスして、ログインします
    ブラウザから、AppleIDの管理サイトにアクセスして、ログインします
  2. 画面下部の「アカウントの削除をリクエスト」をクリックします。
    画面下部のアカウントの削除をリクエストをクリックします。
  3. AppleIDを削除する理由を選択して、次に進むをタップします。
    削除理由を選択して、次に進むをタップします。
  4. 注意事項を読み、問題なければ「次に進む」をタップします。
    「AppleIDでログイン」を使用していたサービスが使えなくなる。サブスクが止まる。などの注意点が表示されます。問題なければ次に進むをタップします。
  5. 利用規約が表示されます。一番下までスクロールして、同意チェックを入れると「次に進む」が青く活性化されます。
    AppleIDの利用規約が表示されます。「とにかくすべてのコンテンツが削除・抹消されます」等の重要な注意点が表示されます。問題がなければ次に進むをタップします。</li><noscript><img decoding=
  6. アクセスコードが表示されますので、メモします(コピペ機能は使えません)。
    アクセスコードが表示されますので、メモします。
  7. アクセスコード入力欄にコード入力して、次に進むをクリックします。
    アクセスコード入力欄にコード入力して、次に進むをクリックします。
  8. アカウントを削除をクリックして完了です。
    アカウントを削除をクリックして完了です。

以上の手順で、AppleID完全削除のリクエスト申請が完了しました。

あとは、Apple側で申請が受理され次第、AppleID削除作業を実施してくれます。

AppleIDの完全削除まで1週間前後

AppleID削除申請をしてから、実際に削除されるまで1週間前後必要です。

Apple側で削除作業の開始前であれば、Appleのサポートに申請することで、AppleID削除をキャンセルできる可能性があります。

Appleのサポートに、削除申請のキャンセルを申し立てる場合、STEP7でメモした、アクセスコードが必要となります。

参考 Appleに相談するApple公式サイト

AppleIDは完全削除後の復元は不可。

AppleIDは完全削除完了後の復元は不可。
※Apple公式サイトより引用

AppleIDの完全削除が完了した後は、いかなる理由があっても、データを復元することはできません。

また、同じメールアドレスでは、AppleIDを再作成するこもできなくなります。

リクエスト中の段階では削除依頼をキャンセルできますが、Apple側で受理されてID削除が完了した後は、復旧させることはできません。

事前に注意事項などをよく読んで実行することをおすすめします。

まとめ

AppleIDの完全削除は、極めて重大な意味を持つ作業です。本当に必要な作業か、慎重に判断してから実行することをおすすめします。

  • AppleIDのアカウント削除は、AppleIDの管理サイトから実施できます。
  • AppleIDの削除前は、必要に応じてiCloud以外のバックアップを作成しましょう。また、他のAppleデバイスで事前のサインアウト作業を忘れないようにしましょう。
  • AppleID削除が完了した後は、二度と復元ができません。また、同一メールアドレスAppleIDの再作成はできません。

2 COMMENTS

iPhone高すぎ

今度、iPhoneをやめてAndroidにするのですが、やはりAppleIDは削除しておいた方がいいですか??

返信する
管理人

>iPhone高すぎ さん

結論から言うと、今後iPhoneに戻る可能性があれば、AppleIDの完全削除までする必要はないかと思います。

なぜならば、次回iPhoneを使い始めた時に、AppleIDを再活用することで、いままで購入したコンテンツなどを引き継ぐことができるからです。

また、iPhone以外にも、iPadやMacを保有している場合にも、AppleIDが必要となりますので、完全削除はすべきではないと思います。

ちなみに、AppleIDを完全削除するのは、「今後絶対にiPhoneやApple製品を使用する予定はない!データもすべていらない!」と断定できる場合のみ実施するのがおすすめです。

※なお、AppleIDを残す場合には、不正利用を防ぐため、定期的にパスワード変更をすることをおすすめします。

参考になれば幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です