【ブログ更新頻度の考察】低品質コンテンツを発信するくらいなら書かないほうが良い件。




ブログ運営

ブログ運営をしていると、ブログを新鮮に保ちアクセス数を稼ぐために、たくさん記事を更新しましょうということはよく目にします。

ただ、毎日更新するという作業には限界があります。ブログ執筆には時間も体力も消費するもので、良いネタも毎日見つかるものではありません。

そこで、悪魔のささやきとして、人の役に立つ記事というよりも、とりあえず“更新頻度を落とさないために“と記事を書くという考えが浮かんできます。

この「更新頻度を落とさないために、とりあえず記事を書く」という行為は、ブログ運営者としては危険と隣り合わせの行為ということを認識しておく必要があります。

検索流入はサイト評価で決まりますが、低品質コンテンツがサイト評価を下落させる大きな原因となるからです。

つまり、更新頻度をあげてアクセスを増やそうと思って書いた記事が、逆にアクセスを減らしてしまうという皮肉な結果になってしまうのです。




「発信しない」>「低品質な記事を発信」という事実

「発信しない」>「低品質な記事を発信」という事実

まず、声を大にして言いたいのは“更新頻度を高めるためだけの記事であれば書かないほうがいいですよ”ということです。

ブログのアクセス数(検索流入)を決定するのは、ブログ全体の評価であり、高品質な記事があっても、それ以上に低品質記事があれば、サイト評価が下がってしまいます。

ブログは記事ごとに判断されているのではなく、ブログ全体での評価となります。したがって、更新頻度を落とさないために書いた適当な記事が、優秀な記事が世に出るチャンスを奪い、ブログ全体の足を引っ張るという結果になってしまうのです。

低品質コンテンツ(ニュース系)の乱発実験をしてみる

ブログの強みとは、オリジナリティです。新聞のニュースのような速報性(フロー情報)と、辞書のような普遍的な情報(ストック情報)のちょうど中間に位置するのがブログというものです。

しかし、その概念を覆すためにニュース系の記事を自分なりに翻訳して、1000文字以内にまとめて毎日発信するという実験を1週間行いました。Google風にいってしまうと、オリジナリティのない、量産型のコンテンツです。

もし、1週間の間に1000文字の記事を乱発して、アクセス数が推移していけばそのまま続けて、ブログのアクセス数を底上げしようという思惑もあったのです。

そして、一週間続けた結果はサイト全体のアクセス数が下落するという予想通りの結果になったのです。アクセスが下落したことで、当然ブログ収益も下落しました。

詳細を、アナリティクスで分析したところ1週間頑張って書き続けた記事にはほとんど人は集まっていませんでした。Googleからも低評価を受けた結果、SEOでの上位表示されていた記事の順位も下落、全体的に下がるという最悪の結果が待っていました。

Googleから暗黙のメッセージとして「アクセス数稼ぎのためにコピペみたいなコンテンツ書いてたから評価落としときました」と注意を受けた結果となったのです。

タイトルとURLをコピーしました