【iPhone】ApplePayにPASMOが取り込めない時の原因と対処方法

【iPhone】ApplePayにPASMOが取り込めない時の原因と対処方法

Apple PayにPASMOが取り込めない時の原因と対処方法についてまとめていきます。

1、iPhoneのモデルが古い

Apple PayにPASMOが取り込めるのは、iPhone8以降のモデルです。

ApplePayに対応しているすべてのiPhoneがPASMOを使えるわけではありませんので注意しましょう。

具体的にいうと、iPhone7がPASMO対応から除外されています。

従って、iPhone7以前のモデルでは使うことができませんので注意しましょう。

モデルごとのPASMO対応可否一覧

機種名PASMO対応可否
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone XR
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus×
iPhone 7×
iPhone 6s Plus×
iPhone 6s×
iPhone 6 Plus×
iPhone 6×
iPhone SE (第 2 世代)×
iPhone SE×
iPhone 5s×
iPhone 5c×

2,iOSのバージョンが古い

ApplePayでPASMOを使用する為には、最新OSのiOS14へのアップデートが必須です。

まだ、最新版へのアップデートをしていない場合は、アップデートをおこなってから、再度PASMOの取り込みを行うようにしましょう。

なお、iOS14へのアップデートでは不具合がいくつか報告されていますので、不安材料がないかは事前に確認しておきましょう。

iOS14でよく報告されている事象です。

3、非対応のPASMOカードを取り込もうとしている。

すべてのPASMOが無条件でApplePayに取り込めるわけではありません。

ApplePayに取り込めるPASMOは以下のものです。

  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO
  • PASMO定期券

以上の三点のみです。

取り込めないPASMOの種類とは

  • クレジットカード一体型のPASMO
  • 持参人式のバス定期券が付加されたPASMO
  • Apple pay発行に対応していない事業者が発光した PASMO
  • 企画券や乗車証を搭載したPASMO
  • 通学定期券(18歳未満)が付加されたPASMO

ApplePayにPASMOの取り込みが失敗する場合には、上記のいずれかに種類に該当する可能性があります。

一度カードを見ながら、該当項目がないか確認してみましょう。

なお、ApplePayに対応していない非対応事業者一覧はこちらから確認ができます。

下記事業者に該当する場合には注意が必要です。
https://www.pasmo.co.jp/mp/contact/

4、改札内に入場したままPASMOを取り込もうとしている場合 

一度改札をくぐったカード型のPASMOは、改札をでるまではApple Payに取り込むことはできません。

改札をでて、PASMOのすべてのタスクを完了させた状態で、初めてApplePayに移行登録することができます。

例えば、PASMOで入場した状態で、通勤途中・通学中にPASMOの取り込みを行う場合は失敗します。

取り込みが失敗する場合は、「入場したままになっている」などの継続中のタスクがないかチェックしてみましょう。

5、PASMOカードに登録した氏名・生年月日と会員登録時の氏名・生年月日が不一致の場合

PASMOをApplePayに取り込む場合には、iPhoneでPASMOへの会員登録が必要です。

そして、PASMO購入時の氏名・生年月日と一致していないと取り込むことができません。

つまり、PASMO側・ApplePay側の双方の氏名・生年月日が一致していないとApplePayに登録することができません。

  • PASMOを親の名前で買っている。
  • PASMOを家族の名前で買っている。

など、ApplePay側の情報と異なる場合には、取り込みが失敗しますので注意しましょう。

6、PASMOカードに[バス一日券][グリーン券]がある場合

PASMOカードに、特典がついている場合はApple Payへの取り込みができません。

特典の利用後に移行(取り込み)できるようになります。

まとめ

  • iPhone8以降のモデルか確認しましょう。
  • iOSが最新バージョン(iOS14)へのアップデートを行いましょう。
  • 登録できるPASMOの種類かを確認しましょう。