最新情報、お役立ち情報をまとめたブログです。

Google スプレッドシートの複数ドキュメントを選択して一括で削除する方法

google-sheets-matometesakujo

本記事のターゲット
 
1,Googleスプレッドシートをすでに使用中
2,Googleスプレッドシートのひとつずつしか削除できない
3,Googleスプレッドシートをまとめて削除する方法を探している
 

Googleスプレッドシートは、オンライン上にフォルダが存在していますので、デバイスさえあればどこからでもスプレッドシートへアクセスできるのが強みです。

今回は、Windowsでやっているような、複数のファイル選択動作ができないGoogleスプレッドシート上のファイルを一括で削除する方法をまとめていきます。

参考 Google スプレッドシートへアクセスするGoogle スプレッドシート

管理人

もう使わなくなったGoogleスプレッドシートの、不要なファイルを複数選択して、一括削除する方法を書いていきます。

【データ整理整頓】Googleスプレッドシートに蓄積された不要なファイルをまとめて消したい。

パソコン・スマホのデジタルデータの整理をしていたところ、Googleスプレッドシートのフォルダ内に、もう使わない過去のスプレッドシートのファイルがたくさん蓄積されていたことに気が付きました。

当時は、後からデータを参照が必要になる可能性があったので、念のため保管しておいたのですが、時間が経過し、消してしまっても問題ないものばかりです。

保存容量にはまだまだ余裕がありましたが、不要なファイルは削除しておいたほうが、仕事の効率が良くなるので、この機会にまとめて削除しておこうと思いました。

管理人

使わないデータが多く存在すると、必要なファイルを見つけづらくなるのが最大のデメリットです。

Googleスプレッドシートのアプリ内では、Windowsフォルダのように”複数選択操作”ができない。

Googleスプレッドシートアプリへのアクセスは、PCやスマホを通してGoogle ChromeやSafariなどのブラウザから行います。

複数選択して一括削除するために、ブラウザに表示されたGoogleスプレッドシートのドキュメントフォルダで、Windowsで使用できるCtrl・Shiftを押しながらのファイルの複数選択をしようとしました。

Windowsであれば、複数のファイルが選択済みになり一括操作ができるはずの操作なのですが、スプレッドシートのアプリ内では、複数選択しようとしてもクリックしただけで新しいファイルが開いてしまって、複数選択ができません。

それならばと、マウスを左クリックしたボタンを押しまま選択範囲を囲ってみたのですが、それでも複数選択はできませんでした。Googleスプレッドシートは、Windowsとは挙動が違い、思い通りにはいかないようです。

注意
ブラウザからアクセスしたGoogleスプレッドシートのフォルダ内では、Windowsで当たり前にできる操作ができません。

Googleスプレッドシートの不要なファイルの一括削除は、Google Driveから実行可能!

管理人

Google スプレッドシートの一括削除はGoogle Driveから実行するとスムーズです。

Googleスプレッドシートの一括削除は、Googleスプレッドシート上からではなく「Googleドライブ」から実行可能であることがある事がわかりました。

Googleスプレッドシートと同一アカウントで、Google Driveへログインするだけで、ファイル操作ができるようになります。

おそらく、この記事にたどりついたかたは、Googleスプレッドシートのアプリから消そうとしている方だと思いますので、一度Googleスプレッドシートを閉じましょう。そして、検索窓に「Googleドライブ」と入力するか、以下のリンクをクリックしてGoogle Driveへアクセスしましょう。

参考 Google DriveへアクセスGoogle Drive
STEP.1
Googleスプレッドシートは閉じる
Googleスプレッドシートのアプリ内では一括削除はできません。
STEP.2
Google Driveへアクセスする
Googleドライブ内にも、スプレッドシートのファイルが保管されています。
STEP.3
Google Drive上で一括削除する
Googleドライブ内では、Windowsと同じくShiftキー・Ctrlキーを使用した複数選択が可能なので、不要なファイルをまとめて削除することが可能となります。
STEP.4
反映まで少し時間がかかります
Google Drive上でスプレッドシートファイルを削除しても、反映まですこし時間がかかりますが、数時間後には削除が確認できます。

Googleドライブ上では、複数選択が可能。

Googleドライブから開くと、Googleスプレッドシートのファイルも通常通りの複数選択が可能となります。

Shift+左クリックでもいいですし、左クリックしながら矢印を引っ張っていく操作でも複数選択が可能です。これで一括削除ができるようになります。

なお、Googleドライブで削除後に、Googleスプレッドシートを開くとまだ削除ファイルは存在しています。ゴミ箱に移動したファイルを「完全削除」することでスプレッドシート上からも不要なファイルが消すことができます。

なお、間違ってファイルを削除してしまった場合は、ゴミ箱の中に削除ファイルが集約されていますので、ゴミ箱から復元が可能です。

注意
ゴミ箱内で削除作業をしてしまうと、二度と復元ができない完全削除となってしまいますので本当に不要なファイルかしっかり確認しましょう!

【iPhone・iPad・Android】のGoogleドライブアプリでも複数選択・一気に削除が可能です

デスクトップパソコンからも一括削除できますが、スマートフォンでのGoogleドライブアプリでも編集可能です。

Googleドライブアプリをインストールして開くと、右上にメニューボタンがありますので、押すと複数選択していく事ができます。

外出中でやる事がない時などは、iPhoneやiPadなどからもデジタルデータの整理が可能となります。

まとめ

Googleスプレッドシート上からも複数選択して一括削除できれば困る事はないのですが、とりあえず目的は達成できたので良かったです。