YmobileのSimカードを、シムフリーのiPad Proで使う方法│写真付き




格安SIM




ソフトバンクのiPad ProをSimフリー化して使いたい

このiPad ProをSIMフリー化して使います。

写真に写っているiPad Proを「SIMフリー化」して、ワイモバイルのシムカードで使う手順を紹介していきます。

ソフトバンク契約で使用していたiPad Proを解約後にSimフリー化、ワイモバイルのシムカードで使っていきたいと思います。

まずは、iPad Pro本体をSimロック解除する

シムロック解除は、My Softbankから、行う事ができます。

iPad Proの番号でログインすると、契約・オプション管理の項目に「Simロック解除」というリンクがありますので、クリックします。

入力欄に、iPad Proの端末製番(IMEI)を打ち込めば、ロック解除は完了です。

※SIMロック解除手続きサービスの受付は、9時-21時にしか利用できません。

simカッターで希望のサイズにカットします。

SIMをしっかりセットをしてからパンチしましょう。

iPad Proに挿入可能なシムのサイズはnanoシムサイズですが、使用したいワイモバイルのシムカードサイズはMicro SIMだったので、調整が必要でした。

Micro SimでもNano Simでも、中心箇所のサイズは同じですので、綺麗にカットすれば使用することができます。

はさみなどでも上手に切り抜ける自信がある人はシムカッターは不要かと思いますが、失敗するリスクを考えるとシムカッター推奨です。

このブログで実際に使用しているのは、こちらのシムカッターです。

チップ部分を残して上手くシム切り抜きができました。

チップ部分を残して上手くシム切り抜きができました。

あとは、切り取ったカードをiPad Proに挿入するだけです。切り口が粗いとトレー挿入時にひっかかってしまいますので、挿入時に違和感がある場合は、無理やり押し込まず、やすりなどでスムーズに挿入できるまで削りましょう。

ワイモバイルの電波もひろっています。

ワイモバイルの電波もひろっています。

シムカードを入れたら、まずはApple IDとパスワードの入力を求められました。

入力を終えると、通常の待ち受け画面に。電波もたっています。

ちなみに、今回使用しているワイモバイルはソフトバンクと同じ電波の為、キャリア名はソフトバンクと表示されるようです。

「APN設定」は必須。

「APN設定」は必須。

電波がたっていますが、WiFiを解除すると、通信ができませんでした。

と、思いましたが肝心の「APN設定」をしていませんでした。簡単に言うとiPad Proにこのカードで通信するよ!という宣言のようなものです。

APN設定をすればシムフリー化完了です。

APN設定用の構成プロファイルについて(Y!mobile)
Y!mobileの「APN設定用の構成プロファイルについて」のページです。

上記のURLはワイモバイルのAPN設定用です。iPad ProでアクセスするだけでAPN設定は完了しました。

APN設定が完了後は、WiFiをオフにしても通信ができました。

以上で、iPad Proの格安SIM化が完了です。

いかがでしたか?

かなり簡単にSimフリー化できました。

ソフトバンクSimのままだと、毎月2700円かかりますが、今回はワイモバイルのSimを使用することで、毎月1000円で使用することができるようになりました。

SoftBankのSimカードを、シムフリーのiPad Proで使う方法
保有しているSoftBankのSimカードを、Simロック解除したiP...

面倒なイメージだったけど意外と簡単なんだね!

私でもできそうね。

Simフリー化を検討する時は対応機種かチェックしてみてください。