最高のBlu-rayコピーソフト!

【iOS14/watchOS7】 室外ウォーキングの詳細が表示されない時の対処方法 (地図・天気・気温を表示する手順)

地図・天気・気温を表示させる手順

AppleWatchをWatchOS7にアップデート後、iPhoneをiOS14にアップデートした結果、室外ウォーキングの地図・天気・気温が消えてしまった場合の対処方法について解説していきます。

なお、こちらの不具合は世界的にも報告されており、Appleでも公式のサポートページ(英語)を設けています。

今回は、Appleの公式ページを参考に具体的なデータ復元の手順を簡単に解説していきます。

ワークアウトデータを復元する方法

まずは結論から言うと、過去の室外ウォーキングで記録した、地図・天気・気温の記録は復元可能です。

Appleのアナウンスとしては、アップデート後には過去データが表示されていないだけで、サーバーレベルには過去のワークアウトの記録が残っているようです。

ただし、簡易的な操作での復元ではなく、かなり困難な作業ですので、どうしても復元したい場合を除き、あまりおすすめしません。

具体的な復元方法は以下の通りです。

まずは、AppleWatchをiPhoneとのペアリングを解除します。

解除する理由としては、過去の記録を復元するために必要な「バックアップデータ」をつくるためです。

  1. iPhoneに表示されているWatchアプリを選択。
  2. 「マイウォッチ」をタップ、次に「すべてのウォッチ」をタップします。
  3. ペアリングを解除するAppleWatchの横にある情報ボタンをタップします。
  4. 「AppleWatchのペアリングを解除」をタップします。

AppleWatchは、ペアリングを解除した時点で、初期化されてしまいますが、同時にバックアップデータもつくられるため、データが消失することはありません。

なお、今回の作業ではAppleWatchだけではなく、iPhone側もバックアップを作成した後に、初期化・復元の作業が必要です。

iCloudで復元できない個別のアプリもありますので、この作業を行う場合は、機種変更前のような細かなバックアップを慎重に行いましょう。

iPhone側でバックアップをつくる。

iCloudのバックアップを作成する

  1. ネジのマークの「設定アイコン」をタップします。
  2. iCloudをタップします。
  3. 「ヘルスケア」がオンになっていることを確認、オフならばタップしてオン(緑色)にします。
  4. iCloudバックアップを選択します。
  5. iCloudバックアップがオンになっていることを確認、オフならばタップしてオン(緑色)にします。
  6. [今すぐバックアップ]をタップしてバックアップを作成し、完了するのを待ちます。

なお、バックアップ完了後に、AppleWatchのデータが含まれている「ヘルスケア」アプリで、右上のプロフィール写真をタップすることで、データの最後のバックアップ日を確認することができます。

もし、古い過去日時が表示された場合には、再度バックアップを行うか反映されるのを待つなど、最新日時が表示されるのを待ちましょう。

すべての条件が整ったら、iPhoneの初期化をおこないます。

一般→設定→すべてのコンテンツを消去で初期化できます。

電源を入れて、iCloudから復元を選択します。

iPhoneのWatchをアプリをタップして、ペアリングを行います。

ペアリング作業中に、新規か復元かを問われますので、バックアップから復元を選択することで、過去のワークアウト(現:フィットネス)の記録が戻ってきます。

まとめ

  • 過去のワークアウトの記録を戻すには復元しか方法がない。
  • しっかりバックアップを作成後、初期化→復元する。
  • 機種変更前のように、必要なアプリのバックアップは徹底的に行いましょう。