【Amazon】荷物が遅い理由とは?発送・配送はいつ?早く届けてもらうには

現在では、「Amazon=すぐに届く」というイメージが世間に定着していますよね?

多くの方がでの購入後、翌日、または翌々日には商品が届いたという経験をしていると思います。

しかし、まれに「Amazonで頼んだのに遅いなぁ…」と商品がなかなか届かないという場合もあるようです。

Amazonと言えども、ネットでのお買い物で欲しかった商品が届かないと不安になってしまいますよね?

この記事では、
・Amazonで購入後の発送が遅い原因
・Amazonの荷物が遅い時の対処方法
・Amazonへの問い合わせ方法

についてご紹介していきたいと思います。

Amazonでの購入後、「配送が遅くて商品が届かず困っている方」は是非参考にしてみてください。

Amazonで購入後の発送が遅い原因

Amazonで購入後の発送が遅い原因

「Amazonで商品を買ったのに、未だ発送すらしていない…。なんで?」

そんな場合、このような6つの原因が考えられます。

  • 出荷が遅れている
  • Amazonに在庫がない商品だった
  • Amazonセール期間で引用:の購入
  • 受け取り場所の住所に不備がある
  • 支払いが完了していない
  • Amazonからの連絡を見落としている

理由1:出荷元の発送が遅い

アマゾンのヘルプぺージにも記載されているように、購入した商品の出荷元が購入した商品の出荷元がと記載されていれば、通常、48時間以内に発送されることが多いです。

Amazonの出荷元の発送が遅い
※出荷元は、商品ページの「カートに入れる」「今すぐ購入」ボタンの下に記載されています。

しかし、以下のケースには出荷が遅れる場合もあります。

  • Amazon出荷の商品ではない
  • 複数商品を購入し「できる限り商品をまとめて発送」を選択した場合
  • 予約商品を購入した場合

Amazon出荷ではない商品とは?

Amazon出荷ではない商品とは?

Amazonには、個々のお店も出品・販売をしています。

Amazonのサイトで購入できるが、個々の出品者が販売主だった商品の場合、定休日など出品者の都合により発送が遅れる場合があります。

私個人的にも、急ぎの場合は、発送主・販売主どちらもAmazonの商品を選ぶようにしています。

ちなみに、購入したお店の発送基準・営業日などは、注文履歴から確認ができますので、どれくらいで発送されるか目安として、チェックしてみるのもおすすめです。

「できる限り商品をまとめて発送」とは?

Amazon購入品で発送が遅れている事例として多いのが、複数商品を購入して、まとめて発送を選択してしまっている場合です。

送料・手数料・受け取りの手間を最低限に抑えられるメリットはありますが、発注したすべての商品が揃うまで発送がされません。

まとめて発送を選択する場合、商品の到着までに、どれくらい時間がかかるかの目安を、商品ごとに確認することができます。

とにかく急ぎで手元に欲しい商品が含まれている場合、「まとめて発送」オプションは選択しないのが無難です。

理由2.Amazonに在庫がない商品だった

Amazonの商品説明欄に、発送予定日・発売日などが記載されているものがあります。

これは、現時点では在庫が無いけれど、入荷予定があるので、注文できる状態にしてある商品という意味です。

予定日はあくまで予定なので、更に延期する場合もあり得ます。

Amazonの商品ページに、遠い日時が記載されていた場合、発送日時には変動する可能性がある、それ以上に時間がかかる可能性を了承したうえで、購入しましょう。

ちなみに、Amazonで発注した商品にはトラッキングIDという追跡番号が付与されて、現在の状況がどうなっているか確認することもできます。

トラッキングIDへのアクセス方法は下記の手順が参考になります。

参考:Amazon「トラッキングID」で配達状況を追跡・確認する方法!

