1GBはどのくらい使えたか?動画再生時間の目安は?本当に1GBで足りる? → 絶対、足りないが結論。




まとめ

最近では、格安シムの流行もあり毎月1GBプランを選択するユーザーも多くなってきています。しかし、1GBと言われて気を付けながら使おうと思いつつも、どのくらい使ったら1GBになるかもわかりません。

そこで、今回は月々1GBでどの程度まで通信ができるのかについて調べていきたいと思います。




【前提】実際の1GBプランの使用シーンに則して執筆していきます。

まず、この手の記事、「1GBは~のアプリなら何分使える?」といった記事においては、「Youtubeなら何分?」、「ネット閲覧なら何ページ」、「メールチェックなら何回」、などとひとつのアプリに特化して書きがちです。

ただ、スマホをもったらひとつのアプリだけを使って過ごす人はいないと思います。そこで、当記事では、実際に一カ月の中でどういった使い方になるのかという前提のもと、最終結論を導いていきたいと思います。

・1GBで動画はどのくらい見られるか?

先に結論から言うと、1GBプランではWi-Fiなしで動画を見るデータ量の余裕はありません。

なぜならば、スマホが行っているバックグラウンド通信だけでも簡単に1GBに到達してしまうからです。

しかし、スマホのバックグラウンド通信など加味せず、純粋に動画のみに特化して計算するのであれば、1GBをフルに使って見られる動画は180分程度となります。

しかも、180分というのは360bpsという中画質(粗い画質)で再生した場合の数値です。高画質720bpsの動画であれば90分程度しか見ることができません。

普通画質の場合は1日あたり6分、高画質の場合は1日3分程度で1GBを使い切ってしまいます(1GBを動画のみに使った場合)。

ただ、生活していると動画以外にも、メール返信やニュースチェックなどの、様々な機能を日常的に使う必要があります。また、バックグラウンド通信の容量も計算しなくてはいけない為、1GBの容量を動画だけに使うという計算式のようなことにはなりません。

実際に、1GBプランで使用した経験を踏まえて書きますが、1GBプランにおいて動画を楽しむのは現実的に無理でしょう。1GBプランで動画を楽しむ場合は、必ずWi-Fi環境を整えましょう。

1GBでインターネットはどのくらい見られるか?

1GBプランでは、ヤフー閲覧やメールチェックも極力控えたほうがいいでしょう。

数値上では、何万回閲覧できますなどと書いてありますが、実際に1GBまるごとをYahooを見て過ごすという事にはなりません。

一応、計算だけしていきます。インターネットのYahoo!JAPANは、おおよそ約250KB といわれています。単純計算すると、1GBプランでは、4,000回ほどYahoo!JAPANを閲覧できることになります。

また、メールは1通300文字程度は5kbですので、机上の計算では20万通以上はやり取りできる計算となります。

しかし、1GBプランでは自動通信の影響により、何もしていなくても月に1GBに到達するほどです。

自動通信容量の余剰分で、インターネットを楽しむという考え方をしたとしても、実際に通信容量に余裕を持って使用するのは1GBの場合だとだいぶ厳しいといえます。