【ソフトバンクカード】amazonでの使う時の名義・手順など

引用:https://www.atpress.ne.jp/news/57444

ソフトバンクを契約したらもらえるソフトバンクカード

ソフトバンクカードはamazonでも使えます。

ただ、使用するためのコツなどがありましたので、細かく書いていきたいと思います。

なお、前回の記事では、ソフトバンクカードを発行して1万円チャージするところまで書いています。ソフトバンクカードの発行の経緯からチャージするまでの流れに、ご興味があるかたはバックナンバーをご覧ください。

さぁ「ソフトバンクカード発行」→「セブン銀行ATMでチャージ」までは順調にきています。

今日は、セブン銀行ATMでチャージした、ソフトバンクカードを使ってamazonネットショッピングに活用してみたいと思います。

Amazonでほしい商品をカートインして決済画面へ

Amazonでほしい商品を探し回りました。
今回は、事前にカートインしていた本を購入する事にしました。

ちなみに、「ポイントなどが余ったりした時の為に、事前に必要な商品をカートにいれておくといいよ」と、教えてもらい実践していたのですが、今回は知人のその助言が役に立つことになりました。

期限付きのポイントの消化の時にもそうなのですが、商品が必要だから購入でなく、ポイント消化が目的だと商品選びに時間がかかりますので、迷いに迷って無駄なものを買ってしまうよりは、あらかじめ余裕のある時にカートインしておくのは良い方法だと感じました。

そして、ちょっと変な話ですが、今回は買い物自体が主目的ではなく「ソフトバンクカードをamazonで使えるのかどうか!」が最大のテーマな訳です。

名義欄には、自分の名前を入力しましょう!

決済方法はクレジットカードではなく、新規でカードを追加をクリックします。

ソフトバンクカードに記載がある、カード番号を入力します。

ここで大事なポイントがあります。

ソフトバンクカードの名義欄には「SOFTBANK CUSTOMER」と書いてあるので、amazonでの支払方法登録欄にも、「SOFTBANK CUSTOMER」と入力して支払いを完了させがちですが、それは間違いです。

私は何も知らずに「SOFTBANK CUSTOMER」と入力していました。

結果、購入完了ボタンは押せたですが、amazonの注文ステータスがいつまでたっても、入金完了になりません。

何時間かたってもステータスが変わらないので、いろいろ調べた結果。

どうやら、名義入力が間違っていたようでした。

amazonでの支払名義人欄には、「自分の名前(SoftbankCardの契約者名義)」を入力しましょう!

ソフトバンクショップでソフトバンクカード発行した人の名義となります。

私自身、名義のことを理解しておらず、「SOFTBANK CUSTOMER」と誤って入力した結果、訂正して時間をロスしました。

しかし、このブログ読んだ皆様方は、名義欄に自分の名前を入力する事さえおさえておけば問題ないと思います。

まとめ

数日後、ソフトバンクカードで購入した本が無事に到着しました。

結論「ソフトバンクカードはネットショッピングでも普通に使えます」。

ただ、繰り返しになりますが名義欄だけは注意が必要です。

もし、間違って名義欄に「SOFTBANK CUSTOMER」と入力してしまった場合は、注文確認が支払訂正ができます。

新しく支払方法をつくり、名義の部分を訂正しなおして、支払訂正しましょう。

コメント