在庫数の表示ミスの場合も
在庫数の表示ミスが遅い原因かも

アマゾンマーケットプレイスでの購入した場合、在庫管理は個々の出品者が行うため、購入したものの、実は在庫が無かったというケースも見受けられます。

筆者自身も、マーケットプレイスでの購入後、出品者から「在庫切れの為、注文自体をキャンセルして欲しい」旨のメールが送られてきた経験があります。

Amazonが発送する商品でも在庫が無い場合や、マーケットプレイスでの購入時で到着を急ぐ場合には、注意が必要です。

理由3.Amazonセール期間での購入

理由3.Amazonセール期間での購入
Amazonでは、一年を通して何度もセールが行われています。
セール期間中は購入者が増加する為、発送までの時間が普段より長くかかります。

毎日行われている小規模な特選タイムセールから、初売りセールやブラックフライデーなどの大規模セールまで様々あります。

Amazonの主な大規模セールは以下の通り。

  • 1月 初売りセール
  • 3月 新生活セール
  • 7月 プライムデー プライム会員限定(無料体験有)の年に一度のビッグセール
  • 11月 ブラックフライデー

上記のような大規模セールが行われている期間の、購入には注意が必要です。

セール期間中にお得にお買い物をしたい場合は、発送までの時間が普段より長くかかることを理解した上で購入されることをおススメします。

価格よりも配送スピードを重視したい場合、とにかく早く商品が欲しい場合は、大規模セール期間以外で購入した方がスムーズかもしれません。

購入者側に原因がある場合

理由4.受け取り場所の住所に不備がある

理由4.受け取り場所の住所に不備がある
初めてAmazonを利用する場合や、引っ越しなどにより住所変更した場合は購入者が受け取り場所を指定します。

その場合、入力した情報が間違っていると配送が遅れてしまう場合があります。

あまりに商品が届かない等の場合は、購入者側の受け取り場所情報に不備がある可能性も考えられます。

郵便番号が間違っている、番地や部屋番号が未記入ではないか等、もう一度チェックしてみましょう。

受け取り場所の住所の確認方法

【PC版】
Amazonのサイトを開く」>「画面左上の[三]メニュー 」>「ヘルプと設定の中のアドレス帳を開く」>「既定の住所をチェック」
【スマホ版】
Amazonのアプリを開く」>「多面下から二番目の人のマークをタップ」>「支払い&住所のアドレス帳の管理をタップ」>「個人住所」の中の「既定の住所」をチェック

理由5.支払いが完了していない

理由5.支払いが完了していない
注文後、支払いが完了していないと例え在庫がある商品でも「出荷準備中」のまま発送されない状態が続いてしまいます。

Amazonでの支払いにはいくつかの方法がありますので、それぞれの支払い方法のチェックポイントを確認してみましょう。

<支払い方法>

  • クレジットカード決済
  • コンビニ払い
  • ATM
  • 代金引換
  • ネットバンキング
  • 電子マネー払い

チェック1:初めてクレジットカードを登録した場合

始めてクレジットカード登録した場合、下記の内容に誤りがないか確認してみましょう。

・入力した番号や有効期限に誤りはないか?
・コード入力に誤りはないか?
・名前などに誤りがないか?

チェック2:以前から同じクレジットカードを利用している場合

過去に問題なく決済できていたクレジットカードでも、なんらかの理由で決済が失敗している可能性もあります。

・有効期限が切れていないか
・引き落とし口座の残高不足による利用制限がかかっていないか

など、正常に決済するにあたって、問題がはっせいしていないかチェックしてみましょう。

チェック3:クレジットカード以外の支払い方法でのチェックポイント

決済方法を、振り込みやコンビニ払いにしたまま、決済するのを忘れていると、発送はされません。

・うっかり支払いを忘れていないか?
・「お支払い番号」の支払い期限が過ぎていないか?

など、支払い忘れにも注意しましょう。

「お支払い番号」とは?

