【簡単解説】iCloudのバックアップと復元ってなに?写真やアプリを復元できない?時間はどのくらいかかる?




iPhone

【簡単解説】iCloudのバックアップと復元ってなに?写真やアプリを復元できない?時間はどのくらいかかる?




iPhoneのデータをまとめて保管する「バックアップ」。

iPhoneのデータを、まるごと保管しておくことを「バックアップ」といいます。

待ち受け画面・アプリの配列・写真データなどが、バックアップデータとして保管されることになります。

バックアップしたデータの保管場所は、バックアップ方法により異なります。

パソコンとつないでバックアップ作業をした場合はパソコン内に保管されます。また、iCloudでバックアップを行った場合は、iCloud内に保管されることになります。

iPhoneのデータをまとめて保管する「復元」。

保管しておいた「バックアップデータ」を、iPhoneに戻す作業を「復元」といいます。

新しいiPhoneなどに対して、「復元」作業を行う事によって、バックアップ日時時点での、慣れ親しんだ配列と待ち受け画面で、自分仕様のiPhoneとしてそのまま使い始めることができます。

カスタムしたアプリの配列、壁紙、写真データなども、すべてそのまま復元します。しかし、注意が必要なのはアプリのデータや購入した音楽などが入らない場合があることです。

バックアップは、すべてのデータが完璧に移行できるわけではありませんので注意が必要です。

[ LINE ] iPhone8にトーク履歴が半年前までしか移行されていない原因とは
iPhoneの場合は機種変更後にラインのトーク履歴も引き継げる ...

バックアップでもアプリ内のデータは保管されません。

基本的にバックアップは、アプリ本体のバックアップのみで、アプリ内の細かなデータまでは移行はできません。

バックアップデータから復元をかけて、アプリが端末内に入っていたとしても、アプリの中のデータは引き継がれていません。つまり、アプリのアイコン自体はあるけれど、データが入っていない(ログインをしていない)インストールしたての状態になっています。

アプリの中の細かなデータを引き継ぎたい場合、アプリごとにメールアドレスやパスワードを使ってひとつずつログインをして、細かくデータを引き継いでいく事になります。

つまり、事前に旧機種のアプリやゲーム内での事前引継ぎ準備が必要となります。

具体的な例で、LINEの例をあげると、LINEホーム画面にある設定アイコンをタッチすることで、アカウントにメールアドレスとパスワードを紐づけ設定ができます。引き継ぎたいデータがある場合は、事前準備を欠かさないようにしましょう。