iPhoneバッテリー交換の目安!どうなったら交換すべき?

iPhoneのバッテリー容量は消耗していきます。Apple公式サイトでは、バッテリー最大容量が80%を交換の目安としていますが、実際はどういったタイミングで交換すべきかをご紹介します。

iPhoneバッテリー交換の目安とは

iPhoneのバッテリーの交換タイミングを知るには、使用中のiPhoneのバッテリーがどの程度消耗しているかを確認することから始めましょう。

毎日充電してたまるバッテリー容量とは別の指標として、バッテリーの健康度を測定している数値を「バッテリーの最大容量」と言います。

新品のiPhoneのバッテリーは、最大容量100%の状態からスタートしますが、日々使用を重ねていくうちに、徐々に最大容量が低下していきます。

最大容量の低下スピードは、使用状況と比例しており、ヘビーユーザーの場合は、必然的に充電回数が多くなりますので最大容量低下スピードは速くなります。

ちなみに、Apple公式サイトによると、最大容量が80%になるまでに、800回の満タン充電充電が可能です。

充電回数カウントは、ケーブルを挿した回数ではなく、0%から100%になった回数です。例えば、50%まで減ってから100%までの充電を2回おこなうと、充電量が合計100%となり1カウントとなります。

iPhoneバッテリー最大容量を確認

そして、現在のバッテリー最大容量は、下記の手順で確認することができます。

STEP1
設定をタップします。
設定をタップします。

STEP2
バッテリーをタップします。
バッテリーをタップします。

STEP3
バッテリーの状態をタップします。
バッテリーの状態をタップします。

STEP4
最大容量の項目でバッテリーの健康状態を確認できます。
最大容量の項目でバッテリーの健康状態を確認できます。

iPhoneバッテリー交換するタイミングについて

バッテリー交換を検討しはじめるタイミングとしては「バッテリーの減りが異常に速くなってきた」「バッテリーが一日持たない」といったケースです。

数値の目安としては、バッテリー最大容量を確認した際に、80%に近くなっている場合が該当します。

しかし、80%に近くなったからと言っても、すぐにバッテリー交換をする必要はありません。

バッテリー交換はあくまで最終手段ですので、設定や使用方法を見直すことで、バッテリー持ち時間を改善できる場合があります。

まずは、iPhoneの使用状況を確認して、バッテリーを消耗している動作を特定してみましょう。

どの項目がバッテリーを消耗しているかは、下記の手順で確認することができます。

STEP1
設定をタップします。

STEP2
バッテリーをタップします。
バッテリーをタップします。

STEP3
画面下部でバッテリーを消耗しているアプリを確認できます。
画面下部でバッテリーを消耗しているアプリを確認できます。

STEP3
24時間以内・10日間単位で、期間を変更して状況を確認できます。
24時間以内・10日間単位で、期間を変更して状況を確認できます。

バッテリー交換を検討する前に、上記の手順で最大容量を確認後、バッテリー消費の大きいアプリの使い方を見直すことでiPhoneのバッテリー持ちがかわってきます。

iPhoneバッテリー交換したほうがいい人・しなくていい人

iPhoneのバッテリーを交換したほうが良い人は以下の通りです。

  • 使い方を工夫してもバッテリーが持たない
  • バッテリーの数値が不安定(乱高下する)

使い方を工夫してもバッテリーがもたない人

上記にて、バッテリーが何のアプリで消耗しているか特定できましたが、アプリ自体が必要不可欠で使用時間を調整できない場合もあります。

バッテリー節約のために、必要なアプリを起動することまで制限して使用するには、ストレスがかかってしまいます。

バッテリー交換をすることで、快適な利用をすることができます。

バッテリーの数値が不安定(乱高下する)

バッテリーの最大容量が80%まで低下していなかったとしても、バッテリー数値が乱高下する場合には、バッテリー交換時期といえます。

例えば、バッテリーが急に1桁のパーセントになってから、正常値に戻ることを繰り返す。

充電ケーブルを挿すと、すぐに100%になるが、充電ケーブルを抜いて使い始めるとすぐに数10%減ってしまう。など、バッテリー増減が正常ではない場合です。

また、この乱高下がいきすぎると突然バッテリーが落ちたりすることもあります。

もし、バッテリー数値が不安定な場合は、残念ながら使い方を工夫しても改善する見込みは低いため、早めにバッテリー交換を検討するのがおすすめです。

iPhoneのバッテリー交換費用・日数とは

iPhoneのバッテリー交換をする場合には、Apple公式ストア・街のiPhoneショップのいずれかが選択肢となります。

Appleへバッテリー交換を依頼する場合の費用は以下の通りです。

バッテリー交換費用

  • Apple Care+加入中・Apple保証期間内 0円
  • 保証期間外(ホームボタン有のiPhone)5940円
  • 保証期間外(ホームボタン無のiPhone)8140円

最も高くても、1万円以内でバッテリーを交換することができます。

ちなみに、街のiPhone屋さんでバッテリー交換をする場合も、おおよそ同じ価格帯で提供している店舗が大半です。

「iPhone バッテリー交換」

などのワードで検索をすることで、最寄りのバッテリー交換をしている店舗を見つけることが出来ます。

最近は、街の修理屋さんの腕もあがってきており、データを消去することなく、原則数時間でバッテリーを交換が可能な店舗も多くなってきています。

ホームページなどで修理実績・修理品質を確認して、問題なさそうであれば、相談してみてもいいかもしれません。

ちなみに、「データが消えない」と言っていたとしても、事前に免責事項などの書類にサインが求められ、最終的には自己責任となります。

どこに修理依頼する場合にも、必ずバックアップだけはとっておくようにしましょう。

街のiPhone屋さんで非純正品バッテリーと交換してしまうと、Apple公式ストアでは一切のサービスを受ける事ができなくなりますので、注意が必要です。

iPhoneのバッテリー交換時の注意点

最後に、iPhoneのバッテリー交換時の注意点をご紹介します。

  • 代替機の手配をする
  • バックアップをとる。

代替機の手配をする

iPhoneのバッテリー交換は、近くにAppleストアがあり、事前予約で席を確保できれば即日可能です。

しかし、Appleストアが近くになかったり、忙しい場合などは、配送修理になります。

配送修理の場合は、バッテリー交換されて手元に戻ってくるまで1週間~10日ほど日数がかかる場合もあります。

その間、iPhoneがないのは困る方も多いと思います。

修理を検討する前に契約キャリアのコールセンターなどで、代替機が借りられるかどうかを確認しておきましょう。

必ずバックアップをとる。

バッテリー交換作業を行う場合、iPhoneを初期化してくださいと指示される場合があります。

初期化前には、必ずiCloudやiTunesなどにバックアップをとっておくことで、データ消失を防ぐことが出来ます。

ちなみに、街の修理屋さんなどはデータを残したまま当日実施できると宣伝している場合もあります。

しかしながら、予測不能なこともありますので、事前に免責事項などを書くことになります。

データが飛んでしまった場合には、完全自己責任となりますので、バッテリー交換前には必ずバックアップをとっておきましょう。

バッテリー交換が難しい場合

「代替機がどうしても見つからない」「いろいろ手配している時間がない」など、バッテリー交換作業が出来ない場合もあると思います。

その場合は、契約中のキャリアの保証に加入している場合、iPhoneを本体交換してくれる場合もあります。保証に入っている人は一度内容を確認してみることをおすすめします。

ちなみに、新型のiPhoneに興味がある場合には、新しいiPhoneへの機種交換をしても、バッテリー問題は解決できます。

関連する人気記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。