【2018年の新作】iPhoneXR/iPhoneXsは買う?買わない?買わない方がいい理由!




iPhone




iPhoneXR/iPhoneXsは買わないべき理由がたくさんあった!

2018年9月12日に正式に発表された新型iPhoneですが、買うべきか、買わないでおくべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

昨年度(2017年)に発売されたiPhoneXユーザーやiPhone8ユーザーに関しては、機種の分割残金が残っている為、変更周期には該当しません。

今回発表のiPhoneXR/iPhoneXsを本格的に検討するユーザー層としては、2年以上前に発売されたiPhone6s/iPhone7/iPhoneSEなどのユーザーがiPhoneXR/iPhoneXsに該当となるでしょう。

しかし、新しいiPhoneだからと無条件で飛びつくのは、少し危険です。

今回は期待が高まっている新型iPhoneだからこそ、冷静な視点をもって、買わないでおくべき理由を考察していきたいと思います。

新型iPhone、生産台数2割減 今秋発売 スマホ自体、技術革新が鈍化し買い替えない人が増加
2017年は世界スマホ出荷台数が初めて前年割れ スマホ/iPho...

iPhoneXR/iPhoneXsはホームボタンが完全廃止されるから買わない!

2018年度に発売されるiPhoneXR/iPhoneXsなどに関しては、ラインアップされるすべての機種からホームボタンが消滅します。

ホームボタンはいままでは、下から数ミリ上の所にありましたが、ホーム画面がなくなったことにより、画面最下部からバーをすくいあげて画面を戻す仕組みになっています。

このほんの数ミリ指を下に下げる作業に違和感を感じるという声もあります。

昨年度は、最新ラインアップ上にホームボタン保有機のiPhone8があったが。

昨年度は、iPhone史上はじめて、ホームボタンが廃止された初の機種である「iPhoneX」が発売され話題を呼びました。

ただ、ホームボタンを保有したiPhone8も同時に発表された為、ユーザーがホームボタンの有無を選択することができました。しかし、2018年度ラインアップにおいては選択の余地はありません。

つまり、「ホームボタンがどうしても必要」というユーザーにとっては、2017年度に発売されたiPhone8が検討対象となりそうです。新機種が発売されたことで、お値段も下がり、最もいい買い時になっています。

なお、ホームボタンが廃止された初めての機種が2017年度に発売されたiPhoneXについてですが、満足度の高い機種としての評価は一定しています。

しかし、iPhoneXを購入するユーザー層は、高いお金を払ってでも最新のテクノロジーに触れたい層が中心でした。

最新テクノロジーが得意ではない、一般のユーザー層が、ホームボタンのないフルスクリーンiPhoneにどの程度慣れていけるかもポイントになりそうです。

iPhoneXS/iPhoneXRはサイズが大きくなるから買わない。

iPhoneXSは、5.8インチ(177グラム)、iPhoneXRは6.1インチ(194グラム)とディスプレイと共に本体も大型化、重量化が進んでいます。

従来のスタンダードである4.8インチ(148グラム)と比較すると、大きさ、重さなどすべての項目で上回っています。

なお、iPhone7 PlusやiPhone8 Plusを使ってきたユーザーにとっては、ほぼ同等のサイズなので違和感を感じないはずです。

しかし、多数派にあたる通常サイズのiPhone7やiPhone8を使ってきたユーザーからすれば、大型化により「片手で操作ができない」「ポケットにうまくおさまらない」「グリップ感が安定しない」など、大型化に伴った弊害もでてきます。

肌身離さず持ち運ぶことになるiPhoneですので、自分の手や生活シーンにしっかり馴染むサイズかどうかも基準のひとつとして重要です。

iPhoenを水周りで使う事はないから買わない!

iPhoneXRはIP67等級、iPhoneXSにいたってはIP68等級と水への強さも過去最高になっています。

特に、iPhoneXSのIP68というのは、ビールやお茶などをかけても動作に支障がなく、数値上では水中でも使えるレベルの防水性能です。

事実、Appleの発表会において、放映された公式PR映像においてはビールが豪快にiPhoneXsにかかるシーンが組み込まれていました。ただ、実際水回りでiPhoneを使う機会がどの程度あるでしょうか。

そして、最も大切な部分を記載すると、万が一浸水して動作に異常がでても、一切メーカー保証はききません。もし、水回りで故障した場合は完全自己責任となってしまいます。

そんな危険を冒してまで、10万円以上する端末を水周りで使う必要性があるでしょうか。

間違って水回りに落下させてしまったときに、守ってくれる緊急用の防水であればiPhone7やiPhone8のIP67等級でも十分と言えそうです。