iPhone「安全性の低いセキュリティ」(Wi-Fi)に接続しても大丈夫?

困っている人

Wi-Fiで「安全性の低いセキュリティ」と表示されたんだけど、使っても大丈夫かな?

iPhoneのWi-Fi接続時に「安全性の低いセキュリティ」と表示されてしまうという報告が寄せられています。

これまでは何の問題もなく使えていたのに、アップデートした後に表示されるという場合が多いようです。

今回は、なぜ「安全性の低いセキュリティ」と表示されてしまうのかという原因や対処方法について詳しく解説していきます。

「安全性の低いセキュリティ」と表示される原因

iPhone「安全性の低いセキュリティ」(Wi-Fi)に接続しても大丈夫?

まずは、結論から言うと、Wi-Fi電波の”セキュリティ規格が古い場合”に表示されるメッセージです。

基本的には、メッセージを無視して使用しても、すぐに緊急で問題が発生するわけではありませんが、なるべく避けた方が無難です。

ちなみに、日本では、iPhoneのWi-Fi電波を傍受されて、「悪用された・実害が出た」という事例はほぼ報告されていません。

従って、「安全性の低いセキュリティ」のWi-Fiに接続したからと言って被害がでる可能性はあまり高くないと推測できます。

しかし、万が一「安全性の低いセキュリティ」に、個人情報を抜き取るトラップが仕掛けられていた場合には、なす術がありません。

リスクを管理するという視点から考えると、どうしても使用しなければいけない場合を除き、使用しないのがベターです。

特に、海外などではWi-Fi接続したデバイスを狙って、個人情報を抜き取るなどの手口が頻繁に報告されています。

どういったセキュリティ問題が想定されるのか?

「安全性の低いセキュリティ」と表示された場合に想定できるのは、以下のリスクです。

  • 第三者に通信を傍受される可能性がある
  • 個人を特定できる情報が外部に漏れる可能性がある
  • 通信状況が外部にさらされるリスクがある

つまり、「安全性の低いWi-Fi」を使用することで、iPhoneで行う通信がすべて、第三者に見られている可能性があるという点です。

例えるなら、「透明なバッグ」に重要な書類をいれて、人通りの多い交差点を歩いているようなものです。

悪意を持った第三者が、意図的に見ようとした場合は、いつでも見られてしまうという状況だと言えます。

「安全性の低いセキュリティ」と表示される対処方法

Wi-Fiルーター側の問題なので、iPhone側ではどうすることもできません。

もし、自宅などのWi-Fiにおいて、「安全性の低いセキュリティ」と表示された場合には、ルーターの設定を変えることでメッセージに対応できる可能性があります。

ルーターの型番でネット検索するなどして、セキュリティ規格を新しくすることができないかを調査してみましょう。

なぜ、急に表示されるのか?

iPhoneでWi-Fi接続時に「安全性の低いセキュリティ」と表示される場合、ソフトウェアアップデート後に表示されるケースがほとんどです。

日々、Wi-Fiのセキュリティ状況は向上しています。

今後も新しい電波規格が追加される場合、押し出されるような形で古い電波には「安全性の低いセキュリティ」と表示されていきます。

ルーター側の設定を変更して対応できなくなった場合には、買い替えるなどの対応が必要となります。

まとめ

  • 結論から言うと、Wi-Fi電波の”セキュリティ規格が古い場合”にもれなく表示されるメッセージです。
  • 基本的には、メッセージを無視して使用しても、すぐに緊急で問題が発生するわけではありませんが、なるべく避けた方が無難です。
  • もし、自宅で表示される場合には、使用中のルーターの型番でネット検索するなどして、セキュリティ規格を新しくすることができないかを調査してみましょう。公共の場で表示された場合は、Wi-Fi使用を避けて、モバイル電波に切り替えるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA