APPLE COM BILLとは?請求内容の確認方法!返金手順も解説!

APPLE COM BILL(アップルコムビル)から、クレジットカードに請求されている、身に覚えがないお金がありませんか??

筆者も、クレジット明細を確認していて、利用した記憶が全くないものだったので、焦ったことがありました。実は、不正利用の可能性もあるため、早急に確認が必要です。

今回は、APPLE COM BILL(アップルコムビル)の内訳確認と返金手順などについて詳しく解説していきます。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)とは何?

APPLE COM BILL(アップルコムビル)とは何?

APPLE COM BILL(アップルコムビル)とは、AppleID経由で決済をしたときに、クレジットカード明細に記載される名前です。

AppleIDを登録する際に、事前登録していたクレジットカードが利用されています。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)から、請求があがってくるのは下記の場合です。

なにか心当たりはありませんか?

  • iCloud有料ストレージ購入
  • App Storeアプリ購入
  • iTunes Store楽曲購入
  • Apple Books書籍購入

もし、全く心当たりがない場合は、不正利用などがないか確認する為の、Apple公式の問い合わせセンターが用意されています。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)の不正利用 問い合わせ先/原因確認はこちら

こちらのリンクは、APPLEが用意しているAPPLE COM BILLの請求の確認センターです。

APPLE COM BILLの請求の確認センター(Apple公式)

リンクをタップすると、下記の画面に遷移します。

APPLE COM BILLの不正利用 問い合わせ先/原因確認はこちら

画面下部にスワイプすると、「お問い合わせ」の中に、「メッセージ」「電話」が用意されています。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)の不正利用 問い合わせ先/原因確認はこちら

時間に余裕があればメッセージでの問い合わせが良いかと思いますし、早急に原因を特定したいのであれば「電話」がおすすめです。

なお、お問い合わせ方法で「電話」を選択した際の、待ち時間はアクセス状況で変動します。

待ち時間が長く、混みあっている場合、少し時間を空けて様子を見ながら、待ち時間が短い時に利用するのがおすすめです。

ただ、不正利用の場合、時間をあけてしまうと新たな被害が起こる可能性もありますので、多少待ってでも、なるべく早く原因を特定するのがおすすめです。

問い合わせることで、APPLE COM BILLの不正利用の有無や発生原因を確認してもらうことが出来ます。

問い合わせは全て無料ですので、請求原因や不正利用がないかを確認する方法としては、もっとも確実で間違いのない方法です。

なお、APPLE COM BILLの請求原因の中で、最も多いのがiCloudからの請求です。

月額130円がApple Com Billから引き落とされている

Apple Bill Comから毎月130円の請求が来ているという相談が多いですが、

多くの場合は月額130円がApple Com Billとから引き落とされているiCloudの50GBプランを購入してるケースが多いようです。

iCloudの解約手順は下記の通りです。

  1. 「設定」
  2. 「AppleID」
  3. 「iCloud」
  4. 「ストレージを管理」
  5. 「ストレージプランを変更」
  6. 「ダウングレードオプション」
  7. 「無料プラン」

・「設定」>「AppleID」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「ストレージプランを変更」>「ダウングレードオプション」>「無料プラン」

iCloud解約した場合、50GBプランから5GBまでストレージ容量が削減されます。

どのデータがiCloud上に残るかは、選択ができませんので、大事なデータがある場合は、解約前にダウンロードしておきましょう。

ちなみに、iCloudの有料購入はしなくてもいいという興味深い記事がありましたので、一応ご紹介しておきます。

関連記事:iCloudの容量は購入すべき? →結論、購入不要です。

サブスクリプションは毎月請求される⇒解約忘れ多発!

毎月Apple Com Billで同じ金額の請求があがっているケースでは、月額契約(サブスクリプション)となっている状態です。

月額契約(サブスクリプション)とは、継続して使われるアプリなどに採用されている課金モデルです。

一度契約すると、月額定額を支払い続ける代わりに、新たな機能が付与されるなど、より快適に使用することができます。

解約するまで延々と支払いが発生する!

しかし、実はもう使っていないアプリなのに、サブスクリプション解約を忘れた結果、幽霊会員のまま請求だけされているケースも報告されています。

また、一回だけのつもりで登録したところ、継続発生になっていたという事例も、あがっています。

いずれの場合でも、使っていないサービスにお金を払う必要はないので、下記の手順で解約しておきましょう。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法

STEP1
設定をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法1

STEP2
AppleIDのアカウント名をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法2

STEP3
メディアと購入をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法3

STEP4
アカウントを表示をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法4

STEP5
APPLE COM BILLの請求が毎月発生している場合は、サブスクリプションをタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)毎月支払いをストップする方法5

STEP6
登録中のサブスクリプションが一覧表示されます。

不要なものがあれば、「キャンセル」ボタンがありますのでタップして忘れないうちに解約しましょう。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法

STEP1
設定をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法1

STEP2
AppleIDのアカウント名をタップします。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法2

STEP3
メディアと購入をタップします。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法4

STEP6
APPLE COM BILL(アップルコムビル)に請求の原因となったアプリを確認できます。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法5

STEP7
見つからない場合は、期間を絞って探すことができます。
利用明細の請求日と照合してみましょう。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)利用内訳の確認方法6

APPLE COM BILL(アップルコムビル)の請求額と合わない!不正請求?

