なぜ、田中角栄は中卒で 総理大臣になれたのか【令和に考察】




生き方

田中角栄さんといえば、日本を代表する政治家であり、中卒という学歴ながらも、総理大臣の地位にまでのぼりつめた人物です。

世間的には“ロッキード事件”が強烈な印象として残ってしまっていますが、今回フォーカスしたいのは、田中角栄さんの“学歴”と“出世”についての関係です。

なぜ、田中角栄さんは「中卒」という学歴ながらも“東大出身のエリート”との総理大臣の椅子を巡るライバル対決に勝利し、一国の総理大臣にまで登りつめられたのでしょうか。




学歴関係なし、コンピューターのような圧倒的な記憶力。

田中角栄さんは、“コンピューター付きブルドーサー”と呼ばれるほど、緻密に計算をする頭脳をもっていました。

また、どんなに忙しい政治活動のなかでも必ず1日4時間勉強をしていたといいます。

国家予算の数字を暗記し一桁も間違わず、一度あった人間の顔は忘れず、官僚の家族構成、昔行った土地に住む人の事までしっかり覚えていたそうです。

つまり、学歴とは関係ない“地頭(じあたま)”のよさと“圧倒的な努力量”で成功の階段をのしあがっていったのです。

ブルドーザーと称されるほどの行動力。

田中角栄さんの行動力は凄まじいものがありました。目の前の課題をブルドーザーのように即断即決でパワフルに解決していきます。

その行動力は秀でており、一年生議員だった頃から、かゆいところに手が届き、細かいことにも気が回るということで、有力議員からもとても重用され、順調に出世の階段を登っていきました。

また、人気も絶大で戦後最年少39歳で郵政大臣に就任した際には、田中さんの姿をひと目見ようと人垣ができたといいます。

また、総理大臣に就任してすぐに、絶縁状態が続いていた中国との国交正常化は、田中角栄さんの功績のひとつであり、田中さんの行動力のなくして実現しなかったと言えるでしょう。

つまり、抜群の行動力・実行力の前に学歴の高い低いなどは意味をなさないのです。

陳情客の相談も即断即決!

田中角栄さんの自宅には連日陳情客でごった返しましたが、必要であれば、その場で電話をかけまくり即断即決で問題を解決していきました。

地域の治安、災害対応、就職・結婚の相談、などとにかくなんでも話を聞いてくれると評判だったようです。「川が洪水で氾濫して困っている」と陳情に行けば、すぐにダムが建設されたというエピソードも語られています。

相談の際に、後からやると有耶無耶にせず、眼の前でバシバシと解決している姿を見せられたら、学歴なんて関係ないですね!

臨機応変で柔軟な発想ができる。

田中角栄さんの頭は柔軟さも持ち合わせていました。特に、凄まじいのが東京タワーの建築時のエピソードです。

東京タワーが建築基準法にひっかかり工事が進められないということを聞くと、すぐに解決させてしまったのです。

当時の担当大臣に、建築基準法をつくったのは”自分自身”であることを伝えつつ「東京タワーは一般の建物ではないので、建築基準法の高さ制限の対象にはならない」と進言し、見事に東京タワーの建築を開始させてしまったのです。

ちなみに、私達が見ているテレビの免許を放送局に交付したのも田中角栄さんであり、新幹線の敷設に大きく関わっているのも田中角栄さんです。

つまり、田中角栄さんには未来の日本を見通す先見性が備わっていたため、いまわたしたちが当たり前に利用している生活インフラの基盤の構築に大きく貢献しているのです。事実だけで述べると、”中卒の人”が構築したインフラを当たり前のように利用して生活しているのです。

つまり、物事をなすときには学歴は関係ないという勇気が湧いてきますね。

タイトルとURLをコピーしました