Windows10でF5を押さないとアイコンが更新・反映されない場合の解決策│デスクトップエクスプローラー




Windows10でF5を押さないとアイコンが更新・反映されない問題 まとめ




ファイル・フォルダを削除後にアイコンが残る問題。

Windows10でF5を押さないとアイコンが更新・反映されない件

Windows10のデスクトップにおいて、ファイルやフォルダを削除しているにも関わらず、対象アイコンだけが残ったままの状態になるという事象が発生しました。

ファイル自体は削除作業は完了しているので、中身は存在しておらず、いわばファイルがあったという過去のアイコンが残ってしまうのです。

削除をデスクトップ上に反映させるためには”F5ボタン”を押さなければいけません。F5ボタンは手動更新ボタンです。つまり、デスクトップエクスプローラーが自動更新されず手動でリロードすることで、はじめて最新状態になるのです。

ファイルの新規追加・ダウンロード時もF5がないと反映されない。

また、削除だけでなく追加に関してもF5を押さないと反映されなくっていました。ファイルやフォルダ追加・削除、ダウンロードなどがあるたびに自動ではアイコンは増えず、反映させるために常にF5を押す必要がありました。

ファイルもフォルダも日常的に追加・削除はつきものです。

そのたびにF5ボタンを押して反映待ちをしている場合は、仕事の効率が悪すぎます。

今回は、本来の動作に戻すことに成功しましたので、作業内容を備忘録として記録していきます。

デスクトップアイコンを管理しているエクスプローラーを再起動。

まずは、簡易的なエラーが原因の場合の解決策から書いていきます。

Windows10において、アイコンの反映に関係があるのは、エクスプローラーというプログラムです。この、プログラムを右クリックして再起動してみましょう。

・エクスプローラーの開き方
Windows画面下の帯を右クリックしてタスクマネージャーという文字をクリックします。(タスクマネージャーの起動はCtrl+alt+DeleteでもOK)

タスクマネージャーが起動したら、プロセスの中に「エクスプローラー」という文字がありますので、右クリックをして再起動を押しましょう。

問題が軽微な場合はこの操作で解決するようです。しかし、私の場合は全く事象は改善しませんでした。

セキュリティソフトにスキャンしてもらう

続いて行った作業は、Nortonセキュリティでおこなったシステムスキャンです。

簡易スキャンを行ったところ、疑わしいファイルが2つ見つかり自動削除されていました。訪問履歴のクッキーなどにくっついているものだったようです。

その結果、アイコンの削除や追加は、6回に1回程度は反映されるようになりましたが、まったく根本解決にはなりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました