iPhoneの背面タップ対応機種一覧・設定方法・できない時の対処方法

iPhone背面タップ対応機種一覧

iOS14よりiPhoneの新機能として背面タップが利用できるようになりました。今回は、背面タップが使える機種一覧をご紹介しながら、実際に背面タップの設定方法をご紹介していきます。

iPhoneの背面タップ対応機種一覧

iPhoneの背面タップ対応機種一覧

iOS14より背面タップの機能が追加されました。

背面タップ対応機種であれば、iPhoneの背面を素早く2回・3回ほど、タップするだけで様々な動作を行うことができます。

背面タップ対応機種は以下の通りです。

  • iPhone8
  • iPhone8Plus
  • iPhoneX
  • iPhoneXs
  • iPhoneXs Max
  • iPhoneXR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone12
  • iPhone12mini
  • iPhone12Pro
  • iPhone12Pro Max

背面タップの設定方法

背面タップの機能は下記の設定により使用できるようになります。

STEP1
「設定」をタップします。
「設定」をタップします。

STEP2
「アクセシビリティ」をタップします
「アクセシビリティ」をタップします

STEP3
「タッチ」をタップします
「タッチ」をタップします

STEP4
「背面タップ」をタップします。
背面タップをタップします。

STEP5
「ダブルタップ」をタップします。
ダブルタップをタップします。

STEP6
「背面タップ」で起動させたい動作を選択しましょう。
好きな動作を選択しましょう。

STEP7
試しに今回はスクリーンショットを選択します。

STEP7
ホーム画面に戻って背面を軽くトントン(ダブルタップ)します。
ホーム画面に戻って背面を軽くトントン(ダブルタップ)します。

STEP8
設定どおりスクリーンショットに成功しました。
設定どおりスクリーンショットに成功しました。

ちなみに、今回はダブルタップをスクリーンショットにしてみましたが、「トリプルタップ」という項目もあります。

背面「トリプルタップ」

ダブルタップ・トリプルタップそれぞれに、違った動作を設定することもできますので、使い分けることでさらに便利に背面タップ機能を活用することができます。

背面タップしても反応がない・できない場合

背面タップを設定しているにも関わらず、正しく動作しない場合には、以下の点を確認してみましょう。

  • 正しい位置をタップしているか
  • 優しくタップしすぎてていないか
  • タップが遅くてダブルタップ・トリプルタップと認識されていない

背面タップは、iPhoneのリンゴのマークあたりをたたくのがポイントです。

そして、弱くタップしすぎている場合には、タップと判定されない場合がありますので、軽く音がするくらいの強さでたたいてみましょう。

また、背面タップはリズミカルに「トントン」と素早くタップしないと、正しく関知してくれません。

背面タップが設定できない・項目がない時の対処方法

背面タップを設定しようと思ったところ、背面タップが設定できない、項目自体がないという報告が寄せられています。

もし、背面タップが出来ない場合には、以下の確認項目をチェックしてみましょう。

iOS14へのアップデートは完了しているか

対応リストに入っているにも関わらず、背面タップが設定できずに困っている場合に多いのが、iOS14のアップデートをしていないという場合です。

当然ですが、背面タップ対応リストに入っていても、ソフトウェアアップデートをしていない場合には、使うことができません。

下記手順でソフトウェアアップデートを行った後に、再度背面タップの設定を行ってみましょう。

「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」

背面タップに対応しないiPhoneを使っている

上記の手順通り進めても、背面タップの項目がなくて、設定できない場合には、使用中のiPhoneが背面タップ対応リストにはいっているかを確認してみましょう。

ちなみに、iOS14へのアップデートは可能にも関わらず、背面タップが利用できないのは、iPhoneは以下の通りです。

もしリストに含まれている場合には、背面タップは利用することができません。

「背面タップ」ができないiOS14のデバイス

  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第1世代)
  • iPhone SE (第2世代)

ちなみに、iOS14のアップデートから外れてしまっているiPhone5s以前の機種も背面タップを使用することはできませんので、ご注意ください。

iOS14にも関わらず、背面タップが使用できない中で、一番意外だったのは発売してから日が浅いiPhoneSE(第2世代)です。

なお、背面タップができない理由ですが、振動を感知する部品が内部に備わっていないことが原因です。

ハードウェア(機器)の要素に関しては、ソフトウェアアップデートで補うことはできません。

従って、上記リストに入っている機種を使用中の場合には、残念ながら今後も背面タップを使うことはできません。

ケースをつけていても背面タップは動作するのか

背面タップを使用するうえで、最も多く寄せられる疑問が「背面タップは、ケースをつけていても正しく動作するのか」というものです。

結論からいうと、背面タップはケースをつけている場合でも問題なく利用することができます。

例えば、人気のiFaceなど背面が厚くできているケースなどでも、背面タップの動作確認はとれいています。

ケースを付けていても問題なく使えるのは嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。