iPhoneをWindowsパソコンのwebカメラとして使用する手順・方法【iVCamアプリの使い方】 | yutalog

iPhoneをWindowsパソコンのwebカメラとして使用する手順・方法【iVCamアプリの使い方】

iPhoneをパソコンのwebカメラとして利用する方法についてまとめていきます。

結論、iVcameというアプリをダウンロードすることでiPhoneがパソコン用のカメラとして、使用することができます。

WindowsパソコンのwebカメラにiPhoneを使う手順

 

必要なもの

iPhone・Windowsパソコン、通信環境、ライトニングケーブル

全体の流れ(詳細は下段にあります)

STEP.1
iPhoneに「iVcame」というアプリをダウンロードします(無料)
AppStoreからiVCamアプリをダウンロードします。
STEP.2
Windowsパソコンで「iVcame」というソフトをダウンロードします(無料)
WindowsパソコンにもiVCamをインストールします。※下記の詳細手順にリンク有
STEP.3
パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続します。
 
STEP.4
パソコン・iPhoneの双方でiVcamアプリを起動します。
双方で同じアプリを起動してライトニングケーブルで接続します。
STEP.5
パソコンのインカメラとしてiPhoneのカメラ画像が投影されます。
iPhone側で接続の「信頼」をタップすると、Windowsパソコンの画面にiPhoneのカメラでの画像が反映されます。
iPhone側でもAppStoreからivCamのアプリをインストール
iPhone側でもAppStoreからivCamのアプリをインストールします(無料)
Windowsのパソコン側でもivCamのアプリをインストール
Windowsのパソコン側でもivCamのアプリをインストールします(無料)
https://www.e2esoft.com/ivcam/にアクセスします。

Windowsのパソコン側でもivCamのアプリを起動します。

アプリの起動が成功すると、パソコン側の準備は完了です。

同じアプリ(iVCam)を起動したiPhoneをパソコン接続

Lightningケーブルで、同じアプリ(iVCam)を起動したiPhoneをパソコンに接続しましょう。

初回接続時には、iPhoneの画面上に信頼できるデバイスかどうか表示されますので「信頼」をタップしましょう。

Windowsパソコンの画面に、iPhoneのカメラで撮影中の画像がリアルタイムで表示されています。

なお、iPhoneのカメラはアウトカメラになっていますが、インカメラに切り替えることもできます。

iPhoneをパソコンのカメラにしてZoomも利用可能

Windowsパソコンに接続したiPhoneのカメラで、Zoomも動作確認ができました。

ただし、Zoomの利用なら、iPhone単体でAppStoreからZoomアプリを使った方がスムーズだと思います。

 

デメリット

PCカメラとして、iPhoneを使う場合のデメリットをまとめます。

着信があった場合は中断してしまう。

iPhoneに着信があった場合は、電話がなってしまい、カメラ接続が中断してしまいます。

使用時には、着信が鳴らないような工夫が必要です。

無料アプリなのでたまにCMが入る。

iVCamにはiPhone側で途中広告が入る

相手方にはわかりませんが、iPhone画面上にはスキップができない15秒程度の広告がはいります。

CMが流れている際も、PCカメラとしての機能は維持されますので、使用上は問題はありません。

また、iPhoneの音を消していれば問題ありませんが、iPhone画面のボリュームがONになっている場合、広告の音が紛れ込みますので注意しましょう。

有線接続の場合は移動範囲が限られる。

今回記事ではライトニングの有線ケーブルで接続する手順でご紹介しています。

ライトニングケーブルが1.5m~2mくらいが、一般的ですので、パソコンとごく近い範囲で接続する場合のみ使用が可能です。

まとめ

思ったよりもはるかに簡単にWindowsパソコンのカメラとしてiPhoneを代用することができました。

最近はwebカメラの値段も高騰していますので、アプリで十分に代用は可能です。