最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

セブンイレブンでLINE Payの”コード支払い”は使えませんでした→2019年7月度よりコード支払い可能です。

※この記事は、2019年5月現在の情報です。
(2019年7月1日よりセブンイレブンでもコード支払い対応開始しました!)

本日、セブンイレブンで買い物をしたときに、iPhoneの画面にLINE Payのバーコードを表示をさせて、LINE Payで支払おうとしました。しかし、何度やってもレジ画面にエラーがでて使うことができなかったのです。

店員さんも「LINEPayは使えるはずなんですが・・・」と言ってアタフタしはじめますが、何度iPhoneの画面に表示されているバーコードをスキャンしてもエラーが吐き出されるのみ。

気がつくと、後ろにレジ待ちの人が並び始めたので、LINE Pay決済を諦めて、結局、現金支払いでレジを済ませました。

店員さんも言っていたとおり、セブンイレブンでは、LINE Payが使えるはずではなかったのかと疑問が生まれました。レジのところにもLINE Payのマークがあるように見えます。

結論、iPhoneユーザーがセブンイレブンでのLINEPayを使うには“LINE Payカード”が必須。

まずは、結論から言うと、iPhoneユーザーがセブンイレブンでLINE Payで決済するためには、LINE Payカードが必須です。LINE Payカードとは、プリベイド式のカードで、LINEのマイページから無料で申し込むことができます。つまり、セブンイレブンでは、バーコードをスマホに表示させて、スマホ画面をスキャンしてもらうコード決済はできませんので注意が必要です。
LAWSONやファミマでは、スマホ画面に表示されたバーコードで支払いができていたので、コンビニではすべてできると思いこんでいたのですが、セブンイレブンは違ったようです。

(2019年7月1日よりセブンイレブンでもコード支払い対応開始しました!)

Androidユーザーは、カードなしでもQuickPayに紐づけてセブンイレブンでLINEPay決済が可能

上記の通りiPhoneユーザーが、セブンイレブンでLINE Payで決済するには、物理的なLINE Payカードを使うしかありません。

しかし、Android端末ユーザーはQuick Payを利用して、スマホのみでLINE Pay決済ができます。

なお、LINE PayとQuickPayを紐付ける作業がアプリ上で必要となりますので、詳しくはこちらLINE公式ページのリンクからご確認ください。

カードなしでもQuickPayに紐づけてセブンイレブンでLINEPay決済が可能
引用:http://pay-blog.line.me/archives/15981021.html

なお、対応しているAndroidのバージョンは、5.0以上、且つおサイフケータイ®アプリ(6.1.5以上)であることが条件です。よほど、旧型のAndroidスマホでない限りは大丈夫そうです。

LINE Payの決済方法にも種類がある。

今回のセブンイレブンの、LINE Payでのコード支払いができなかったことを体験したことで、LINE Payの決済方法にもいくつか種類があることを知ることができました。

一言でLINE Pay決済と言っても、スマホの画面にバーコードを表示させて支払う方式は “コード支払い”と呼ばれる決済方法です。

世間一般のイメージとしては、このコード決済をイメージしている方が多いのではないでしょうか。私自身も、LINEPay=コード決済と思っていました。

ちなみに、コード支払いができる店舗は、LINE Payの公式ページで検索をかけて知ることができます。

以下の、公式リンクでコード支払いが使える店舗を確認できます。

コード支払いが使える店舗を確認できます。引用:https://line.me/ja/pay/merchant/offline#md_card

当然ですが、コード支払いができる店舗にセブンイレブンは含まれていません。また、iPhoneユーザーがLINE Payを使おうとした場合には、上記のコード支払い可能店舗に、お店の名前がない場合、LINE Payカードが必須となります。

LINE Payカード支払いのメリットは

LINE Payカードは、通常のクレジットカードとは違い、プリベイド式(事前入金式)のLINEと連動したカードです。

物理的なプラスチックカードと、スマホの画面に表示させてオンライン決済のみで利用できるバーチャルカードの2種類存在しています。

プラスチックカードの場合は、LINEPayの画面から申し込むと1週間~2周間程度で届きます。

バーチャルカードの場合は、スマホ画面上のみに表示する形ですが、バーチャルカードはJCB加盟店のみで使えるオンライン決済専用ですので、実際に街の店舗では使うことはできません。

オンライン決済専用のバーチャルカードは利用の幅がかなり狭まりますので、様々な場面問わず使いやすいのはプラスチックカードと言えます。

プラスチックカードの発行に時間はかかりませんので、とりあえず発行だけでもしておくのがおすすめです。

LINEと連動したプラスチックカードのメリット

LINE と連動しているメリットとして、お買い物のタイミング、チャージのタイミングなどでLINE通知があり、お金の動きをLINE上で知ることができるので安心して利用することができます。

また、LINE Payカードの支払でも、「マイカラープログラム」というポイント還元対象プログラムが適用されます。

購入額やグレードに応じて、ポイントが貯まっていきます。

LINE Payカードでの支払いの注意点

LINEPayでは20%還元プログラムといったキャンペーンをたまに行いますが、キャンペーン注意点をよくみると“コード決済のみ”と書いている場合があります。

その場合は、LINE Payカードでの支払いはキャンペーン対象外になってしまいます。

つまり、セブンイレブンでコード支払いができないiPhoneユーザーが、LINEPayカードで決済をした場合は、20%還元キャンペーンの対象外となってしまいます

まとめ

iPhoneユーザーが、セブンイレブンでLINEPayを使いたい場合、LINE Payカードが必須。

Androidユーザーは、QuickPayとLINE Payを紐付けてメインカードに設定すれば、QuickPay経由で、LINE Payの利用が可能です。

関連記事
【コンビニ行かなくていい】LINE Payで電気代を支払う方法│メリット・デメリットとは