iPhoneのキャッシュとは?キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】

困っている人

iPhoneをキャッシュクリアしたいんだけど、どうすればいいの?

このページでは、iPhoneのキャッシュクリアの手順を紹介していきます。

また、キャッシュという言葉の意味、キャッシュを削除するメリット・デメリットなどについて解説していきます。

iPhoneのキャッシュとは?

キャッシュ(cache)とは、データを一時的に保存しておく仕組みのことです。

キャッシュのメリット(存在意義)は、高速表示です。

一度訪問したサイトデータをキャッシュに保存しておくことで、次回アクセスした場合に、過去の保存済みデータを再利用することで、高速表示させられることが最大の強みです。

キャッシュクリア(キャッシュを削除)するメリット

毎日利用するWebサイトのキャッシュデータであれば、高速表示ができるという恩恵はあります。

しかし、たまにしか使わないWebサイト・もう訪問しないサイトのキャッシュデータも、同じく保管されてしまっている場合には、余分に蓄積されたキャッシュのせいでiPhoneの処理速度が遅くなってしまいます。

結果的に、キャッシュデータが増えすぎてしまうと、iPhoneの負担が大きくなり、読み込み・表示・各種処理が遅くなる、空き容量(ストレージ)が減少して保存できるデータ減ってしまうなど不利益な点も生じてきます。

そこで、定期的にキャッシュクリアをおこなうことで、たまにしか使わないWebサイト・もう訪問しないサイトのキャッシュデータを削除することで、iPhoneをより快適な状態に保つことができます。

キャッシュクリア(キャッシュを削除)するデメリット

キャッシュクリアをするデメリットは、毎日欠かさず見ているサイトの読み込みが、初回のみ遅くなるという点です。

しかしながら、削除したとしてもキャッシュデータはすぐに再構築されます。

普段通り使用していれば、すぐに必要なデータはキャッシュされ、早い段階でキャッシュを利用した高速表示に切り替わります。つまり、過去の不要なWebサイトのキャッシュだけがふるいにかけることができます。

また、キャッシュを削除(キャッシュクリア)すると過去に訪問したWebサイトの履歴も削除されます。したがって、閲覧履歴などからデータを追いたい人は、削除をしなほうがいいかもしれません。

キャッシュクリア(キャッシュを削除)する手順

以下の手順でiPhoneをキャッシュクリアすることができます。

定期的にキャッシュクリア(キャッシュを削除する)ことで、iPhoneを快適な状態で利用することができます。

処理速度の高速化・負担の軽減効果、空き容量(ストレージ容量)の確保などの効果が期待できます。

STEP1
設定をタップします。
キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】1

STEP2
Safariをタップします。

キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】2
STEP3
履歴とWebサイトのデータをタップします。

キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】6

STEP4
履歴とデータを消去をタップします。
キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】3

END
キャッシュクリアが完了すると「履歴とデータ」の文字が黒からグレーになりタップができなくなります。
キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】4

※補足
Safariを開いて履歴を見てみても、すべて削除となっています。
キャッシュを削除する方法【キャッシュクリアする手順】5

まとめ

iPhoneのキャッシュは蓄積されすぎると、データ容量を消耗したり、データ処理が遅くなってしまいます。

定期的にキャッシュクリアしていつでも快適な状態で利用することをおすすめします。

なお、「現金」もキャッシュ(cash)と言いますが、スペルも意味もまったく違うものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。