上記手順でAPPLE COM BILL(アップルコムビル)の請求額が確認できました。

しかし、クレジットの利用内訳と金額があわないというケースもあります。

その場合、同日中に複数のアプリを購入していないか確認してみましょう。

同じ日に複数の決済をすると、金額が合算して請求されるため、個々の決済金額とのズレが生じる場合があります。

APPLE COM BILL(アップルコムビル)返金手順を解説

身に覚えがない不正請求だった場合は、下記の手順で返金申請をすることができます。

  1. http://reportaproblem.apple.comへアクセスします。
  2. 「ご希望の項目を選択してください」をタップします。
  3. 「返金をリクエストする」を選択します。
  4. 返金を希望する理由を選択し、「次へ」を選択します。
  5. 返金したいアプリを選択し「送信」を選択します。

STEP1
Apple返金用のサイトにアクセスします。(FaceID・TouchIDでログインできます。)
参考 Apple返金申請ページApple公式サイト

STEP2
返金をリクエストするを選択します。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)-返金手順を解説1

STEP3
返金を希望する理由を選択し、「次へ」を選択します
APPLE COM BILL(アップルコムビル)-返金手順を解説2

STEP4
画面に表示された返金したいアプリを選択して、送信したら作業完了です。
APPLE COM BILL(アップルコムビル)-返金手順を解説3

後は、Appleの審査が入りますので連絡を待ちましょう。

申請が承認されれば、アプリ代金が返金されます。

返金できない場合

上記の返金申請が受理されるには、支払いのお引き落としが完全に終わっている必要があります。

完全に支払処理が完了していない場合は、手続きはできないので、ご注意ください。

また、理由が合理的でない場合なども、非承認となりますので情報は正しく入力しましょう。

Apple Com Billの支払いに心当たりがない/見つからない場合

ファミリー設定で家族が購入した

iPhoneには、ファミリー設定といって、家族で様々な情報をシェアできるサービスがあります。

多くの場合、子供が勝手に間違って買ってしまったということもあるようです。

また、操作がわからず、適当にタップした結果、知らないうちに購入していたという事例もあるようなので、家族に確認してみましょう。

Apple IDを複数保有している

AppleIDを複数保有している場合にも、請求内容が確認できないケースがあります。

機種変更した時に、AppleIDを新しくした。パスワードを忘れて作り直した、など複数のIDを保有していないかなどを確認してみましょう。

iPad/Macで購入した

AppleIDは、複数デバイスで同時にログインできます。

iPhone以外にも、Appleデバイスを保有している場合には、そちらのデータも確認してみましょう。

どうしても心当たりがない場合、Appleサポートセンターへ問い合わせてみましょう。

参考 Appleに相談するApple公式サイト

2 COMMENTS

渡邉 厚子 

何を購入したのか全く心当たりがありません。6月22日、7月21日、8月22日に130円使ったことなっているので、カードからは、8月に引き落とされ、9月、10月と引き落とされることになっています。解約したいのですが、appleかiphoneからの説明はありますが、Windowsからの説明がみあたりません。引き落とされたのは仕方がないとしても、これからは引き落とされないように手続きをしたいです。どうしたらよいでしょうか。

返信する
管理人

>渡邉 厚子 様

AppleBillcomから130円のご請求に悩んでいらっしゃるのであれば、iCloudの有料ストレージ50GBに加入してしまっている可能性が高いと思います。

Windowsパソコンから、AppleBillcomの請求を止める方法は下記の通りです。

・Apple公式サイトからWindows 用 iCloud をインストールします。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204283

・インストール完了したら、iCloudを開きます。

その後、iCloudのコントロールパネルが表示されますので、コントロールパネルの右下にある「ストレージ」をクリックします。

後は下記の手順通りに進めてください。

「ストレージ」>「ストレージプランを変更」>「ダウングレードオプション」>「Apple ID のパスワードを入力」>「管理」>「5GBの無料プラン」or「なし」>「完了」を選択します。

AppleBillcomからの請求を解除するには、「5GBの無料プラン」を選択するか、「なし」を選択するのが大切なポイントです。

なお、iCloudの有料プランを解除した場合、iCloud上に保存できる容量が小さくなります。大切なデータがiCloudにある場合、事前にダウンロードや保管をしておくことをおすすめします。

ストレージ容量が無料の5GBに変わるタイミングは、有料サブスクリプションの登録期間が満了後になります。ほとんどの場合、1ヶ月単位です。

毎月22日前後に請求が発生しているのであれば、22日が登録の区切りですので、遅くともその2日前(20日前後)には、各種処理が完了しているのが望ましいかと思います。

もし、上記手順でもうまくいかない場合はお気軽にご相談ください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です