Amazonでクレジットカード以外の支払い方法を選択した場合、購入後に「お支払い番号」が記載されている「お支払い番号お知らせメール」が届きます。

この「お支払い番号」をコンビニや銀行の店頭端末に入力して、決済手続きをすることにより支払い完了となります。

そして、「お支払い番号」には期限があります。期限は、番号発行日から5日後の23時59分となっていますので、期限が切れていないかを確認してみましょう。

理由6.Amazonからの連絡事項を見落としている

Amazonからの連絡事項を見落としている

Amazonで発注した荷物が想定より遅い場合、なんらかのトラブル・アクシンデントがあった可能性もあります。

なにか不測の事態が起こっていないか、メッセージセンターにアクセスして、Amazon側からなんらかの連絡が入っていないか確認してみましょう。

最近は、Amazonを語る詐欺メールが大量発送されていますので、Amazon内にあるメッセージセンターからチェックするのが確実です。

メッセージセンターへのアクセス方法は下記の手順が参考になります。

参考:【解決】Amazonからメールが来ない!届かない!→メッセージセンターで確認できる。

Amazonへの問い合わせ方法

もし、上記のような可能性を踏まえても、荷物が遅い理由がが見つからない場合、なんらかの不測の事態が発生している可能性があります。

Amazonには、直接問い合わせを受けつける窓口が用意されていますので、下記の手順で荷物の現在状況について問い合わせてみましょう。

Amazonのカスタマーサービスへ問い合わせる

Amazonのカスタマーサービスへ問い合わせる
2022年12月現在は電話での問い合わせは受け付けしていないようです。

Amazonカスタマーサービスページにも
「現在、一時的にカスタマーサービスへの電話がご利用いただけなくなっております。」
との記載がされています。

問い合わせに対してはチャットのみの対応のようです。

Amazonにチャットで問い合わせる手順

  1. Amazonのトップページ
  2. カスタマーサービスをクリックします。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認1
  3. 問合せ内容の一覧が出てきます。注文内容についてをクリックします。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認2
  4. 注文した商品一覧が出てくるので、配送が遅い商品を選択します。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認3
  5. 「この商品についてどのようなヘルプが必要ですか?」の一覧から該当項目をクリックします。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認4
  6. 選んだ項目の詳細が出てくるので、その中の「カスタマーサービスへ連絡」をクリックします。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認5
  7. 「チャットで問い合わせる」欄の「今すぐチャットを開始する」をクリックします。
    Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認6
  8. 問合せ内容を入力する。「納期の確認」「いつ届きますか?」と言ったシンプルな文言で問題ありません。

最終手段:ほかで調達してAmazon注文はキャンセルする

Amazonのカスタマーサービスで遅い原因を確認7

Amazonの配送が遅くて、必要なタイミング間に合わない場合には、他のお店などで調達して、Amazonでの注文をキャンセルするという方法もあります。

キャンセル方法は、amazonとマーケットプレイスでそれぞれ異なります。

Amazon.co.jpが販売・出荷する商品をキャンセルする

キャンセル出来る条件:出荷準備開始前であること

出荷準備開始前かどうかを確認するには?:注文履歴から確認できます。

  1. Amazonのホーム画面を開きます。
  2. 注文履歴をクリックします。
  3. キャンセルしたい商品にチェックを入れます。
  4. 「チェックした商品をキャンセルする」をクリックします。
  5. キャンセル完了します。

キャンセルが完了すると、AmazonよりEメールでお知らせが届きます。

また、キャンセル済の商品は注文履歴の「キャンセルされた注文」に表示されるので、併せてチェックしてみましょう。

②Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品

Amazonマーケットプレイス出品者の多くは、キャンセルや返品など販売後の処理を全て各出品者が行っています。

その為、独自のキャンセル条件が設けられている場合があります。

しかし、Amazon.co.jpの基準に準じて販売しているので、「出荷準備開始前」の状態であればキャンセルリクエストを受け付けてもらえる場合が多くあります。

とはいえ、全ての出品者が応じてくれるとは限りませんので、

  1. Amazon購入履歴確認ページ(Amazon公式)
    から商品ページへアクセスします。
  2. 出品者をクリックします。
  3. 「返品・保証・払い戻し」から商品キャンセルの条件を確認後、キャンセル手続きを行いましょう。

在庫切れなど、出品者側の事情による発送遅延の場合は、キャンセル対応に応じてくれる可能性もあるので、早めの問い合わせをおススメします。

まとめ

今回は、Amazonで注文した商品の発送が遅い場合の原因と対処法、Amazonへの問い合わせ方法をご紹介しました。

せっかく注文した商品が遅いととても不安になりますよね?
その場合は、落ち着いて思い当たる原因から一つずつ確認してみてください。

どうしても原因が見当たらず、対処できない場合はAmazonのカスタマーサービスへ問い合わせしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA